FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

健康診断

昨日の午前中、船橋市の子宮ガン検診を受けたのだけれど、今日は乳がんの集団検診だった。子宮ガンは今月末までの間に指定されている船橋市内のいくつかの病院で受ければよかったのだけれど、乳がんの方は自宅から1分ほどの保健センターで日時指定で行われた。
昨日の子宮ガン検診から言わせてもらうと、実にお粗末としかいいようがない。船橋に越してきて2年以上経ってはいるけれど、近くの産婦人科にはまったく疎く、今回の受診もあまり時間がかからないよう、なるべく家から近いところ選んだのだが。きっと待たされると思っていたから、その閑散振りにまずあんぐり。同じく検診で来ている人もひとりしかいない。問診票に必要事項を書き入れると5分もせずに呼ばれる。初老の院長は問診票をざっと眺め、血液型は?とひとこと。子宮ガン検診に血液型って関係あるのかしら・・・。そしてやおら立ち上がると、「さあ!始まりますよー。隣の部屋へどうぞっ」と、診察台のある部屋を指した。
緊張をほぐそうとしてくれているのか、なんとも無駄に高いテンションが気になりつつも、羞恥心のすべてをかなぐり捨てて台に上がる。すると奥からまた「血液型は何型?」との声が。ボケとんのか?
腹部に垂らされたカーテンの向こう側で医者が何かしらの処置をしたのは2回。所要時間はトータルで約15秒ってとこか。そんなもんでいいんだろうか。500円という受診料の安さを思えば仕方ないのか。ただでさえ行くのが気が思い産婦人科のドアを、すごく無駄なことをしに来たような気分で後にしたのだった。
そして今日。午前中バタバタと会社で作業をして船橋へ戻り、午後1時に受付へ。集団検診だけど年齢はかなり散らばっている。子連れの主婦もいる。どういうグループ分けがされて召集されているのか、ちょっと謎だ。
すぐに診察かと思いきや、保健センターで行っている体力測定やダイエット講座などの紹介から始まり、船橋医師会胸部外科の先生からのスライド含めたお話しありと、なんだかバラエティーに富んでいる(そんなんなら要綱に所要時間を明記しておいて欲しかったよな)。乳がんってやつは、使ってないおっぱいに発病するケースが多いらしい。つまり子供も産まず、授乳経験もない私のような女は一番がんが巣食いやすいのだ。昔、それこそ5人、8人と子を産み母乳を与え続けたおっかさんが多かった頃は、今ほど乳がんにかかる人はいなかったそうだ。確かに産む性を与えられたくせに、ただの飾りとしてしかおっぱいを使ってない。飾り・・・ってほどの見栄えもない。なのにその存在が元でがんを発症しちゃった日には、目も当てられないよな。さらに乳がんの厄介なところは、見つけたときにはもう肺やリンパ節や胃などに転移しちゃってる場合が多いってことだ。ますますヤバイ。結構不安。地域や会社で行われる集団検診などはただのスクリーニングに過ぎないんだから、自分で毎日乳がんチェックするように!なんてことを医者に言われちゃうと、やっぱりやっとかなくっちゃって思っちゃうし。
金持ちになれなくてもいいから、どうか死ぬ直前まで元気でいられますようにと、柄にもなく祈ったりしてしまった。

そんなわけで、思いのほか時間がかかった乳がん検診のお陰で会社に戻る気力が失せ、平日の夕暮れを自宅で迎えているなおニンなのである。たまにゃあよかろうて。
関連記事

| 未分類 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/769-f0cdde0b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>