なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年は手巻きのひなパー

かれこれ30年の付き合いになる親友のり平とは
なにかしら理由を付けてはうち飲みをしている。

ゆえに、ひな祭りに集わないはずはない。
いくつになろうと、女である以上ひな祭りを祝って
ダレに文句をいわれよう。

てなわけで、今年も二日後れで開催、
恒例ひなパー。




今年はどんなひな寿司にしようかしらん…と
本気になって考え始めたのは当日のこと。

普通のちらし寿司に飽きちゃって、生ハム乗せたり
サフラン色の酢飯にしたりしてきたけど、
手巻きでもいいよ!!ののり平のLINEに簡単に甘んじた。


ふたりで買い出しに出かけ、
帰ってきてからフィスラーでご飯を炊いて、
飯台に広げてた炊きたてのご飯に寿司酢を振って、
今年ものり平がぱたぱたとうちわであおぐ。

16030602.jpeg
あと何年続けられるんだろ、おんなふたりの雛パー。


午前中に作っておいたつまみは、
新玉スライスとサラダかつおの塩ドレッシング和え
アスパラとモッツアレラチーズのスモークサーモン巻き
春菊のらっきょうドレッシングサラダ
16030601.jpg

昔から鍋の春菊は苦手なんだけど
行きつけの雑魚さんのメニューにある
らっきょうドレッシングの春菊サラダなら食べられる。
あの独特の香りと苦みは加熱すると際立つらしく
生だとほとんど気にならないことに
雑魚さんのサラダで気づかされたというわけだ。

3年前に漬けて残っていたらっきょう漬けを
汁ごとブレンダーにかけて
16030605.jpg
オリーブオイルを加えたドレッシングは
甘みと酸味で春菊を食べやすくしてくれる。
あの香りが苦手なかたは、ぜひ一度お試しを。


さて、酢飯が程よく冷めたところで手巻き開始。
16030609.jpg


まず箸を伸ばしたのはふたり揃って本マグロ。
16030610.jpg

最初にかぶりついたのり平が、
えも言われぬ声を上げて唸る。

ーんんんーっ、んーみゃいっ!!

甘みのある本マグロと新米の酢飯、
木更津産焼き海苔の香りと静岡産粒わさび…。
あぁもっと食べたい。

16030612.jpg
むっちりのホタテ、甘いねぇ。

16030611.jpg
ヒラメ?

16030608.jpg
真鯛?
かんぱちもいるはずだよ。

シアワセ過ぎて、もはやネタがなんであろうと、
どうでもよくなっているふたり。

16030606.jpg
さよりなんてお寿司やさんいかないと食べないし。

16030604.jpg
こうなるとタコですらありがたい。

16030603.jpg
禁断の魚卵だ。
小さな粒に、新たな命の栄養たっぷり。
ほんのちょっぴり罪悪感とともにプチプチいただく。


デザートが入る余地を作るべく、
テレビを見始めたのはよかったが、
いくらもしないうちに寝落ちした。
人のことは言えなくなったな。

デザートは桜餅。
16030607.jpg

ビール350缶2本と日本酒750ml、白ワイン半分を空けて、
酔いのピークだったせい?
桜餅の味わいの記憶おぼろげ。

ありがとう、ひな祭り。
来年もたくさん食べられますように。


…って、どういう感謝の仕方だぃ?ワタシ。





関連記事

| うちめし | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4288-9c39f35c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。