FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ふと歳を感じてしまった夜

恵比寿のまこちゃんとまきちゃんからお誘いがあり、あてがあるというお茶の水で待ち合わせたら、なんのことはないラーメン屋のレセプションだった。10分程歩いて本郷通りに出ると、人通りもまばらない一角に花輪が並ぶラーメン屋さん堂堂を発見。この店名、「堂堂」と書いて「susumu」と読ませるんだそうな。博多ラーメンの「福のれん」を展開する㈱鼓福の新業態で、スープは宮崎風とんこつと鹿児島の丸鶏を使った清湯の2種類。とんこつは来月福岡で食べればいいやってことで、丸鶏をチョイス。澄み切った黄金色のスープはあっさりとしていて、鶏の香りよりは魚出汁が芳醇。女性受けしそうなお味。あのあっさり具合ならまた食べてもいいかな。半熟玉子もおいしかったし。でも気のせいか、麺のボリュームが多かった。飲んだ後じゃ完食は無理。昨日はすきっ腹だったのにやっと食べきった感があったし。

その後、半分拉致られるようにカラオケ屋へ。途中のゲーセンの店先にあった太鼓のゲームに、人目もはばからず興じるふたり。キューティーハニーの曲にあわせて、ふたりで太鼓を打ち鳴らしてる様は、他人だったらかなり呆れて眺めていた絵だ。「ハニィ~フラ~ッシュ!」なんてふたりして絶叫しなくても…。サラリーマンのおっさんはおもしろそうに眺めてるし、さすがにおねーさんはちょっと付いていけない。他人の振りするわけにもいかず相方に実況中継してやり過ごした。

でも1.5時間のカラオケ含め、あっという間の楽しい夜。若さを差し引いてもなお強烈なふたりのお陰で、ちょっとした元気をもらえた気がした。つっても別に落ち込んでたわけじゃない。最近は静かに飲むのが定番スタイル化しているのだ。数年前じゃ考えられなかった事態だ。何軒も二度と行けない店を作った私でも、すっかり大人しくなってしまった。歳をとるってことが、そういうことだとは思いたくないけれど、理性が働く分、パワーはなくなったのかも。とにかく最近は弾けるにもアイドリングが必須。常時放電できるようなパワーの溜めができないらしい。「まだ酔ってないし」とか「飲みが続いているし」などと、説得力のない言い訳をしながら、腰が引けてる自分を感じる。何でも自分から楽しむのがなおニン流だったのに…。ダイヤが乱れた快速線を諦め、各駅停車に揺られつつ、一抹の寂しさを感じた夜だった。

関連記事

| 未分類 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/680-2334e3dd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>