FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

努力ってやつ

この前の「情熱大陸」はSMAPの草薙くんだったんだけど、彼はたぶん変わり者であると同時に、少なくとも大変な努力家だってことがわかった。
彼は木村くん曰く、メンバーにも自宅の場所を教えないそうだ。どっちかというと稲垣くんのほうがミステリアスな雰囲気があるのに、ちょっと意外。でもって凝り性なのはGパンのコレクター振りからもうかがえる。
彼は以前も、自分が木村拓哉なんかといっしょに仕事ができるということが信じられないといっていたけれど、今でもなお、自分がSMAPにいることは奇跡だといっている。
その気持ちがなんだかすごくよくわかる気がした。
たとえば私が何かの間違いで芸能界デビューして、藤原紀香やなんかの隣にモデル立ちしちゃったりすれば、やっぱり思うはずだ。「なんかの間違いだ」「きっとそのうちバチがあたる」「こんなことが長く続くはずがない」と。
いやもちろん、草薙くんがそう思う根拠と、私がそう思う根拠は、私の場合が現実じゃないことを除いてもちょっと違う。でも草薙くんはそれほど謙遜する必要はないように思う。確かにほかのメンバーに比べてオーラの強さは弱目な印象がなくもないけれど、その集中力や努力の様子はそれ相応にすばらしいものがある。逆にその謙虚さが、SMAPの中でいいバランスを保っているのかもしれない。

総じて一世風靡する人たちっていうのは、努力家である。
もって生まれた魅力もさることながら、間違いなく凡人よりは努力を重ねている。
ひょんなことから世に出て、出ちゃったからがんばらざるを得なくなった人もいれば、夢をかなえるために努力して、以降ずっとファンを裏切るまいと努力を重ねる人もいるだろう。どっちにしてもエライ。「もっともっと」度が強い。人生「こんなもん」と思ったら本当にそこいらへんで終わるってことだ。
実は私も思ってた。こんなもんだなと。安い給料にブー垂れながら、居心地だけはいいオフィスで、それでもこのままなんとか働いていければいいかなと思っていた。
でもチャンスが来た。
ぬるま湯に浸かってはいられないけれど、居心地は決してよくはないけれど、でも自分の采配がストレートに結果につながる分やりがいは大きい。サポートしてくれる人達もいる。ある意味、こんなにありがたい環境はないのかもれしない。

私は努力は苦手だけどな。いけそうな時はとりあえずがんばってみようと思っている。
関連記事

| 未分類 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/458-18177db1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>