FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

信じすぎるがゆえに救われない人たち

パナウェーブ研究所がなんだかとっても怪しい。一見名前からすると、どこぞの企業の子会社で製品開発のための研究をしているのか…と思えなくもないんだが、あの白装束を見れば宗教団体以外の何者でもないことは一目瞭然なのだ。あんなもんで電磁波から身を守れるなら楽なものだ。電磁波アレルギーで都会で生活できなくなっている人たちには願ってもない朗報だし、もうとっくの昔に電磁波バリアグッズとして商品開発が進んでるはずである。
まぁそんなこという以前におかしな連中であることは明白なんだけど。
これも結局は宗教性の強い「千乃正法」とかいう集団がベースになっていて、「千乃先生」と呼ばれる女性教祖がいるらしい。で、地球の何倍もある惑星が今月のいつだかに地球にぶつかって90%以上の人間が淘汰されるから、それから身を守るためにマグニチュード15にも耐えられるシェルターを作っていてるんだそうな。
信じることって生きてく上において必要なことだけど、対象を誤ると非常に怖いことになる。常識を逸脱してしまっても、それに気がつかないほどにあることを信じきってしまうことって、恋愛にはよくあるけど。あの人が私を捨てるはずがない!彼には私が必要なのよぅ!とストーカーになる人、もう彼なしじゃ生きてはいけない!っと自殺を図る人、尊敬する人、愛する人を信じるあまりの不幸のカタチという意味では共通している。
…暗くなるからもうこの話題はやめて、明日からの五月晴れ休暇へと話題をシフトする。

明日からキャンプ。出発は早朝4:30の予定。
がしかし、今日は会社の懇親会。家に帰り着くのは早くても零時だ。睡眠が取れる可能性はきわめて低い。
まぁ遊びで眠れない分には、へっちゃらなんだけど。
…シフトした割には仕切りれトンボだが、今日はこの辺で。
関連記事

| 未分類 | 16:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/563-b28717d4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>