なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

利根川のほとりで年越し

暦に恵まれず休みが短い年末年始。

客が集中するイコール航空運賃が高いので
すでに9月の帰省の段階で、
正月帰省はしない旨宣言しておいた。

結果、上げ膳据え膳の年越し実現。
たまには許されるよね、こんなことも。


帰省しないと決めたことを
たまたま親友のり平に話したら、
ワタシも!というではないの。

だったら温泉でも行く??
うん!行く行くーっ!

がしかし、手軽に行ける湯処の宿はどこも予約でいっぱい。
当初の夢はどんどんと打ち砕かれ、
温泉もない、見所もないところに宿を取るしかなかった。



29日の仕事納めはしっかり段取ったお陰で無事に準備できて。
15120607.jpg

十数年続いてきた恒例の冷えた宅配ピザと、全員には行き渡らない握り寿司、
スルメやおかき、ポテトチップスなどの乾きものがイヤで、
去年から仕切りを買って出たので、
それなりに労力はかかったものの、好評だったラインアップ。

ひとり一箱ずつのまい泉のカツサンドと、
船橋シャポーの魚耕から買って行った海鮮大太巻きなどなどと、
新橋雑魚さんに無理を言って作ってもらった揚げたて唐揚げと
チーズおつまみ、持参したトマトやにんじんのサラダなどなど。

出どころのわからないものは、こんなときでも食べたくないし、
食べて欲しくない。
おいしかったと聞けて、ちょっと安心。

しかしワタシは前の記事に書いた通り
ステロイド点眼薬を使っていたせいか、
あり得ないことにビールで顔が赤くなったので焦ってやめて、
夜19時からの船橋忘年会ではウーロン茶オンリーで通した。
飲めない宴席の辛さはあまり体験したことがなかったけれど、
仲間が徐々に酔っていく様を観察するのも悪くはなかった。

翌30日は大掃除ができる唯一フリーの日。
気になる窓周りとキッチン、玄関だけ気合いを入れて掃除して
各お飾りを備えてちょいと買い出ししたら日が暮れた。

そして大晦日。
のんびりと家を出て2時間、
花嫁にまったく縁がないふたりがたどり着いたのはこちら。
16010307.jpg

成田を過ぎ、佐原から鹿島線に乗り換えた頃から
ぐっと人が少なくなっていたのでわかってはいたが、
Suicaを駅員さんが人力で処理するあたり、
乗降客の少なさをつくづく実感。

駅前では、ヒマそうなタクシー運転手が視線を投げてくるだけで
期待した蕎麦屋は店構えをみただけで味が想像できちゃいそうな店と、
ランチ営業時間を早々終えた店しかない。

辛うじて営業してたスーパーでツマミとビールを買い込んで
風情のある常陸利根川沿いを宿まで歩く。
16010311.jpg

最上階の展望風呂からのビューはそれなりに絶景で、
部屋に戻ってプハーとやりつつ、
落ちてゆく2015年最後の夕陽を
まったりと眺める熟女ふたりだったのだ。
16010302.jpg

夕食は派手さがないが工夫された適量のおもてなし料理。
しゃぶしゃぶ肉の豆乳鍋も美味で、熱燗などいただだく。
16010308.jpg


部屋に戻ると布団が敷かれていた。
日本では至極当たり前のことだけれど、
外国人がこれを見たらどうするだろう?という話に。
最低のセキュリティーだっ!と激怒するよねということで
意見が一致して、そうこうする間にふたりとも寝落ちた。

一時間ほどで一旦目が覚めて、
どうにかこうにか除夜の鐘を聴き、
浴衣を正して新年の挨拶をしあって、再び寝入った。
女ふたりで語り明かすなんてかっこよいことができるほど
若くないし、そうするには酒をもう少し控えるべきだった。


元旦。
雲の上からちらっと初日の出を観て、
お雑煮用の餅をついてくださる様を眺め、
お屠蘇まで付いたお節をいただく。
16010305.jpg

15120609.jpg

お餅が他にも用意できるというので所望。
16010306.jpg

茨城だもの、きな粉やあんこじゃないでしょう。
コクがあっておいしい納豆、流石です。


近場の神社のオススメをフロントで訪ねたら、
常陸国一之宮の鹿島神宮と言われた。
混んでいるから行かないというと、
控えめながら間違いなく呆れたふうだったけれど、
それじゃあと素鵞熊野神社を教えてもらった。

16010303.jpg

鎮座800年。
菊花と三つ巴の紋あり。
狛犬さんが4組に、三人手をつないでもどうかと思われる
大きな楠があった。

この期に及んでここでもほとんど人を見かけない。
潮来の方々はいったいどこにいるのか。
車ばかり乗っていないで少しは歩いてでかけてはどうか。
あまつさえ初詣もいかないなんて。
(実際行っていないかどうかは不明だが)


