FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「おいしい」ってこと 「★つ・ぶ・や・き★(1279989)」

最近すっかり我が家の牛乳消費量が落ちている。去年はカスピ海ヨーグルトでがんがん使っていたけど、タネの状態が怪しくなって以来すっかり頓挫しているし、数ヶ月前からは牛乳の替わりに豆乳ばかり飲んでいるからだ。かつては得たいのしれない味がした豆乳も、最近はちゃんと豆の味がするおいしいものになってきているし、なんつったってこれからうんと必要になってくるイソフラボンが豊富に含まれているんだもの。カロリーが気になる牛乳は当然出番が減るわよね。
相方も元々そんなに牛乳を飲まない人なので、我が家では一週間に1リットルあれば十分というペースになってきている。

そんな牛乳なんだけど、2年前に明治が「おいしい牛乳」を発売したことは記憶にあたらしい。CMも一ひねりあってなかなかおもしろいシリーズ展開をしていた。なのにこの春、「森永のおいしい牛乳」ってやつが発売されたらしい。明治が商標登録していなかったためこういう事態が起こったんだけど、双方が問題視するわけでもなく仲良く店頭に並んでいるのだ。
「わかりやすさを求めた」ってことらしいけど、でもほんとうにわかりやすいのかな。「おいしい」くらい、人によって尺度が違う言葉ってなくない?そりゃあ搾りたてと比べちゃあお話にならないし、ある意味間違いなく「搾りたてよりはおいしくない牛乳」だよ。それは一致するだろうよ。ってかそっちのほうが「わかりやすい」かも。あー。わかんない。同じ名前がふたつ並んでいるってことのどこに「わかりやすさ」があるんだろう。

じゃあ、ってんで「おいしい」にフィーチャーしてみる。美味を表現する王道の言葉だよね。でも本当においしいときって、思わず「うまっ!」とか「んー、さいこー」とかいっちゃう。最近じゃ「まいうー」だの、「シャスデリ」だの、「やばい」なんて表現もありだったりする。じゃあお行儀のいい言葉かというと、そうってわけでもない。出るところに出れば「結構なお味で…」とかいっちゃうし、岸朝子さんがやっと「おいしゅうございます」っていってくれてるくらいだ。なかなか「おいしい」は出てこない。その代わり、
「おいしい生活」なんていうクリエイティブよりな表現に引っ張り出され、場合によっては「おいしい仕事ありまっせ」みたいな、ちょっと危ない臭いのするシーンで使われたりもする。
「おいしい」は、ちょっと戸惑ってやしないか。ちゃんと使ってやらなくっちゃいけないくはないか。
そのためにも、毎日そこそこおいしいものを、誰かといっしょに食べなきゃならんと。私はそう、思うがね。
関連記事

| 未分類 | 13:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/911-3ee40c10

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>