なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ズタボロな帰省

2日間の有休を挟んで、
4泊5日も帰省してきました、ワタシ。

のんびりとリフレッシュしに帰っていたのは
10年ほど前くらいまでで。
年々年老いていく両親が日頃できないこと、
やっておいてあげたいことをしにいく。

それがここのところの帰省なのだけど…。

今回はどうにも情けない顛末になっちゃった。



帰省前日、なにやら喉に痛みを感じて
漢方薬を飲みティーツリーで鼻うがい、喉うがいに励み、
首にタオルをぐるぐる巻いて、
マヌカハニーをお湯で溶いて飲み、
生姜とニンニク入りのみそ汁を、
昼も夜も食べたけれど、微熱が出てた。

この前調子に乗って、風邪を引かないなんて書いたばかりだ。
絵に描いたような足下の救われっぷりは、
かっこ付けていてもどこか抜けてるワタシの骨頂だわね。

そうして出立の4日の朝は、
喉の腫れは鼻の奥まで広がり頭はぼんやり。


鼻うがい器以外のすべての風邪対策アイテムを
一番大きなトロリーにがさーっと詰めて、
しかしまだこの頃は並のテンションをキープしたまま羽田へ。

ただ頭がぼわんとしていたせいか、
大きなトロリーを引きずったまま手荷物検査場へ入ろうとして
係のお姉さんに
ーお預けのご予定はおありでしょうか…?
なんてやんわり注意されて。
初心者みたいな失敗をさっそくかます。

搭乗待合室からは、
まるで陽気なバカンスの幕開けのようなご機嫌な青空とJAL機のビュー。
15050901.jpg

がしかし、離陸直後から眼下には雲が広がって、
せっかく取った12Aからの富士山も雲まみれ。
これが現実ってことよ。
15050914.jpeg

着いた博多はどんたく真っ盛り。
地下鉄にもこんなステッカーが。
15050907.jpeg
飛行機からみえた中州はすごい人出だった。

福岡空港に着いた足で
従兄弟が営む焼きやき亭へ向かうのは今度で二度目。

風邪で前の日、微熱があってねぇ…

なんてつぶやきをまともに取り合ってもらえるはずもなく、
ほら飲まんね食べんねと、伯父伯母、駆けつけた母から
恒例の歓待を受ける。
15050903.jpeg
有無を言わせないという、まさにアレだ。

あくまでフワッと積まれたキャベツが美味の
名物お好み焼きを今回も。
15050912.jpeg

そんなこんなで
さすがにいつもよりも早めに母と実家へと向かって
父にただいまーっ。

翌朝も喉は真っ赤ながらそれでもなんとか母とふたり、
地元のAEONへ買い物へ出かけて、
風邪が抜けきらず本調子ではない母の希望で夜はお寿司。

出前とは思えないトロに、喉の腫れも忘れるなど。
15050906.jpeg


喉の腫れが下がってイガイガとむずがゆくなり、
咳が出始めたのが6日のこと。

新型の体温計にカルチャーショックを受けたけれど、
そんなこととは関係なく、やっぱり微熱が続いていて。
15050905.jpeg

7日の休み明けにたまらず朝イチで地元の耳鼻科へ行って
1時間半待たさせれて診察4分。
副鼻腔炎との見立てで、とうとう抗生剤を飲むハメに。

ランチ以外は寝て過ごし、
夕方からは従兄弟たちとの約束をこなしに博多へ…。
ってまさか、飲みに行ったの?と言うなかれ。

職業柄滅多に飲みに行けない従兄弟夫婦と
楽天ブログ時代からの友達さっちゃんと、
逢わずに帰れますか?なわけなのだ。

従兄弟夫婦とは、お互いの親のことやら健康のことやら、
ひとりでハワイ旅行へ出かけて
Triumphに乗って来たさっちゃんの爆笑旅レポとかとかとか、
ゴマ鯖ならぬゴマはまちやクジラ刺し、きびなご揚げなどつつきつつ
極薄のお湯割りをチェイサーといっしょにちびちびやった。
15050908.jpeg

