FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

闘い済んで…

05103001jpg.jpg

卒検結果発表が終わって、思わず撮った教習所の写真。
きっと何年経っても、観るたび心がキュンとするはず。


「合格の感想は?」
aki兄ぃからのメールをみて思った。
あまりにも合格があっさりしていたせいか、ここまでずいぶんといろんな人を巻き込み、
多くの人のお世話になり過ぎてやしなかったかと。
もちろんこの結果に至った背景には、
私の大騒ぎゆえの多大なるエールとアドバイスがあったわけだし、
ひとりっきりで悩み苦しんでいたらきっと投げ出してたに違いない…ってことはある。
でも大騒ぎした割にはずいぶんとあっさり合格。
我ながら満足のいく危な気ない乗りっぷりだった。
決して本番に強い人間じゃないのに。

でも走りながら今までで一番いろんな人の顔が浮かんで、
いろんな声が聞こえてた。
「低速で曲がるときってハンドル切るってより、内側の腕を引くって感じ」
「ブレーキは握るってよりレバーを引く感じ」
「クランクは絶対近くをみちゃだめ。膝に痣ができると思うくらい二ーグリップする」
「一本橋は先の遠くを見る感じ」
「ファイト一発!」
「SRに乗ってる自分をイメージして」
そんな先輩達の声を思い出しながら
開始前の最後のイメージトレーニングをしたら、思いのほか緊張が和らいだ気もしたっけ。
さらに心がラクになったのは、試験官が一番最初の授業であたった指導員だったこと。
これまでも、「顔がコワいぞ。楽しく乗らなきゃ楽しくさぁ」なんて、
教習所内で顔があうたびなにかと声をかけていただいていた。
でも、いったい私は最終的に何点だったんだろう。

結局、昨日は4時起きが祟って10時過ぎに就寝。
今朝目が覚めたのは高齢者並みの3時55分だった。
今日は自分ひとりでは処理しきれないうれしい気持ちが渦巻いていて
興奮覚めやらず。
まったくいちいち人の手を煩わさないと納まりがつかない人間だね、私って。

何はともあれ、教習所通いで無沙汰及び不義理をしてしまった方々、
お陰さまで落ち着くことと思います。
まず直近は11月末の印旗沼キャンプってことで。

足はどうするって?身体ひとつでバイクでいきます。
家にある雑多なキャンプギア及びダッチオーブンは
どうかひとつ四輪班の方々よろしゅー。
のり平ちゃん、女ふたりしてダダダっといこうぜぃ。
関連記事

| バイク | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4339-0a34aa59

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>