FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

浄土真宗を知る

今回の祖母の死で、通夜から拾骨までの流れをはじめて体験した。唐突ゆえ慌しく、しかし極めて整然と行われるものだ。
世の中いろいろなプロはいるけれど、葬儀のプロってちょっとすごい。マニュアル化されているとはいえ、故人の人となりを親族に取材してあいさつ文に反映したり、花輪をびっくりするほどの早業で仏壇用のアレンジにしたり、お香典の扱い方や焼香の手際を豆知識含めレクチャーしてくれたりと、実に至れり尽くせりなのである。普通なら一生の間に何回かしか体験しない、しかも人の死を弔うというイベントのプロデュース。客側の依存度が大きい分、失敗があっては許されないあたりは、ブライダルプロデュースにも似たものがある。マジで大変な仕事である。

祖母の法名は「釈浄厳」となった。これはよくいう戒名のことなんだけど、浄土真宗では「法名」というらしい。今まで法名といえば、8つも10も漢字が並んでいるものというイメージがあったので、位牌を見たときはなんだか妙な感じがしたけれど、これは親鸞聖人が「釈親鸞」という法名を名乗ったことに因んでいるのだそうだ。
足の猛烈な痺れに冷や汗が出そうになりながらも、妙にそのお話は頭に残っている。滅多に聞けない話だけれど、自分の家の宗派のことくらい、少しは知っていて損はない。お線香の供え方、お数珠の使い方一つとっても違うのだから。

朝からお別れの膳、精進落としとイレギュラーな会食があって、すっかり正月腹。明日は家族揃って中洲で夕食!なんてことになっている。
でも仮通夜、通夜と寝不足の上に、喪主を務めた父はかなりグロッキー気味。精神的にもセンチになっていないはずがない。労を労ってやらねばだ。母は昼間に楽しみにしている玉三郎の博多座公演を見に行くようだし、いろんな意味でのリフレッシュになるといい。私は休んでいる仕事のことがハラハラ、両親のことも気掛かりと、ちょっとオーバーフロー気味。でも今夜は母のお酒に付き合ってあげなくちゃだ。
関連記事

| 未分類 | 20:38 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:浄土真宗を知る(2/17)

でも今夜は母のお酒に付き合ってあげなくちゃだ
  |
  |
付き合えなくて残念だじょ~

| のり平 | 2003/02/18 12:21 | URL | >> EDIT

Re:浄土真宗を知る(2/17)

タケシが母親の葬儀でボロボロ泣いてたのを見て、どんなに偉くなって年とっても、親の死はダメージをくらうものだと戦慄したもんです。親父さんはどうなんだろう。
浄土真宗ってのはイメージ的に敷居が低いっていう感じがするね。うちは浄土宗で、京都の知恩院が総本山なんだけど、あの山門の正確無比な荘厳さと重厚感は感動もんで、格調が高いというか悪く言えば権威的排他的なところがある。その点、浄土真宗の東本願寺は街の公園みたいなもんで、親子や暇そうなおじさんがハトに豆やってたりして、駅前だからかもしれないけど、来る人拒まずっていう感じがするな。本堂やそれに続く建物の中も何か楽しそうで、美術館っぽい。坊さんも髪の毛のばしてるしね。日本版「呪われた町」の「屍鬼」は村が吸血鬼に占領される話だけど、この主人公がたぶん浄土真宗の坊主で、それがかなり重要な鍵になってるんすよ。

| aki | 2003/02/18 17:24 | URL | >> EDIT

Re:Re:浄土真宗を知る(2/17)

akiさん
>タケシが母親の葬儀でボロボロ泣いてたのを見て、どんなに偉くなって年とっても、親の死はダメージをくらうものだと戦慄したもんです。親父さんはどうなんだろう。

異常なくらい、ダメージな素振りは見せなかったね、うちの父は。もちろん見せまいとしていたんだろうけどね。誰もそういう話題は口にしなかったし。私や弟が居るってことも、両親にとってはアンユージュアルなわけで、余計に父は素に戻れてないんじゃないかな。きっとこれからだと思う。

| なおニン | 2003/02/19 23:07 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/491-23fd0dd5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>