なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ウソつき

最近、いつウソつきましたか?

ワタシは決していい人間ではありませんが、
ウソは滅多につきません。

今日はそんなハナシ。


普通に育てられて普通に生きてきたヒトは
そうそうウソがつけるものじゃない。

大げさに言ったり膨らましたり。
そんなことは誰にでもあるだろうし、
例えば、知っていても知らないと言っておいたほうが
ものごとがうまくいくとか、相手が傷つかないとか
そんな“いいウソ”はおいとて
保身や金儲けや、相手を落とし込むためのウソがつけるのは
腐った人間だと思う。

でも今も昔もいわゆる公人が、
ミエミエのウソをつく。

誤摩化しきれていないことが
誰の目から見ても明らかであっても、
いけしゃあしゃあとウソをいう。


ーホントのことをいうと大変なことになるからじゃない?

大変なこと?
それはそのヒトにとって大変なことであって、
一刻も早く真実を明かして、
ものごとを正すべき。



どうもオカシイ、今のこの国。
そう思い始めてもう何年経つだろか。

日本をオカシクしてる筆頭のアノ大企業がしかけて
金にモノを言わせて勝ち取った五輪誘致。

ろくすっぽ計算ができないヒトたちが集まって
ナーナーで決めた、作れもしない競技場設計案。

政治力で選んだ模倣シンボルマークも、
アノ大企業のニオイがプンプンする。

そしてニッポンの首都の長は
公費で私物を買い漁り家族と娯楽三昧。

ここ1年を振り返って、ふと思いつくこれらの茶番や
公人の失態は、未だにひとつとして
そのいきさつやら真実が
国民ひとりひとりに明らかにされていない。

そして発覚直後、当事者が口にするのはいつもウソ。



やさしいニッポン人は、
そんなスットコドッコイたちのあれやこれやを
じっと傍観しているだけだけど、
どこかの国ならボッコボコにされていておかしくない。

昔はおくゆかしいと讃えられたんだろうけど
今は歯がゆいな、ニッポン人。

そして相変わらず思うのよね、
だからやめてっていったのに五輪誘致なんてって。
そしてもっと声高に言いたいのよね、
もうやめちゃってよ東京五輪なんかって。

1兆をあっさり超えてしまう五輪予算。
東西の被災地復興に充てることができれば
復興住宅や環境の整備が進むだろうし。
6人にひとりと言われる貧困児童に
せめて一日一食でも栄養のある食事を
させてやれるだろうし。

その予算があれば…と思うことは
まだまだ挙げれば暇がない。

なぜに、なにゆえに、
みなが納得する方向へ進まないのだろ。

よく行く料理屋の大将や、鮮魚屋の店長や、
クリーニング店のおばさんや、
市川駅ホームで毎朝サラリーマンの背中を押すヒトや、
ビル清掃のおばさんや…、
身の回りには頭が下がるくらいのいいヒトたちがいるのに
国会中継に出てくる連中はみなふてぶてしくて
品のないヤジを飛ばし、居眠りして、そしてウソをつく。

おかしいね。
おかしいよ。












関連記事

| どうなの? | 14:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

前回猪瀬さんは

茶番劇に国民は騙され笑うとこで終息。
「このかばんに」だが入らなかった。
「どのように」「どうやって」「入るのですか?」
都議会の演劇部は悪を笑で蓋をする。
今回桝添さんはどんな蓋かが楽しみです。
いずれにせよ「臭い者には蓋を」
深夜早朝にすみません。

| あちゃ | 2016/05/25 01:24 | URL |

Re: 前回猪瀬さんは

あちゃさん
オヒサですー。

> 茶番劇に国民は騙され笑うとこで終息。
> 「このかばんに」だが入らなかった。
> 「どのように」「どうやって」「入るのですか?」
> 都議会の演劇部は悪を笑で蓋をする。
> 今回桝添さんはどんな蓋かが楽しみです。
> いずれにせよ「臭い者には蓋を」
> 深夜早朝にすみません。

まったくですね。
また余計な選挙費用がかかるのもアホらしいけど、
あんなヒトをアタマに乗っけたまま
都政がまともな働きをしてくれるんでしょか。
モチベーション下がりっぱなしですよ、普通は。
そもそもタカを括られてたんなら話は別だけど。
保身のためとはいえ、会見であんな回答を続けられる神経が
もはやヒトとしてアウトですね。

| なおネィ | 2016/05/30 11:09 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4295-0d880c30

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>