FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ウナギと梅はあり得る!らしい

今朝のTVで取り上げられていたんだけど、食い合わせが悪いと言われていたウナギと梅干。実はこれ、もともとは梅ではなくて銀杏だったそうな。
古い書物を見ると、確かに「鰻と銀杏」と書かれている様子。じゃあなんで?というと、今となってはわからないんだけど、専門家曰く木になっている銀杏と梅は、サイズの違いこそあれ、色が非常によく似ている。だから恐らくは誰かの勘違いがそのまま今に言い伝えられているのだろうということ。番組ではウナギといっしょに梅干を食べて見せて、「おいしい」なんていわせている。

確かにウナギと梅干は合せてみようと思ったことがなかったけれど、まったく合わない味じゃない。うざくがうまいんだから、酸味と合わないはずはないのだ。
でも物の本にはウナギと梅干の食い合わせが悪い理由なんてもんが書かれていたような気がしなくもないだけどなぁ。あれは何だったんだろう。
でも、そうとわかれば早速に現代の非常識メニューってことで、あみ出してみたくなった。

しかし勘違いに基づいた妙な言い伝えとか、常識と言われてしまっていることって結構ありそうだ。
昔っからオタンチンはいたんだな。そのお陰で永いことコラボレーションできなかったウナギと梅干は気の毒。
それよりも新たにウナギとの不具合が発覚した銀杏の立場はどうなる。翡翠色の銀杏をウナギで巻いた上品な一品…ありそうじゃん。ちらし寿司上にも登場しそうな具材じゃなかろうか。
情報に振り回されないように、科学的、医学的根拠が知りたいところだ。
関連記事

| 未分類 | 07:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/487-7870800a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>