なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

GW2016 帰省&iPhone機種変

4月の女子会以降も咳が抜けず、
気がつけば、肋骨に疲労ヒビ?を負っちまったなおネィです。

やれやれ。

それでも日々、生きております。


GWも明日で終わり。
休みなんてあっという間とよく言うけれど、
いや、お盆や年末年始に比べれば、
サラリーマン的には十分長いんじゃなかろうか。

今年は出ばなをくじかれて、JALのサイトにアクセスしたときには
もう7割り方席が埋まってて。
それでもなんとか安いところをと苦心した結果、
28日行きの2日戻りといういずれも平日を休むことになる
掟破りなスケジュールになった。

GWとシルバーウィークは、周囲に有無を言わさず休むワタシだが、
今回はチケットを取ってから忙しくなったこともあり、
悪いねすまんねと心で土下座しながら機上の人となったのだった。

行きの28日は東京も雨がち。
福岡上空も悪天候で、上空待機の挙げ句上下左右にゆらんゆらんしながら
やっとこさランディング。
飛行機には慣れっこのワタシでも、あと10分長く揺れていたら
エチケットバッグのお世話になっていたかも(汗)

帰省時は毎回博多うどんを食すのがルーティンなのだが、
博多駅地下の因幡うどんの出汁が一昨年あたりから塩辛く感じていて
今回はラーメンにシフトしてみた。
こだわりなんてーのは、いとも儚く崩れさるものだ。

大きなトロリーを引きずっていたので長浜行きはあきらめて
博多デイトスに出来ためん街道へと足を運ぶ。

初見参!
16050701.jpg

前もって調べておいたあっさり目豚骨のshinshinへ。


東京にありがちなドロドロや背脂ビラビラの豚骨スープは大嫌い。
脂が浮くか浮かないかくらいのあっさり加減で、
浮かべた紅ショウガの色を拾ってスープがほんのりピンクに染まる、
そんな豚骨スープに固めの麺を合わせるのが好き。
16050702.jpg
コクもう一声ながら、まずまず。
キクラゲの歯ごたえがよかよか。

11時半頃食べ終わってお店を出たら、早くもサラリーマンの行列が。
16050703.jpg
あ、そういえば今日は平日だ…と思う。
そして、11時過ぎからランチするサラリーマン、
夕方はさぞお腹が空くだろになぁと思ったりした。


その後は博多駅で実家への土産を購入。
16050708.jpg
洋菓子好きな父にはクラブハリエのバームクーヘン。
これは父のお眼鏡にかなった。
洋菓子好きな母には、博多銘菓鈴懸の麩まんじゅうと塩大福。
実はどちらもワタシが食べたかったわけで、
そしてすでに母とワタシの麩まんじゅうは消化されている図なのだが。

この日から、帰宅する2日まで、庭木の枝を切ったり、
料理補佐や買い出し役を務めたり、
母がうっかり干し忘れて3時間を過ぎていた洗濯物を干して
ひどく感謝されたりした。

ーオマエの料理は全然でてこんな…。
父は毎回そういう。

作りたくないわけではないし、
むしろそんなときこそ母にゆっくりして欲しいのだが、
毎回ワタシが滞在中の献立は母によってびっしり決められていて
あらかじめ生協サンから取り寄せたものが冷蔵庫及びフリーザーで
待機しているのだもの。
せいぜい酒のつまみを作るくらいしか手は出せないってわけ。

母と博多駅に出来たKITTEへ赴いたのは
従兄弟が営む鉄板焼きの店、焼きやき亭へいく途中のこと。

オープンから日が浅かったせいか、動線はロープでがっちり固められ、
入り口出口も警備員によって制限されている。
2階まで上ったところであまりの人の多さに母と二人グロッキーして
博多駅前でひといき。
南阿蘇の物産販売ワゴンに立ち寄って、寄付の代わりにいろいろお買い物。
16050707.jpg

大好きな阿蘇はこれまでも大雨や台風で被害にあってきたけれど、
今回のそれは甚大。
早くまたあの美しい自然美を取り戻してくれますように…。


帰省とはいえ、両親が歳を取ればゆっくり寛げなどしないのは
当たり前のことで。
帰宅した日の夜は、地元の仲間と船橋呑み。

噂を聞くばかりで行く機会がなかった江戸前料理三番瀬
甲イカやらコハダに而今を合わせたりなんかして
16050709.jpg

ここは船橋の中でも、おいしい魚がいただける筆頭。
お店に入ると、まるで河岸を思わせる魚の香りがぷんと漂う。
ここで、魚くさーいなどという輩はそのまま踵を返して
お帰りいただきたいな。

大将がひとりで切り盛りする小さなお店なので
あらかじめの電話はしておいがほうが吉。


そうそう。
5Sのまま、特にこれといったトラブルも不平もなく
あのバカペリア時代が懐かしくさえ思えるスマホ生活だったけれど、
ここへ来てサイズが同じってことに惹かれてiPhoneSEをオーダーしたのは
3月中旬だったかしらん。

それから延々待つこと1ヶ月半。
5月1日に、やっとご用意ができましたと登録しておいた新橋店から
メール着信。
これだけ待たせておいて、しかし購入は次の日から3日以内に、
来店の上お済ませくださいというではないか。
2日に東京へ帰り、翌3日にiPhoneを買うためだけに新橋へ赴いたことは
au新橋店の店員さんの同情を買うに十分だった。

だからというわけじゃないけれど、ガラガラの店内で
都合1時間半以上の時間をかけて機種変更の手続きをしてもらった。

さらには、GW期間中新橋店限定という、
Androidタブレット抱き合わせがiPhone1台よりお安くなるという
お得なキャンペーンにも乗っかった。
16050710.jpg
充電器はオプションで買わなくちゃだったんだけど、
Xperiaお使いだったのならその充電器が使えますよと、
新橋店の店員さんのホスピタリティ溢れるインフォに親指立てた。
今頃になってやっと役に立ってくれたのね、Xperiaくんさぁ。
が、最悪だったのは予め準備をしておいたにもかかわらずLINEの引き継ぎでトラブって
3日をかけてLINEとメールのやり取りの後やっと引き継ぎができるという
すったもんだに陥ったこと。

この話はまた後日ということで、
悲喜こもごものGW前半だったのだ。



関連記事

| 未分類 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4293-a346359f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。