FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

酒のあての「あて」 「★つ・ぶ・や・き★(1279984)」

最近、仕事で毎日信じられないほどの文章を書いている、というかさして悩むこともなく、とっとと書けるようになってきた。だからといって文章力がついたとか、自信がついてきたということではなく、後から修正を入れればいいという前提のもと、とりあえず書かないと何も始まらないからだ。先々週からまとめ続けている企画書を手直ししながら、一日にひとつからふたつのDM用コピーの仕事が回ってくる。旅行DMだから目的地の情報を市販のガイドブックやウェブで仕入れ、そこへ思いを馳せて書いていくわけだ。運のいいことに、入社以来回ってくるのは8割方が北海道、残りが九州。偶然とはいえ、訪れたことのある場所だけにイメージが膨らませやすい。ラッキーなのだ。
しかしそれでもクライアントから戻ってくる赤には、もっと具体的なイメージが伝わるように…、だとかそこに佇んでいる感じで…なんて指示が平気で書かれている。豪華寝台特急カシオペアを見たこともないのに、そのゴージャスな個室にいる気持ちになれっつったってね、だったら一度くらい乗せてくれってんだ。
そんなわけだから、ガイドブック類の資料は連日手放せない。ウェブ検索も多いに役立っている。インターネットがなかったころは、私のような仕事をしている人は大変だったろう。図書館に詰めたりしていたんだろうか。
でも時々自分が書いた文章を校正していて「んっ?」と固まることがある。今日も柳川の川くだりのコピーに「どんぶらと…」と書いていて、しばし考えた。「それをいうなら、どんぶらこ、じゃないか?」と。書いているときは気が付かないのに、時間が経ってから読むとそのエラーに容易に気が付く、つまり一言一言を噛みしめずにイメージだけで文章を書いているんじゃなかろうかとちょっとびっくりした。急いでいるとはいえ、あまりに流れ作業的にやってしまっちゃあいかん。他にも自分ではスタンダードだと思っていた言葉が、一般的には使われていない言葉だったり。今日は「あて」ということばで躓いた。「酒のあて」つまり酒の肴のことをこういうのだ。実は私も2年くらい前に人が話しているのを聞いて初めて知ったんだけど、この「あて」をコピーに使おうと思い、漢字でどう書くのかを調べたのだ。とりあえず電子辞書やウェブでわからず、それならと母に聞いてみたが「あて」という言葉自体を聞いたことがないという。ここでかなり不安になった。料理の生き字引である母が知らないとは…?念のためakiさんに聞いてみたが、「しらなーい。肴なら知ってるけどな」とのこと。再度ネットで検索してみると、どうやら「あて」という言葉を使っているのは関西が多い。特に多いのは京都だ。なるほどね。関東ではあまり使われないらしい。それじゃあコピーには使いない。残念だ。漢字もわからずじまいだし。どなたか知っていたら教えてください。

そういえば昨日の夜、「築地で寿司喰ってます」なんてメールがまさぴょんさんから届いたっけ。いいよなー。築地で寿司…。八丁堀の隣町なのに、ほぼいったことなかったな。
ちなみに昨日はおにぎり、今日はサンドイッチをコンビニで買って仕事しながらむさぼっただけの夕食だった。
関連記事

| 未分類 | 08:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:酒のあての「あて」(2/6)

「酒のあて」、昔から知っている言葉ですが、自分ではあまり使いませんね。京都あたりで使われる表現ではないでしょうか。文字にする場合、あえて漢字で書くなら「当て」だと思いますが、ひらがなで書くことが多いようです。
ちなみに、お酒と一緒に食べる物を表す言葉として「さかな(肴)」「あて」「つまみ」などがありますが、漠然とした違いは調理の度合いのようです。
「つまみ」「あて」「肴」の順で手の込んだ料理という認識です。

| 公園人 | 2004/02/07 16:41 | URL | >> EDIT

Re:Re:酒のあての「あて」(2/6)

公園人さん
>「酒のあて」、昔から知っている言葉ですが、自分ではあまり使いませんね。京都あたりで使われる表現ではないでしょうか。文字にする場合、あえて漢字で書くなら「当て」だと思いますが、ひらがなで書くことが多いようです。
ちなみに、お酒と一緒に食べる物を表す言葉として「さかな(肴)」「あて」「つまみ」などがありますが、漠然とした違いは調理の度合いのようです。
「つまみ」「あて」「肴」の順で手の込んだ料理という認識です。

なるほどぉ。はやり京都あたりの言葉ですか。しかしつまみ、あて、肴の区別は知らなかったわ。スルメやチーカマは「肴」とはいわないものね(爆!)。

| なおニン | 2004/02/07 23:39 | URL | >> EDIT

Re:酒のあての「あて」(2/6)

そう、隣の駅なのに実はほとんど知らないのが築地です。テレ東の「テレビチャンピオン」(だっけ?)での「築地王」を観て、改めてその奥深さに感心したものの、早朝からお昼にかけて行くとこなので、なかなか機会が増えましぇんね。「97円から寿司」でも細かいこと気にしなけりゃ全然OK。築地らしいかどうかは問うてはいけません。
「酒のあて」というと、日本酒あたりをグビっとするときに、小鉢なんかにちょんと盛った、う~ん、焼き味噌なんかがいかにも「あて」って感じがするんだけど、どう?。

| まさぴ。 | 2004/02/09 09:42 | URL | >> EDIT

Re:Re:酒のあての「あて」(2/6)

まさぴ。さん
>焼き味噌なんかがいかにも「あて」って感じがするんだけど、どう?。

いいねー。
突然だけど、アン肝たべたぃ。

| なおニン | 2004/02/10 08:23 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/841-e85d283a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>