なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

お初の胃カメラ

お腹がシクシク痛むことが続いて
大腸内視鏡検査を受けたのは、
もう10年以上前のことか。

カラダの中にカメラを入れること、
まったくイヤではないんだけど、
胃カメラだけは、
キツい、ツラいという話ばかりを聞かされて
敬遠してた。

でも、人生50年も生きると、
今まで逃げ回っていたことに抗えない場合も多々で。
今日、遂にそのハードルを越えてきた。



会社が契約している診療所は
2012年にそれまでの健康診断必須項目だったバリウム検査がなくなり、
希望者が6000円を払って胃カメラ検査を受けることになった。

胃にはまったく不安のないワタシ。
そんなにお金がかかるなら受けなくて結構。
よってここ4年間、胃の検査はまったく受けていなかった。

オフィスの引っ越しに伴って、診療所が変わり、
こちらのメニューでは、バリウムか胃カメラが選べることに。
健康診断が始まった2月に数度、バリウム詰まりによる
トイレの水が流れない事態が発生したので、
やなこったとばかりに胃カメラにトライした。


午前中に胃カメラ検査を受ける場合、
前日の夜9時以降に飲食を終えなきゃいけない。
その後は水かお茶のみ。
翌朝はコップ1杯程度の水オンリー。
これが鉄則。

昨日はというと、行きつけ雑魚さんに
懐かしい顔がやってくるというので駆け付けて、
芋のお湯割り2杯、レモンサワー2杯、
サイコロステーキやらむしり鶏やらもち豚ソテーも。
16033103.jpg
時計を睨みながら9時ぴったりに飲食終了。
帰宅後、風邪薬とお水をちょいと飲み就寝。

今朝改めて胃カメラ検査の注意事項を読んだらば、
前の日の夕食は軽めかつあっさりしたものをと書いてあった。
時すでに遅し。なるようになれ。

朝はいつもの通り白湯をコップ半分ほど飲み、
出がけに水をまた半分ほど。
風邪薬は悩んだ結果飲まず、のど飴も我慢して
病院へ向かった。

電車内で喉がかさ付いて咳がでた。
あぁ水飲みたい。コホコホッ。
のど飴ダメかしらん…。コホッコホ。

実は健康診断自体は2週間前に受けていて、
喉が腫れていたので、胃カメラだけ今日に延期した次第。

だから今日は血圧だけ測定。
107/78
前回とほぼ同じ。

問診で咳が多少出ることを伝えると、
カメラが通るのは気管ではなく食道だし
途中で咳き込むと時間がかかることがあるが
直接的には問題なしとの判断をもらって、同意書にサイン。
検査室へ移動。

名前を呼ばれて中に入り、胃をキレイにする液体を2種類飲み、
麻酔薬のアイスキューブを口の中に入れられる。
ー溶けたら少しずつ飲み込んでいってくださいね

さらに胃腸の動きを抑制する筋肉注射を受ける。
久しぶりの筋肉注射が結構痛い。

10分ほど待機している間に、喉が痺れて腫れたような感覚に。
一瞬息苦しくなるような感じもして、ちょっと不安に。

再び名前を呼ばれ、検査室へ。
診察台に左を下にして横たわり、
口中にだめ押しのように麻酔スプレーを噴霧される。

ー肩の力を抜いてくださいねぇ。
ーではね、これを噛んでください。

テレビでは何度も観たことがあるマウスピースをくわえさせられる。
事前にネットで予習した胃カメラのコツには、
マウスピースを強く噛むとカラダに力が入ってしまうとあったので、
やんわり噛んでなにしろ全身を脱力、好きにしてくださいモードへ。

背中をさすりながらずっと声をかけてくれる天使のようなナース。
初めてだと伝えのたで、その気遣いもきっと最高レベルなんだろう。

ーそう、上手ですよぉ。
ーはい、喉を通りますね、ここが一番キツいですからね、がんばってくださーい。

確かに喉の通過はそれなりのインパクトがある。
でも、中に入りましたよとドクターの声がかかってからは
スルスルと食道を進み、あっというまに胃に入った。

そこからはグルグル、ズンズンとお腹の中をカメラが舐め回し、
空気を入れては抜き、また入れて抜いてを経て
実質5分?7分?ほどでカメラ撤収。

絶対上を向かないでと言われて俯いたままうがいをして
ドクターから結果報告。

ーなんにも問題ありませんね。
ーポリープとか潰瘍の気配もまったくありません。
ー十二指腸の入口までとてもキレイです。

どんだけ能天気に生きてるのさと言われたような気がしなくもなかったが、
ここは素直に受け入れよう。
それよりもなんとも気持ちが悪い喉の麻酔、
早く切れてくれないか…。

ゆるゆると検査着から着替えて病院を出て、
芝公園へ寄って桜の具合などチェック。

桜も見頃だけど
16033101.jpg

パッカーンと開いた大振りのチューリップもいいな。
16033102.jpg

朝食抜きで空っぽの胃に、辛口ネパールカレーをお見舞いしたのは
胃カメラ終了から1時半後。
16033104.jpg
うどんかお蕎麦にするつもりが、同僚A氏にせがまれて行ってしまった。

健康診断の胃カメラ。
元気なのに水分摂取を控えて、朝ご飯抜いて、
喉を痺れさせてって、なんだか本末転倒。
問題なかったから言えるんだけど。

ともあれ、懸念した咳もでず、今に至っても喉も痛まず、
多少の風邪でも胃カメラはイケますというオハナシでした。
関連記事

| 健康 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4290-6d4989e2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。