FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ピーカンすぎてごめんなさい

入梅していないのだから、この時期二日続けて晴れたって何の不思議はないのである。今回のキャンプは雨さえ降らなければ、曇っていてもまったく問題などないと思っていたのだけれど、それにしても今日のピーカンはどうだ。腕にはピッタリと時計の後が。お風呂上りには、頬や鼻が火照る始末。UV下地の上にファンデーションを塗ったのに、ちっともカバーできていなかったってことか。1年のうちでもっとも紫外線が強いころだ。ちょっと侮ってしまったかも。ってかここまで晴れなくてもよかったんだが。

今朝は4:30に起床して、おニューのランタンのメンテをした相方以下、みな6時前には起床。前日眠りが足りていなかったシュルケンさんだけが、ちょっと遅れて起床。朝食後、キャンプ場エリア内にある菖蒲畑を散策。昨夜、出るといわれていた蛍は結局見えなかったが、アジサイや蛇イチゴ、ドクダミ、オオバコなどのほか、名も知らぬ草花が目を楽しませてくれる。林間エリアにはアスレチックツールがあり、サバイバルゲームを楽しめるエリアも。
さして手入れが行き届いているキャンプ場とはいえないけれど、ランドスケープが複雑で探索が楽しい。

そして今回もまだ日が高いうちに帰着。ゆっくりと片づけができた。

手馴れた連中だけでいくキャンプは楽しい。誰に気を遣うことなく、自分流に楽しめるし、みんなで何かいっしょに行動するのもまた楽しい。今回はダッチオーブンも、カセットコンロも持たずにいったけれど、炭火とシングルバーナーで十分食べられるものが出来たし、闇雲に満腹にならなくたってかまわないのだ。
準備から道中はもちろん現地での過ごし方まで、無理しない楽しみ方というのも、実は一番大切だったりするのかも。
関連記事

| 未分類 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/600-14d5c402

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>