なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

39年ぶりの修学旅行

5年前、10年前のことですらもはやうろ覚えだったり、
さっぱり思い出せなかったりなのに、
高校時代の修学旅行の楽しさは、未だにキラキラ。

なのでまた行って来ました、39年ぶりに。



去年の3月のこと。

札幌へ行って、藻岩高校の同級生たちと飲んでたときに、
還暦の年にみんなで温泉いこうなんて提案をしてたら、
一足早く、また京都でも行かねえか?なんて話になって。

京都に一番近いワタシが、
じゃあ段取るよ…と言ってしまった(←よくやっちゃうパターン)


仕事柄、旅行関係は情報を取りやすいんだが、
みなそれなりに偉くなって休みが取りにくい面々ゆえ、
日程は二泊三日がせいぜい。
しかも連中は朝イチで札幌を発つわけで、
初日は移動で終わってしまう。

しかも、マイレージやポイントの都合でそれぞれが使いたいエアーが違う。

想像を遥かに超えるメンドクサいプロセスを経て、
旅程決定、予約完了。
6/16を一日だけ休んで実現した二泊三日の修学旅行again。

------------------------

羽田第一、第二ターミナル。
利用ターミナルが違うメンツと落ち合うには、
京急線のホームしかないということを初めて知った。
あれだけ羽田を利用しているのに、
いつもと違うことをしようとすると知らないことばかり。
17061301.jpeg

みんなと落ち合えて第一段階クリア。
品川でオベントとビール買い込んで、新幹線乗車。

日程は初日の鴨川川床を予約しているのみ。
後は行きの新幹線で決めよう!ってことにしてたので、
シートをぐるっと回転させて、向き合っちゃった男女5人。
ひとつ方向を向いている周囲からみたら
エラく滑稽なんだろうなぁと、なんだか恥ずかしかった。

そして案の定、ほとんど旅程は決まらず
中日はタクシー観光だ!京都駅で予約しよう!
これだけ決めて京都駅着。
17061302.jpeg

こんなことになってるんだ?京都駅。
サインが足りていないのか、広過ぎるのか、
どこになにがあるのか、どっちがあっちなんだか
さっぱりわからない。

荷物をひとまず預けて、川床予約の時間まで
ずっと行きたかったココへ。
17061303.jpeg

何年か前のJR西のCMで観て以来、
延々と続く朱塗りのこの鳥居をくぐりたかったのだ。
17061304.jpeg

隣国の旅行客含めすごい人出だったけれど、
ちょうどカーブの向こうに人が消えた途端、間髪入れずパチリ。


さてさていよいよの川床。
軒並み一万なにがしするお店が多い中、ここはプチ懐石と飲み放題も
7,000円とちょいとの良心的なお店。

17061307.jpeg
さすが京都。
上品どす。

17061306.jpeg
舌と目で堪能。

17061305.jpeg
徐々に淡く暮れゆく眺めもご馳走なり。

この後四条を散々歩いたものの、金夜の二軒目探しは断念。
お酒を買い込んでホテルで飲み直し。


翌中日は朝から貴船へ。
ホテルから近いから行ってみたくて前夜決めた。
緑が多くて気持ちよす。
17061308.jpeg

貴船神社。
見頃の青もみじと朱塗りの燈籠が味わいたっぷり。
17061309.jpeg

街中ほどの混雑もなく、深い緑に癒されて、
都心部方向へ戻ろうとしたところ、
せっかくここまで来たんだし、比叡山まで行っとかねぇか?と男子が。

えー、比叡山?
そんに気軽にいけるのぉ?

下調べゼロの面々、この期に及んでもすべてが行き当たりばったり。
んじゃ行ってみるかーとケーブルカーとゴンドラを乗り継ぐことに。
17061310.jpeg
高野山でもこゆやつに乗ったなぁ。

頂上からさらに徒歩とバスで辿り着いたのはここ。
17061311.jpeg
泣く子も黙る比叡山、延暦寺。

ソコツ者ゆえ、粗末にするから絶対持たないと決めていた御朱印帳を
ここにきてとうとう買ってしまった。
いや、買わずにはいられないなにかがあった(と言っておこう)
17061318.jpeg


霊験あらたかなひととを経て、灼熱の中心部へと戻り、
京都の食文化の坩堝のような商店街、錦市場
漬け物を買ったり、スイーツを食べたり。
17061312.jpeg

その後はこれまた行き当たりばったりでおばんさい屋さんで飲んで食べて、
また部屋呑みしながら夜は更けた。
宝ケ池そばのグランドプリンスホテルは、朝はウシガエルの鳴き声、
さらには鹿の親子の姿がちらほらみられるステキなロケーションだった。


旅の最終日。
チェックアウト後は、午後2時過ぎの新幹線まで駆け足で観光。
39年前も確かに行ったここはやっぱり行っとかないと。

17061313.jpeg
でも異様な人混み。

17061314.jpeg
知ってましたさ。
メンテナンス中だってことは。
でも、ちょっとショックなビュー。

17061315.jpeg
39年前はいずれかを飲んだはずの音羽の滝。
行列が長過ぎて、観ておしまい。

もうちょっと時間があるねと、龍馬さんのお墓を観に
霊山護国神社方向へ。
しかしお墓まではつづら折りの階段が長過ぎて断念。

17061316.jpeg
八坂神社まで歩いて、京都駅までタクシーで。

三十三間堂も行きたかったなー。
でもこの時期、雨が降らないなんて奇跡的。
やっぱりあっという間だったわ。
下調べゼロの割に結構あっちこっち行けたね。
御朱印調、初日からやっとけばよかった。
父の日だから女子から男子にビールプレゼントするよ。
17061317.jpeg

そんな会話をしつつ、うっかり寝落ちたりしながら夕方品川着。

札幌へ経つ面々に手を振ってお別れ。
反省会しに来いよ。
うん、行くね。


宝物のような想い出がまたひとつ。
墓まで持っていきたい旅だった。






関連記事

| | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4323-687aeb68

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>