FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

阿蘇・久住へ

昨日福岡入り。出迎えてくれた父の車で実家へ。夕食までの時間を、自宅から車で10分ほどの海浜公園で過ごす。母お薦めの夕陽を見に行ったんだけど、大きい夕陽は雲間に見え隠れしてちょっと残念。相方もしきりにうらやむ海の美しさはちょっと自慢である。夕食は恒例母のてんこ盛りのおもてなし。相方はビールを、私は父が晩酌に飲む焼酎をそこそこ飲んでいい気持ち。帰省一日目はあっという間に過ぎてしまった。

そして今朝は8時に出発。阿蘇・久住に向かった。熊本インターを降りて昼少し前、あらかじめチェックしておいた「山賊旅路」へ。阿蘇名物、高菜飯しを堪能。やや酸味のある高菜の古漬けが、阿蘇型有機栽培コシヒカリのもちもちとしたおいしいお米によく合って、添えの紅しょうがのアクセントが程よく効いている。ちょっと遠回りをした甲斐があった。そこから南下して白水村の白川水源へ。以前、のり平とも行ったこの水源、池の中央から水が湧き出る様は、その水の美しさとあいまってある意味神秘的。いつまでも見入ってしまいそうな自然の驚異なのだ。
そうしていよいよ阿蘇へ向かう。ややガスった感じはあるものの、草千里は抜群の絶景。遠く阿蘇の火口からはいつもよりも景気よく煙が上がり、絵的に力強さを増している。いい感じだ。でも私が阿蘇でもっとも好きな「あざみ台」の展望所の眺めはにはやや不満が。遠くの山のシルエットがかすみがちで、以前に来たときほどの眺めは楽しめなかった。

久住の定宿、レゾネイトクラブ久住は紅葉にもまだ間があるというのに満室。有名になっちゃんたんだろうか。温泉に入っても、主婦のグループが露天を占領していて、気の小さい私は仕方なく室内の湯のみに甘んじた。このおばさんたち、メインダイニングでの夕食に、部屋に備え付けの部屋着を揃って着てきていたけど、TPO考えて欲しいよな。健康ランドじゃないんだからさ。
大好きな阿蘇で、唯一ムカついたおばさんご一行だったのだ。
関連記事

| 未分類 | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/702-97a37af7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>