FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

怖いようで実は真っ当な世界を垣間見た夜

昨日、ボスとかあこうさん、相方といっしょに某組のカシラが経営する有楽町のバーに行った。一昨日ボスが知り合いから紹介され、さっそく赴いただけあって、件のカシラもご機嫌。「こういう、人と人との縁が大切」とばかりに、まだまだ混みあうには間がある店内であれこれといろいろな「滅多に聞けない話し」を披露していただいた。
ある日家を出ようと表にでたら、自宅の前から100mほど延びる路地が掘り返されて水道工事が始まっていたとき、出かけられないとクレームすると、「ポストに通知を入れておいた」といわれてブチ切れ。「区長を呼べ!」レベルの大騒ぎになったのだとか。「ポストに紙切れ一枚いれただけで、了解とったなんていわれちゃあたまんねんだ。電話するなり家に挨拶にくるなりして初めて『了解をとった』っていえんじゃねーのか?」というのがカシラの言い分。いうこといちいちごもっともである。
結局工事業者が折れて、カシラが出かける3時間前に連絡をしてくれれば、掘り返した道を一旦埋めなおして通れるようにするので勘弁してくれってことで一件落着したそうな。もちろん帰ってくるときも同じだ。家に着く3時間前に連絡が入ったら、工事を止めて道を埋めなおさないとならなくなったわけだ。どんでもない時間と金のロスである。でもカシラの言うことは筋が通っているもんな。
ああいう人たちはただ単に凄むから怖いわけじゃない。本当の筋金入りのいうことは、文字通りちゃんと筋が通っている。なんでもうやむや、いい加減な人間に取っては図星を突かれることが一番堪えるのだ。それが相手を「怖い」と思う所以なのではなかろうか。
昨日のカシラは本当にやさしくて話し好きのおっさん風ではあったけれど、腕のビカビカロレックスとゴールドのブレスレット、必要以上に大きい金の指輪を見ただけで、只者じゃないことは明らか。その「明らかさ」を読めないヤツってーのは、やっぱり怪我してみないとわからないんだろう。その店のオーナーでありながら、毎日フロアに立っているカシラに対して「ちょっとキミさぁ~」なんて声をかける客がいるっていうんだから。
酔ってたってそれだけは危険である。もちろんすぐさま店の外につまみ出されることは言うまでもない。それでも骨のあるやつは頭を下げて戻ってきて、やがて常連になったりするらしい。それが大手企業の重役や経営者だったりするっていうから、これもまた小気味いい。
そんな怖い一面をもつカシラに「誕生日はいつですか・・・?」と聞いてしまうかあこうさん。自分の本チャンサイトの「毎日が誕生日」にアップする気である。怖いもの知らずとはまさにこのこと。でも、「一枚いかしていただきます」と、否が応でもそれ風な言い回しになりながらカシラに向かってデジカメをパシャリとやっちゃった自分も、結構強心臓である。

ところで昨日はこの店に行く前に、前からよくネタにしている「日本一高い焼き鳥や」に行ったんだけど、2軒目のカシラの店での会計はバランタイン1本とピザとチーズ盛り合わせひとつずつで5人で10000円。一方一軒目の焼き鳥やは同じく5人で2万ちょっと。いろんな意味で「意外」な一夜だったのだ。

で、そこでカシラの話しにでたホノルルマラソン。早い人だけがもてはやされ、遅い選手には罵声すらあがるという日本のレースに比べ、ホノルルではエリア全体がお祭り状態になり、なにしろゆっくり楽しんでいってちょうだいというホスピタリティーにあふれていて、心癒されるのだとか。そんな現地のもてなしの心に惚れ込んで参加が恒例となっているというカシラの話しを聞くうち、かあこうさんが反応。「今年の12月は飲んだくれのみんなで参加するしかないでしょう!」なんてことに。
3年後にしましょうよと、なんとか猶予をもらったけれど、ひょっとしたらこの年末のかあこうさんはハワイにいたりするんじゃなかろうか。
でも確かに参加してみたい。
そのためにまずトレーニングの時間が欲しいけど。今の仕事のままじゃ、まず参加することがすなわち命取りになりかねない気がするんだよね。
関連記事

| 未分類 | 00:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:怖いようで実は真っ当な世界を垣間見た

魔ィ疲れ様でした。いやいや一人では行きません。やはりみんなで3年後にホノルルで会いましょう。因みに焼鳥は2万6千円ぐらいだったと思います。ヤスさん誕生日おめでとう!

| かあこう | 2003/05/16 16:40 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/577-181bfef1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>