FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ひょんなことからアンズジャム

ソルダム、プラム、モンタローザとスモモの品種はかなりバリエーション豊富。今が盛りと店先を飾っている。
でも非常に良く似たアンズはあまり見かけない。前々から不思議に思っていた。そんなアンズを先週生協でオーダーして、やっと手に入れた。さっそく皮を剥いてほおばってみたものの、甘味も酸味も中途半端。ジューシーでもない。なるほどアンズは生食には不向きと思い、残り7個をジャムにしてしまうことに決定。昨日作ってみたのだ。
きれいにあらって皮を剥きタネをとり、適当な大きさに切ってなべにいれ、砂糖を軽くカップ1杯ほど加えて加熱する。すぐに砂糖が溶けてシロップ状になり、アンズもすっかりトロトロに。レモン1/4分程度の果肉部分だけを足して酸味を加え、最後に5年ものの自家製クコ酒をクコの実ごとごと100ccほど加えた。
ちょっと酸味が強かったかなと思いつつ、煮沸消毒した密閉ビンに保存。冷蔵庫で冷えたころを見計らって、カスピ海ヨーグルトにトッピングして食べてみたら…。
あ~らおいしいこと。
生でいただくよりもぜんぜん魅力的。酸味とやさしい甘味がなんともステキ。イチジクも毎年ワインと蜂蜜で煮て冷やして食べるけど、アンズは手をかけた方がウマイ果実第2弾!ってところか。

おすそ分けとばかりに、今朝はのり平を呼び出して振舞った。持参してくれた焼き立ての暖かいフランスパンに乗せて食べると、さらなる至福を感じてしまう。これは久々の大ヒット。これならタルトにしてもおいしそうである。
また生のアンズに出会えるだろうか。盛りは7月らしいけれど。
このときばかりは「旬」が厄介に思えてしまう。
関連記事

| 未分類 | 14:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/635-ff4c1235

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>