FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ニッポンチャチャチャとマトリックスな一日

日本のバレーボールファン人口はそんなにいるとは思えないが、これがワールドカップとなるとそれなりに盛り上がるらしい。サッカーのそれとはさすがに比較にならないけれど、“ニュース”とかいうジャニーズを餌にしたフジTVキャンペーンのお陰も手伝って盛り上がっている(ちなみにこの“ニュース”、相方情報によると森進一・昌子の息子が在籍しているらしい。ついでに今聞いて笑っちゃったからいうと、シブガキ隊のバックで演奏していた連中は“シブ楽器隊”っていうんだって。相方がどうしてそんなにジャニーズに詳しいかって?あの人って、カワイイ男の子が好きなのよね)。
つまりは“ワールドカップ”と名が付くものには、普段興味がなくたって引きずられるってことか。みんなモチベーションを模索してるってことだ。
しかしまぁ昨今の日本女子バレー選手は実に背が高い。白井や横山樹里みたいに過酷な練習をしているにも拘わらず、ややでっぷりした感じの子なんかもいやしない。みなスレンダーで筋肉質。ユニフォームも一昔前とはちと違う。袖の形がフレンチ風になり、腕の動きが楽ちんそう。ブルマーだったパンツもショートパンツ型に変わっている。床に落ちんばかりに低いボールの下に入ってパスをあげるセッターもスゴけりゃ、ほぼ直角に相手コートに叩きつけるスパイカーも豪快。しかしそんな日本選手が、韓国相手に今苦戦している。どんな種目でも韓国はアジア圏の目の上のタンコブなわけだ。

で、今日のWOWWOWは、最新にして最後のシリーズ、“マトリックス・レボリューション”公開を目前にして“マトリックスデー”だった。知らなければ気にも留めない映像の色味のこだわりや、キャストの苦労話などのメイキングもみっちりばっちりオンエアされていた。特に一作目で脊椎を痛めた主演のキアヌのエピソードや、ほぼスタント無しで主要キャストが演じるために香港から招いたカンフーの達人の話など裏話がてんこ盛り。正直未だによくストーリーが完全には飲み込めていないけれど、ただのSFX映画を超えた奥の深さがそこにはある。もういいかなと思ってたけど、やっぱり完結版は見ておいたほうがよさそうだ。
バレーにしてもマトリックスにしても、目を向けなければそのおもしろさには触れられない。やっぱりいろんなことに興味を持つことは、人生を楽しくする。
関連記事

| 未分類 | 20:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:ニッポンチャチャチャとマトリックスな一日(11/3)

 キャンプ明け、外は雨。となれば自然とTVを見る。これは普通だよね。私もマトリックスにハマってしまいました。カンフーってどこかで習えるのかしらん?管理人様、いつか二人でお手合わせ願いたいぞなもし。

| 同感ですし | 2003/11/04 08:38 | URL | >> EDIT

Re:Re:ニッポンチャチャチャとマトリックスな一日(11/3)

同感ですしさん
>カンフーってどこかで習えるのかしらん?管理人様、いつか二人でお手合わせ願いたいぞなもし。

かつて通っていたジムでテコンドーやら空手エクササイズの爽快さをちびっとかじってしまった私としては、あのマトリックスのカンフーはまさにじっとしていられないほどの魅力がございました。すかさずウェブでお教室を物色したのですが、未だいきあたりません。どうやら大阪のほうに高名なセンセーがいるようね。どこかにないかしら、チャチじゃないカンフー教室。。。

| なおニン | 2003/11/04 10:45 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/747-bae82de9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>