FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

筍がいとおしい訳

筍掘りで収穫した筍を食べ尽くして、先日八百屋で水煮の筍を買った。穂先部分がかなりあったのでまたやわらぎ風の炒め煮を作り、残りは薄味で煮て鰹節をまぶしたりして楽しんだ。
自分でクワを片手に掘り起こしたものじゃないのに、なんだかいとおしい。以前はこんな感覚まったく感じなかったのに。不思議なもんである。
筍ってもののが、どんな風に育っていて、見つけて掘り出すまでにどの程度の労力が必要で、皮を剥いて茹でるのにどのくらいの時間と手間が必要で・・・と、そういう筍にまつわるエトセトラをある程度認識できたからに違いない。
つまり食はもちろん、家具や雑貨や衣服や水や、自分を取り巻くいちいちすべてのモノについて、身の回りに納まるまでのプロセスを全部知ることができたなら、もっとそれぞれに愛着が湧いて、ものを大切にするってことが何の苦もなく必然的にできちゃいそうな気がする。
多分昔の生活ってそうだったんじゃないだろうか。自給自足か、せいぜい町や村レベルで収穫できるものを糧として、着るものもかあさんが夜なべで作ってくれて、生活雑貨はとうさんが作ってくれたわけだ。だからモノを大切にするってことは教えられるものでも、啓蒙されるものでもなく、しごく当たり前のことだったんだ。
便利さも必要に違いないんだけど、スピリチュアルさに浸りたい気がする今日この頃である。

来月のキャンプは、必要最低限のギヤで過ごすことになった。
題してストイック・キャンプ!
ダッチオーブンはもちろん、バーナーも持っていかない。どんな食生活になるのか、食いしん坊的にはやや不安がないとはいえないけれど、結構楽しみにしている。
関連記事

| 未分類 | 13:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:筍がいとおしい訳(5/14)

う~~ん
中国の格言「飲水思源」の思想ですナ。
水を飲むときは、その源に思いを馳せ、感謝せよ、と。
哲学的なHPになってきましたね。

| 公園人 | 2003/05/14 15:07 | URL | >> EDIT

Re:筍がいとおしい訳(5/14)

それが『キャンプ』です(。・_・。)ノ
Jeepに乗ってた大阪時代、木津川で毎週のようにやっていたときは、テントさえ持っていきませんでした(野宿ですか?)

| び!@リターンズ | 2003/05/16 19:09 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/575-6c3f06fc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>