初詣も終えたことだしそれじゃあ帰ろうかと
電車の時間を調べてびっくり。
一時間半以上電車が来ない。

利根川を越えただけで、こんなに交通事情が違うのかと
二人して脱力。
潮来あやめ園へ足を運ぶ。

潮来の伊太郎の像などあり、
よせばいいのにのり平がボタンを押したので曲が響き渡った。
潮来のい〜たろぉ〜 ちょっと見なればぁ〜…
16010312.jpg

あやめのないあやめ園…。
干上がった水田のような眺めが広がるだけだが、
満開の時期には相当な人出があるのだろう。
周囲にはスタバは言うに及ばずドトールすらないが、
セブンがあったのでコーヒーを買って来てベンチですすった。
今年もセブンには助けられそうだ。

来たルートをたどり、
成田山新勝寺参りの混雑をいくらか受けて帰宅。

夜はがめ煮を作り、買い置きしておいたもので夕食。
のり平からもらった下関とらふぐのひれ酒がヤケに美味だった。
16010309.jpg

お雑煮は前夜に用意だけしておいて、
いただいたのは二日の朝。
夜よりも朝に食べるものに分類しているのだワタシの場合。
16010304.jpg

汁に入れず具材ごとに保存しておくと傷みにくく
2、3日はおいしいお雑煮がいただける。
16010310.jpg

筍は二切れ500円という暴利に呆れまくりパス。
食べたからといってもうそうそう伸びる要素もないし、
よしとした。
あぁそんなことを言ったら数の子だって食べる必要ないか。
いや、おいしいから食べたいのだ。


そんなこんなでジムをサボっているにもかかわらずの食べまくりで
100%以上かつてのカラダに戻ってしまったけれど、
今年もおいしいものを作り食べることはやめない所存。

食べて動く。
これがワタシに一番合っているような気がする。


さてさて今年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさまそれぞれによい一年になりますように。







関連記事

| | 17:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

新年

明けましておめでとうございます。今年も宜しく。
今年も貴方にとってより良い年になりますよう
祈っています。

| sirouto | 2016/01/03 22:03 | URL | >> EDIT

Re: 新年

sitoutoさん

あけましておめでとうございます。
年明け一番のコメント、ありがとうございます。

今年も間が開きつつも続けますので
何卒よろしゅうお願いいたします(^-^)/

| なおネィ | 2016/01/03 22:26 | URL |

おめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

わが社の打ち上げは取りに行くと半額のピザ(当然勤務中に取に行く)と全国的お弁当チェーンのオードブル(美味しくないのは言うまでもない)と宅配のお寿司。幸い忘年会をケチったおかげで予算は余ったみたいで量だけは十分に
もっとも日理からお酒を飲む習慣がない私はウーロン茶でお茶を濁しました。

旅館でお正月というのは一回やってみたいと思いつつまだ未経験
奥さんは喜ぶだろうけどね
そのうち考えよう もうちょっとすると暇を持て余すことになりそうな年齢だし

| BLACK | 2016/01/04 10:09 | URL |

Re: おめでとうございます

BLACKさん

お年賀状、ありがとうございますー。
こちらこ、今年もよろしくお願いします。

宿で過ごすお正月は家を切り盛りする女性のために
あるような気がします。
お節を大幅に手抜きできるんですからー。
でもBLACKさんは日頃から愛妻家ですから必要ないかも?ふふふっ。

打ち上げ…。
大きな企業だと、納会や忘年会も画一的にならざるを得ないのかも
しれませんねぇ。
しかし冷えたピザとまずいお寿司って定番なんですねー。-O-

| なおネィ | 2016/01/04 10:18 | URL |

なおネィさま、新年明けましておめでとうございます。(^-^)
今年も宜しくおねがいします。

近場ですけど、静かで良い年越しが出来ましたね。夕陽の綺麗さ素晴らしさは写真からでも充分に伝わってきます。
若い時とは違い自分も今は混んでる場所は避けるようにしてます。この人の少ない静けさの中の潮来。私は好きですよ。

早くkさんとツーリングに行けるようになると良いですね。ツーレポも楽しみにしてます。では。

| バンバン75 | 2016/01/04 21:04 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

バンバンさん

おめでとうございます。
こちらこそどうぞよろしくです。^^/

潮来、行かれたことありますかそうですか。
バイクでチラっと行ったことはあったんですが、
まったりしたのは初めてで。
まだまだ知らないところばかりです、ホント。

今年もKはときどきとーんと遠出する程度かな。
近場をちょこちょこ乗るモチベーションは
あまり上がらないような気がします。
軽ーい一台が欲しいな。

| なおネィ | 2016/01/04 21:16 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4280-7f058e3a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>