なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2度目の詣で

9日も休ませていただいて、この年末年始の暦の並びは
恐悦至極ではあったのだけれど、
単に仕事に行きたくない気持ちを助長したに過ぎない気も。

なんてことを言っていてはまたイヤな気を呼ぶだけ。
淡々と前を向いて進むべし。

とか思いつつ、発会のために早めに家を出て
駅へ向かったのだが…。


いつもよりも早いとは言え、ヤケに行列が長いホームにイヤな予感。
仕事初めだというのに、横須賀線で急病人が出たらしく、ダイヤが乱れてた。

余裕で間に合う電車だったのに新橋着は11分遅れ。
あぁ、早速に末吉の影響だ。


ギリギリ発会の銀粉入り清酒にありつき
ー別に飲みたいわけじゃなかったけれど縁起ものだしねー
バタバタとしていたら社長に声をかけられた。

なおネィさん、愛宕神社行くよ!!


あぁ、そうだった。
たまにはみんなで初詣くらい行った方がよくないですか?
そんなことを年末に宣ったのはワタシだったんだ。

幹部連中と希望者とともに虎ヒルを見上げながら愛宕神社へ。

休み間にすっかり脂が乗った体で出世の階段が登れるのか…?
内心そんな不安があったんだけど、着いてみればこの通り。
15010502.jpg


ここ、愛宕神社は家康が建立したことで知られている。
中でも出世の階段と呼ばれるこの急峻な石段は有名で、
行きは概ねこの石段を、そして帰りは裏にある坂道を下るのが一般的。

一気に登るチャレンジは免れたものの、途中で振り返ると目眩がしそう。
ヒルズにすっかり見下ろされるなんて、家康もびっくりだわね。
15010503.jpg

愛宕神社は海抜26メートル。
津波が来たらここまで逃げるしかないんだねぇなんて話したことがあったけど、
311クラスに襲われたらここも水没だ、やれやれ。

境内にクネクネと続く列に30分ほど並んで、やっと境内正面に来たころには
列が愛宕通り沿いにまで伸びていた。
15010501.jpg


御朱印集めが趣味という同僚曰く、お参りの前に住所と名前を言うのが
正しい参拝方法だという。
生まれて初めて、頭の中で唱えてみた。
ちゃんと聞き届けてもらえたかしらん。

しかし引いたおみくじはまたしても末吉。
やはり今年はことごとく末吉な一年なのだな。


そういえば、友達が百圴で買ったものだけど使えるよとくれた
iPhoneの充電ケーブル。
15010504.jpg
ちょっとドキドキしながら繋いだら、まともに働いてくれた。

ワタシは知らなかったけれどシルクという百圴らしい。
でもなにせ100円なので、使うかどうかは自己責任でひとつ…。
関連記事

| 未分類 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4228-25a02fa4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>