なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

高野山から難波へ

天空の聖地からお笑いのメッカ、なんばへ。

神聖な世界から一気に猥雑な繁華街へと移動した
関西旅の2日目。

やっぱり旅はいいな。


宿坊の朝は早い。

ー6時にはお布団を上げさせていただきます。
前日にそう言われていたので5時には起き出して身繕い。

6時半からは敷地内にある本堂で朝のお勤めに参加。
昨夜いただいた数珠を手に、お堂へ行けば
大きなストーブが炊かれホットカーペットまで敷かれていた。

前日にお部屋でチェックインの手続きをしていただいた、
去年大学を卒業したばかりの若いお坊さんを中心に
5人で唱えるお経のすばらしいこと。
脳の随に沁み入るような響きは心が洗われるような想い。

途中の焼香で一旦和らいだものの
30分近い正座はどうにもムリだったけど。


そうして7時から朝ご飯。
夕食同様、食事用の個室にはすっかり用意が整ってた。
でも、味噌汁はちゃんと温かい。すばらしい。
15032833.jpg

8時過ぎには宿を出て、
前日にバスから見て気になっていたぜんざいを食べにいく。
15032901.jpg
美味!

高野山最後の見物は、高野山駅に一番近いここ。
15032840.jpg

手前は家康、奥が二代将軍秀忠の墓。
15032839.jpg
建造に10年を費やしたと言われるだけあって、
古めかしくもきらびやかな細工が格式の高さを感じさせる。
徳川頼宣の墓は奥之院にあったのだが。
さすがに家康は石田三成とは離れたかったのか…。


9時半を過ぎた頃バスで高野山駅へ向かい、
来たときとは逆向きにケーブルカーで山を下る。
15032841.jpg
転げ落ちそうな傾斜の乗り場は
1/3ほどが外国人観光客。

下る先はこんなビュー。
IMG_1842.jpg


2時間かからずに南海電鉄難波着。
人で混み合う商店街をそぞろ歩きながら
なんばグランド花月となりのたこ焼きやさん、
わなかの列に並ぶ。

人気店だけあって、焼いてる量がハンパない。
15032845.jpg

焼きが早けりゃ人捌きも手際よい。
ーはーい、もっと詰めて並んでくださいねぇー。
ーおねーさんはどーしますぅ?
ーマヨネェズはかけていいですかぁー?
15032844.jpg

行きの南海電鉄のおっちゃん以来、
やっと大阪弁で話しかけられる。
自分のイントネーションがそれにひっぱられてしまい
相棒に、気持ち悪いからやめてと言わる始末。
順応性がいいのも考えもの。

4種類が相乗りした8個いり500円なり。
15032851.jpg
皮はしっかり焼けているけれど中はトロトロ。
くったりしているので串2本で食べるのはコツが必要。
せっかくかけてもらったネギがうまく食べられない。

ここから怒濤の食い倒れ。

食べておけと尼崎出身者に言われたイカ焼き。
15032847.jpg

一度付けでお願いしますと言われた串揚げ。
タマネギが一番おしかった。
15032843.jpg

このほか、ちょっとソースが甘過ぎたドテ焼きと
病み付きキュウリなどをビールでやって駅に向かっていたら
551蓬莱を発見!!
15032849.jpg

これ、具がジューシーでホントに美味。
買って帰ればよかった。
15032846.jpg

帰り便は関空が取れなかったので伊丹発。
空港まではリムジンで。
お酒屋さんの一角にあった日本酒自販機器で
おちょこ1杯100円の吟醸酒を2杯ほど飲んで
旅を締めくくったのだった。
15032848.jpg

駆け足ながら非日常を満喫できた2日間。
アンテナを張ること、思い立つこと、実行に移すことの大切さも
ひしと感じた旅だった。

関連記事

| | 20:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

続けて更新されていましたので、再度コメントを送らせていただきます

なおネィさんは知っておられたかどうかわかりませんが、高野山はこの4月2日より約2ヶ月間、空海による開創1200年記念の法会が行われますので、その時期に来られていれば今回のようにゆっくり参拝は出来なかったと思いますよ
精進料理は少し物足りなかったとは思いますが、その分食いだおれの大阪でしっかり食されていたようでなによりです

話は変わりますが、高野山は12月初めから3月末ぐらいまでは積雪のためバイクには乗れません(しかし、郵便配達のスーパーカブはチェーンを巻いて逞しく走っております)
時には4月に開花した桜に雪が積もるなんてこともあります

なので、4月以降はバイカーの少ない日など、仕事が終わってからちょっと龍神スカイライン・・(これはちょっと自慢です)とか、週末などは龍神スカイラインから白浜、本州最南端の串本を経由して伊勢までの海沿いを走って帰ってくるなんていうこともあります

