FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ディープエリア稲毛を散策

取り立ててイベントのない三連休の予定だったけど、昨日はシュルケンさんの提案で美浜を散策した。稲毛駅で集合して、とりあえずの目的地ミハマニューポートリゾートへ。リゾートと名乗っている割にはそれらしき施設はなくて、びっくりドンキーやユニクロ、ゲームセンターなどが立ち並んでいるだけなのだが、一角にあるスーパー銭湯湯快爽快の飲食スペースは面白かった。焼きそばやラーメン、おでんなどのカウンターが立ち並び、中央には足湯が楽しめるスペースもあるんだけど、内装や装飾がすべて昭和初期風の作りになっているのだ。料金だけは現代風なんだけど、食べ物はすべてちゃんと作ってあっておいしかった。2階部分の座敷では宴会もできる。
ビールとつまみで軽くおなかを満たした後は、モンベルのショップやリーボックのアウトレットなどが入っていているPATへ寄り、稲毛駅へ戻った。
しかし今日一番の収穫はステキな酒屋さん“平野屋”を発見したことだな。店先に所狭しと張られた日本酒と焼酎の品書きに誘われて入ってみると、まずはそのラインアップにびっくり。限定発売ものがずらりと並ぶ。にごり酒や非加熱処理の生ワインの予約販売も行っている。試飲を薦められて、一本だけ残っていた芋焼酎“摩無志”をゲット。レジに向かうと、納豆を薦られた。わざわざ冷ケースから売り物を持ち出して味見をさせていただいたその納豆は藁つと納豆だ。以前栃木かどこかへ行ったときに買って食べたことはあったけれど、そんなものよりも大容量。300gも入っている。材料のすべてが天然のもので、もちろん無添加。大豆本来の甘みがあってそれはそれは懐かしい味だ。思わず自宅と福岡の実家と相方の実家用に3つ買い求めた。ひとつ980円。お歳暮と思えば安上がりだ。
稲毛なんて海水浴で行くくらいのモチベーションしか持ち合わせていなかったけれど、実にディープな散策ができて楽しかった。近いうちにまた行って、紹介ページを作らなくっちゃだ。
その後船橋で飲んでいる間に、シュルケンさん、のり平、満っちとうちの4人で、生ワインをそれぞれ2本ずつ平野屋さんに予約した。1月中旬の入荷が今から楽しみだ。
関連記事

| 未分類 | 14:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:ディープエリア稲毛を散策(11/23)

ディープ度で言うと、柏よりはやや密度が低いものの、かなり唸らされました。酒屋の充実ぶりは飲んだくれには目の毒なモノばかり。和製グラッパも惹かれるものがありました。次回はゲットしたいです。「駒」という管理人さんの相方お勧めの鳥やも、旨いモノ多し。コレは船橋でしたけど。

| のり平 | 2003/11/25 12:27 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/766-6198f247

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>