なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

グルメ感染

GWよりも、シルバーウィークよりも短い正月休みを終えて、
いよいよ始まった2016年。

大吉が続いていたおみくじ、
今年は末吉だった。

凶、大凶以外は大事に持ち歩いてときどき読み返すべしという
どっかしらんの教えに則って、今年は枝に結ばず持ち帰った。

まさに吉と出るか凶とでるか…。
そんなこんなで松が明けた。


直前まで予定が未定だった2016年最初の三連休。

初日はしばらーくご無沙汰していた仲良しと一緒に
これも今年初の雑魚呑み。

いただいた鬼太郎シリーズのカップ酒で盛り上がりつつ
芋がらの煮物などいただいた。
16011201.jpg

芋がらの煮物と聞いて武士の一分を思い出したワタシ。
ずっと食べてみたかったのですごくウレシカッタ。
16011202.jpg


中日の朝から観てしまった孤独のグルメにすっかりインスパイアされて
残り2日の食生活がすっかりステキになったのは
うれしい誤算で。

生春巻きと汁ビーフンが、トムヤムクンとエビ飯に変わったのは
致し方ないとしても、じんわりと汗が滲む辛さとうまさは
起き抜けから冷えきってたカラダを芯から温めてくれた感。
16011203.jpg

16011204.jpg

晩は五郎さんがうっかり引っぱり込まれた居酒屋で舌鼓を打つ
蕪のスープをイメージして作った一品。
骨付きの鶏肉を圧力鍋でホロホロに煮込んでおいて蕪をさっと煮た、
具がメインのスープ。
16011205.jpg

これはいい。
至極やさしいおいしさ。
塩だけでここまでおいしく感じさせる骨付き肉の旨味に脱帽。
翌朝はお粥にして食べ尽くした。


最終日は探し物をしに横浜中華街へ。
石川町から歩くと最初に出くわすお店でさっそく買ったのは
チャーシューまん。
16011206.jpg

さっくりと用事を済ませてふらりと入ったのは蓬莱閣というお店。
池波正太郎さんが通った店とは、後で知ったこと。
アサリの豆チ炒めの汁があまりに美味で
白飯頼んでかけて食べたり、
黒酢を効かせたトン足の煮込みにがっついたり、
もっちりとした皮と豚肉の旨味についニンマリしてしまう
水餃子なんかを、温めた紹興酒でやったり。
池波さんがハマるのも納得のお店、
あんまりおいしいときって、写真を撮ることも忘れるらしい…。
16011208.jpg

新年早々、鼻が利いてるわ。


そういえば、潮来の宿にあった
ワインシャンプーとコンディショナーが気に入って、
発送に対応している宿を見つけて取り寄せた。
16011207.jpg

洗い上がりがふわっとして髪が柔らかくなる感じ。
ほんのりワインが香るのも、ワイン好きにはたまらん。

こちら、茨城県のホテル旅館組合限定の商品で、
メールを送るなどして取り寄せないと手に入らない。
限定に弱いワタシには打ってつけ。


さて。
今朝は今年一番の冷え込みか?
初雪が舞ったらしい。
いつも成人式前後はグッと冷え込むような気がするけれど、
いよいよの寒さはこれから。
もうしばし、風邪引かないように用心用心。



関連記事

| そとめし | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4282-b93f9d0c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>