15050909.jpeg

ほとんどシラフで実家へ戻り、
翌日はやっと今回のTo doである食器の撮影に取りかかる。
母が買い集めた大量の食器を売るためだ。

夫婦ふたりの所帯に置いておいてももったいないのでと
去年から予定していたこと。
ワタシが使えるものは引き取ったけれど、
5枚、5客と揃っているものは我が家でも持ち腐れになる。

前回は実家にあるアルコール類を画像に撮って
ネットで買取業者から見積もりを取ったけれど、
飲んじゃった方がいいんじゃない?程度の額にしかならなかった。
食器はほとんど使っていないものが多いし、
小石原や有田などもあるので
多少はなんとかなるんじゃないかと踏んでいる。


今日は10時には実家を出て、
帰省恒例、博多駅因幡うどんで早いランチをと思ったものの、
さすがに食欲がなくて断念。
空港のうどん屋に甘んじたけれど、案の定ハズレだった。
15050910.jpeg
つゆの塩気が強すぎるし、
ほわほわとしていながらも芯のあるうどんとはほど遠く、
機械打ちなのだろう、ヤケにつるつるとして
ワタシが好きな博多うどんとは別モノだった。

官兵衛なんて焼き印付けてる時点でダメだよ、なにしろ。


でも、捨てる神あればなんとやらで、
ここへきてやっとプチラッキーに恵まれた。
大きなトロリーを預けたら、窓側の席のご用意ができますがと
グランドのお嬢さんからステキなおもてなしが。
二つ返事で替えていただいたら隣は空席だったのだもの。


やがて、いよいよ離陸というころ、
窓の外にはにこやかに手を振るランプの方々(クリックでちょい拡大)
15050911.jpeg

バイバイ…と、心の中でつぶやいたら悲しくなった。
結局、納戸やロフトの断捨離にはまったく手がつけられず、
いったい何をしに来たんだかわからない自分にまで手を振ってくれるなんて。
気が向いたときにふらっと行ける距離ではないのにお粗末過ぎる自分に
ありがとう、また逢いましょうだなんて申し訳なくて。
ちょっぴり、泣いた。

とはいえ今回はウルトラだかスーパーだかの早特で
3月にはクラスJを予約をしておいたので
ただでさえの広々シート&お隣に乗客はおらず、
周囲はビジネスマンばかりゆえ
子供の泣き声に我慢を強いられることもなく、
本を読み、音楽に浸り、機窓から地上を俯瞰し、
それはそれは快適な1時間半。

悲しいけれど嬉しくて、ラッキーだけど切ない復路だった。


ちなみに早速購入した頭でっかちの体温計は、
予測検温が30秒だった実家のそれよりもさらに進んで
20秒で計れる最新式だ。
15050913.jpeg

熱がなくても何度も検温してみましたとも。


中身がショボすぎた9連休も明日でおしまい。
とーさん、かーさん、ごめんなさい。





関連記事

| | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大変な休暇でしたね
でもまぁ計画通りいかないのは世の常ですし
また行く楽しみが増えたということで   ね

博多ラーメンは知っていたけれど
博多うどんは初耳!
やはし九州は奥が深そうです
定年になったらゆっくり走りたいな

| black | 2015/05/13 20:07 | URL |

Re: タイトルなし

blackさん

> 博多ラーメンは知っていたけれど
> 博多うどんは初耳!
タモリが以前博多うどんの店を東京に出したんですけど
流行らなかったらしいです。
独特のうどんの食感がダメだったのかなー。
私は大好きだけど。

> やはし九州は奥が深そうです
> 定年になったらゆっくり走りたいな
いいなぁ。
私は定年になったら仕事掛け持ちしないと
飢え死に必至です。TT

| なおネィ | 2015/05/15 14:28 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4254-a938e206

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>