FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

七夕の夜に疲労蓄積度チェック

この日記を読んくれている父が、昨今の私の仕事のストレスを心配して、厚生労働省による「疲労蓄積度自己診断チェックリスト」を送ってきてくれた。最近1ヶ月の自覚症状13問と、勤務状況7問によるチェックで仕事の負担度が自己診断できる仕組み。結果は「低い」「やや高い」「高い」「非常に高い」の4段階に判定される。
私の場合は総合数値が「5」。判定は「高い」らしい。プライベートがお気楽な分、いつまでたっても馴染めないオフィス環境と、目に見えないプレッシャーはかなり私の負担となっているようだ。確かに不眠は頻繁にやってくるし、なにしろあちこち故障が多い。相方には「最近笑わなくなった」とか「人の話を聞いてない」といわれ、昔からの飲み仲間には「つれない」とか「付き合いが悪い」などと言われるようになった。
「人の話を聞いていない」といわれるのには、確かに覚えがある。オフのときでも相方の話しを聞きながら、仕事のことを考えていたりする。特に日曜の午後なんかは、翌日の仕事のことを考えては憂鬱になったりするから、一番やばい。ちゃんと聞いてないから、突然相手の話の腰を折って、手前勝手な質問を浴びせたりして、喧嘩の火種にもなる。まったくろくなことはない。とめどない悪循環である。
でも「笑わなくなった」といわれたのはかなりショックだった。自覚症状がまるでないからだ。これもきっと心ここにあらずの表れで、以前ならなんの屈託もなく笑えたことが、最近は余計な雑念が邪魔をしているのかも。女としてはかなりアウトな状態だ。

昨日は七夕だった。この時期決まってどこの商業施設でも笹の葉がディスプレイされている。でも私の記憶が正しければ、近年な七夕がキレイな星空だったことはないんじゃないかな。織姫と彦星は気の毒だ。どうでもいいけど、どうしてこのふたり彦星と織姫とはいわず、いつも女性の方が先にくるんだろう。「姫」だから牛飼いの彦星よりも位が上ってことで、先に来るんだろうか。なんだかな。まぁそんなことはおいといて。
小学校の頃までは、七夕の日には家の中に笹の葉を飾って、浴衣姿で短冊を書いたものだ。実家に保存してある8ミリフィルムの中には、日に焼けて真っ黒に黒光りした体に白地の浴衣を着せられた私の映像があるはずだ。お風呂上りだったのか、耳タブになぜかシッカロールがついたまま、弟といっしょにカメラに向かっていた微笑んでいたあの頃。
あの天真爛漫な日々に、たまには戻りたい。
たまに戻れれば、こんなに疲労は蓄積しないのにな。

疲労蓄積度チェックはこちらのWhat’s Newから。他にストレス度チェックなどもある。
http://www.jisha.or.jp
関連記事

| 未分類 | 08:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/630-89fc7c36

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>