図に乗って2回もコメント送りましたが、これからは隠れファンとして応援していますのでがんばって更新お願いします

それでは・・・






| M | 2015/04/01 00:50 | URL |

Re: タイトルなし

Mさん、連投ありがとうございますっ。

> 続けて更新されていましたので、再度コメントを送らせていただきます
>
> なおネィさんは知っておられたかどうかわかりませんが、高野山はこの4月2日より約2ヶ月間、空海による開創1200年記念の法会が行われますので、その時期に来られていれば今回のようにゆっくり参拝は出来なかったと思いますよ
実はそのニュースをとある番組で観て思い立ったんです。
おっしゃる通り、法会が始まれば大混雑になると思って、
その前に滑り込んだのでした。
都会にいる割に人混みは大嫌いなので
正解だったようです。^^/

> 精進料理は少し物足りなかったとは思いますが、その分食いだおれの大阪でしっかり食されていたようでなによりです
ふふふっ、お櫃にたっぷりご飯があったし、大満足でした。
結果、2日間で1キロ増です。TT

> なので、4月以降はバイカーの少ない日など、仕事が終わってからちょっと龍神スカイライン・・(これはちょっと自慢です)とか、週末などは龍神スカイラインから白浜、本州最南端の串本を経由して伊勢までの海沿いを走って帰ってくるなんていうこともあります
あー、やはりうらやましい限り…。
串本はツーリング情報誌などでもよく目にする地名ですね。
どこへいくにもまずは渋滞を抜け、
そして帰りはすり抜けを余儀なくされる高速道路を使わないとならない
バイク環境からすると夢のようです。

> 図に乗って2回もコメント送りましたが、これからは隠れファンとして応援していますのでがんばって更新お願いします
>
> それでは・・・
ありがとうございます。
すっかりズボラになっていますが、励みになります。
これからもどうぞよろしくお願いします。

| なおネィ | 2015/04/01 10:47 | URL |

関西に来られていたのですね♪

ご無沙汰しています(^^;)

高野山で宿泊されたなんて
素敵な経験をされましたね。

私も何度となく行きましたが
豪族たちのたくさんの墓石の前では
毎回立ち止まってしまいます。
精進料理もなかなかのボリュームですね。

そしてそして難波では
こってり大阪を満喫されましたね~
たこ焼きにイカ焼き、串カツに
蓬莱の豚まんまで(笑)
何が一番美味しかったでしょうか?

いつかバイクでも関西に来てや~関西弁で(笑)
その時は、あの針テラスでお会いできたらなと・・

| sarasara | 2015/04/01 15:44 | URL | >> EDIT

Re: 関西に来られていたのですね♪

sarasaraさん、こちらこそご無沙汰ですー。



> 私も何度となく行きましたが
やはり!
もっとラクに行けるならまた行きたいですもーん。

> 精進料理もなかなかのボリュームですね。
そうなんですよ。
いいダイエットになると思いきや…、
逆に太ってしまいました。TT

> 何が一番美味しかったでしょうか?
たこ焼きと肉まんですっ!
甲乙つけがたいけど、もう食べられないかもしれない…
という点でわなかのたこ焼きかぁ?

> いつかバイクでも関西に来てや~関西弁で(笑)
> その時は、あの針テラスでお会いできたらなと・・
いやー、ホントホント、いつかは行きたいですー。
高野山で、“龍神”という標識をみたら走りたくなりました。^v^

| なおネィ | 2015/04/01 18:22 | URL |

ども

この間、仕事中にさぼってたまたま通りかかった池上本門寺へ行ってみました。
アオコもなかなか古くて力道山の墓なんてのがあったりしましたよ。
最近神社仏閣にはまっている私ですので高野山も一度は行ってみたいものです
しかし・・・信長!信玄!豊臣!!!なんてお墓があるんだ・・・・初めて知りました

| black | 2015/04/04 15:45 | URL |

Re: ども

blackさん

> この間、仕事中にさぼってたまたま通りかかった池上本門寺へ行ってみました。
> アオコもなかなか古くて力道山の墓なんてのがあったりしましたよ。
あー、大田区にいたころに一度行った事がありますー。
力道山のお墓!あったんですねぇ。

> 最近神社仏閣にはまっている私ですので高野山も一度は行ってみたいものです
> しかし・・・信長!信玄!豊臣!!!なんてお墓があるんだ・・・・初めて知りました
そう!同じ寺にあるなんてびっくりです。
法会が落ち着いてからがオススメですが
ぜひ宿坊泊で行ってみたください。
できれば丸々二日ほどはぶらついてじっくり観たいところです。

| なおネィ | 2015/04/07 21:31 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4247-6a3d815c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>