ブローチ修理

2 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅程を告げた人たちのほとんどから、

えっ?とかはぁ?とか言われた日本縦断の旅。

いろんな収穫があった旅だったけれど、
実家の母からは宿題が出た。

若いし東京にいるんだから、
なんでもできるとに思い込んでる母のオーダーは
意外と厄介なことだったりするからコワい。

ブローチの留め具が壊れちゃったの、修理に出してくれる?

口頭でそう告げられたきり半日くらいが経った頃、
おもむろにテーブルに置かれたのはこの2つ。

これはピンのほうが根元から取れていて
14102102.jpg

金色のこちらは風車部分がポロリといってる。
14102101.jpg

半田付けで簡単に直ると思って、修理屋さんをネット検索。
浅草のSHI●WAというお店に画像を送ったらあっさり断られた。

ーこのブローチは材質がアンチモニと思われます。
ーアンチモニは修理するようには作られていないので
ー直しは無理かと思われます。

素人的にはまったくの想定外。
直す努力のカケラもない文面にもちょっとあんぐり。

あーそうかい、そうですか。
でも納得いかないな。
他にも手がありそうな根拠のない自信に突き動かされて
手先が器用な雑学王(失礼)に尋ねたら
どうやらやりようによっては付くらしい。

それみろ。

そこからまた検索。
アンチモニとかいう聞いたこともない金属をキーワードに
ブローチ修理ができるお店を調べたら立川に頼みの綱発見。

その名も野口装身具さん。

画像添付のメールを送ったのが定休日だったらしく、
翌朝一番に電話がかかってきた。

画像を見る限り修理は可能とのことなのでさっそくブローチを発送。
到着時に再度お電話をいただいてお見積もりいただき、
あっという間に直していただいて返送いただいた。

送って修理が終わって手元に戻るまで僅か5日間。
こういう迅速な対応、大好きだ。


アクセサリーケースにしまったままの石が取れた指輪やら
鎖が切れたペンダントやら。
まとめて直していただこうかななんて気になってる。


関連記事
ページトップ