FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

タモリの偉業と私の移籍

昨日はakiさんと八丁堀で軽く一杯。
イブのシャンパンを飲みすぎてはいたものの、ベタに机を並べて仕事ができるのもあと二日ゆえ、名残惜しさも手伝って、akiさんの誘いに二つ返事で乗ってしまった。
銀行へ行きがてら八丁堀の交差点を渡ると、目新しい看板が。なんとあの「高田屋」が「とり鉄」と銘打った店を出した模様。入口では黒服の男性が「本日オープンです!落ち着くカウンターにいいお席がございます。どうぞどうぞ」と客引きをしてる。渡されたチラシには生ビール100円チケットが。
忘年会シーズンの折り、きっとどの店も混み合っているだろうと行き先を思案していた矢先の、まさに渡りに船なグッドタイミング。それはそれは、こちらこそありがたやといわんばかりに地下の入口へと降りた。
かなり照明を落とした店内は1テーブルごとに仕切られた設えの客席と、オープンキッチンに面したカウンター席がずらりと並んでいる。古木風な建具を使った和風なインテリアに、オリジナルの間接照明がいい雰囲気を出していて、なるほどカウンターもゆったりしていて落ち着いた趣き。メニューも温泉卵付きはじめバリエーション豊富なつくね、味噌風味のレバー焼きなど個性的。鶏のたたきぽん酢風味なんていう逸品も。胃がすっきりしていたならとんこつ雑炊にもトライしてみたかったところだ。
ちょっとのみ足りない風情のakiさんには申し訳なかったけれど、生グレープフルーツサワー2杯で切り上げ帰途に着く。
今日も明日も飲む予定だ。まともに飲んでいたら身がもたない。腐るほど眠りをむさぼることができるのはいつのことか。なんだか電池が切れそうだ。
しかし年明けから移籍する会社の社長は徹夜が続くほど忙殺されている様子。すなわちまもなく私もその状況に陥ることは間違いないわけで、こんなことで電池が切れていたのではお話しにならない。正月休みのうちにチューンアップできるかな…。ちょっと不安、いや、かなり心配。

そういえばあのタモリが「生放送単独司会世界最高記録」でギネスに載ったとか。確か10年目あたりから、すごいすごいとは言われていたけれど、それからさらに10年以上が過ぎたわけだ。でも10年のすごさと21年のすごさの違いが、不思議と如実にわからない。単純に数字は違うんだけど、あまりにスケールが大きくて実感できないってことなのか。
最近は転職が当たり前になってきたけれど、かつては新卒で入社した会社を定年まで勤め上げることが普通だったのだ。無遅刻無欠勤で通した人だっていたはず。となれば勤続30年や35年はざらなわけで、それを思うとタモリがTVというメディアを通して多くの人に認知されつつ長きに渡ってやってきたからこそギネス入りはしたけれど、似たようなもっとすごい人はいくらでもいそうな気がするんだけどな。確かに生放送でMCやりつづけるのは大変だとは思うけど。
まぁそれに引き替え私ときたら、これまでひとつの企業に所属したのは最長で5年。今の会社でやっと6年目に突入するかと思っていたら、降って沸いた移籍だ。もう既存の履歴書には書ききれない職歴の数である。これってどうなの?中には会社都合によるものもあるとはいえ、あんまり自慢できたものじゃない。その都度肥しにし、ネットワークが広がったということでよしとしてきたけれど、もうぼちぼち最後にしたいな。最後にしよう。最後にして。
関連記事

| 未分類 | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/439-ea95e68c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>