FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

カスピ海とコーカサス

今年は花見のタイミングを外しちゃった・・・なんて、週明け以来ずっと思っていたけれど、今日の荒天を思えば先週の開催は正解だったかも。量こそ多くないけれど、朝から横殴りの雨だ。
リベンジのはずの昨日の靖国神社花見も、結局は寒くて1時間ちょいで撤収したし、降り出した雨に結局船橋駅からは濡れてしまった。回復に向かっていた風邪は、間違いなく悪化している。咳が出始めた。昨日いっしょだったまこさんも、風邪を引いたようだ。頭痛がすると途中で帰ったのり平は正解だったかも。体調崩してまで桜がみたいわけじゃないんだけど。毎年思うんだけど、もう少し暖かくなるまで待ってくれればいいのになぁ、桜。

最近、カピス海ヨーグルトが流行っているけれど、それと似たような説明書きに誘われて生協で「コーカサスヨーグルト」を買った。カピス海とコーカサス・・・。中身がどう違うんだろうと調べてみたら、実はおんなじモノだった。
そもそもは1980年後半にとある大学教授が、黒海とカスピ海にはさまれたコーカサス地方(100歳を超える長寿者が多い)で常食されていたこのヨーグルトを、栄養分析のサンプルとして持ちったのが始まりなんだとか。
でもヨーグルトのイメージが強い「コーカサス」よりも、すがすがしさと新しさを感じる「カスピ海」のほうが、ネーミングとしては確かにいい。でも本来「売られていない」とされ、最近はネットーオークションにまで登場している「カスピ海ヨーグルト」の種菌に対して、粉末で手に入る「コーカサスヨーグルト」の種菌。ひょっとしてまがい物か?まこさんがカスピ海ヨーグルトをやっているので、今度私のコーカサスと食べ比べてみなくては。

関連記事

| 未分類 | 17:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:カスピ海とコーカサス(4/5)

乳酸菌関係なら関西限定発売だった大塚製薬の『マサイの戦士』が関東でも発売になってますね.
新発売時は関西の知り合いに頼んでまで飲もうとしましたが,先日飲んだ印象は『砂糖の入ってない抹茶オレ』?他の乳酸菌飲料とは一線を画す物でした.
興味のある方はこちらから
http://www.otsuka.co.jp/mss/" target="_blank">http://www.otsuka.co.jp/mss/

| び | 2003/04/06 22:16 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/536-1911a6e2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>