FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

父 拙宅へ

昨日帰宅したのはまだ4時ごろだったはず。
洗濯をすませ、キャンプ機材の後片付けをして夕食を終えると、信じられないくらいの睡魔が襲い、まだ夜の7時だというのにあっさり眠りこけてしまった。目が覚めたのは朝7時前。トロトロとまどろんでから布団から抜けだす。なんだか早起きした訳じゃないのに、早起き気分?!妙な感覚だ。
今日はどうしたったて寝坊しているわけにはいかない。夕方、上京中の父が弟といっしょにやってくるからだ。それまでに洗濯物を乾かして、家中の掃除をしなければ。さらに和食党の父のためにおもてなし料理を作らなければならない。午前中のうちにでかけて食材を買い込む。はとバスツアーで父と撮った写真も焼いておかねば。
買い物ついでに昼食を済ませ、55分で写真を焼いて帰宅して、父を迎えに船橋駅に行くまでのほぼ4時間のあいだ、立ちっ放しで片付けやら料理をこなす。すでにへとへと。
うちへ着いた父は、部屋をグルグルと見て回り、目障りなものを隠し込んだ押入れまで開けては、これなら次回は泊まれるなぁーなどと独り言。
交際中の彼もさらっと紹介して(内心心臓バクバク!)、食事会の始まり。
ひとつひとつを「うまい!」「味付けGOO!」とコメントしながら、父の箸がすすむ。底なしの胃袋を誇る弟も、相変わらずの食べっぷり!ヘトヘトの甲斐があったというものだ。
最後に父にねだって買ってきてもらったコムサ・カフェのケーキを食べて、翌日のチェックアウトを控えた父は早々にうちを後にした。
帰りがけに彼、私と握手を交わし(なぜか握手好きの父)、改札を抜けていった。今度会うまでまた半年は空く。元気で。
関連記事

| 未分類 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/65-bfea30de

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>