なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

秋の夏休み 〜富良野美瑛ツー〜

今朝は…というか、昨日の朝から気が重かったのは
1週間ぶりの出社のせい。

それだけ楽しかったということと思うしかないわね。

もう8日も経つと忘れ始めたこともあるので、
旅レポも急ぎ書かねば。

そんなわけで旭川での2日間からスタート。


出立は20日土曜日。
早い便が取れず、千歳へと飛び立ったのは16時半だった。

クラスJも取れず、顔をしかめたくなるほど煙草くさい男性と
テイクオフからランディングまでずーっと機内誌をひたすら読んでいる
20代とおぼしき若者にはさまれて千歳着は18時過ぎ。

直近のエアポートライナーは札幌駅での乗り換え時間が5分しかなく、
例によってヘタな伝説を作りそうな予感がしたので、
旭川まで乗り換えなし直通の次の列車に余裕で乗車。
先頭の席だったので乗り心地も余裕。
ニセコという地元の水と、懐かしくて涙がちょちょギレそうなスノーマンを
キヨスクで買って。
14092001.jpg

札幌を過ぎて、エアポートライナーからスーパーカムイに便名が変わるころ、
トンデモナイ忘れ物に気付いて悶々と悩んだけれど自分を信じてみることにした。

…。

旭川駅に辿り着いたのは21時半。
車移動がほとんどという地元の方々にはあまり馴染みのない
やたらと大きくて広くてスタイリッシュなデザインの旭川駅で
お出迎えいただいたDocroさんご夫妻と無事にミート。

すぐさま2日間の宿となる上川研修センターへと送っていただいて
では明朝!と部屋で荷を解いた。

Docroさんにご紹介いただいたこの研修センター。
お風呂とトイレは共同、かつ素泊まりオンリーなんだけど
宿泊施設が併設されていて激安で利用できる。
旭川駅まで車で10分もかからない立地といい、
道央ツーリングの起点にするには超オススメ。
来年も利用させていただく気満々。


さて、翌朝。
気温は今季一番の冷え込みの8.5℃。
目覚めたときは晴れていたものの、
徐々に霧が出て街はミルク色。
14092102.jpg

昨夜久しぶりに会ったばかりで別れたDocroさんに
8時に迎えにきていただいて移動。
Docro邸のガレージから登場した本日のワタシの相棒、
トリッカーさんどーぞよろしく。
14092101.jpg

足付きのよさと軽さを跨がってみて確認。
ドキドキしていたけどちょっと安心。

ーひと回りしてきますか?
ーどこ行ってもいいですけど、戻ってきてくださいね。

はーい!じゃあ行ってきますー。
2ブロックほど走りながら、SR以来のシングルを体感。
ローギアのエンブレにつんのめってアタフタしつつ
インカムを繋いでさて行きますかー。

富良野に着く頃にはこの晴れっぷりだ。
14092103.jpg

パラパラと見かける観光客に、日本語を話す人はほとんどなく、
すれ違うバイク乗りも手を上げてくれない。
もう内地からの客はほぼいないのだ。

でも空は高く、未だ花は盛りだし、山は雪を頂いている。
ツーリングは9月がベストだ。
14092105.jpg

パートナーは顔を隠すのがもったいないくらいのいい笑顔のDocroさんと
14092113.jpg

初めましてなのに実に軽快に走ってくれるトリッカー。
14092114.jpg
ホントにありがたいことです。

親子の木のそばにて。
14092104.jpg

遠くから見た方が様になるかもだけど、
バイクとセットで撮れてナイスだ。

仕事柄いやってほど画像では観ている四季彩の丘もまだ花盛り。
現物は画像なんか目じゃない圧倒的な美しさだ。
14092106.jpg

少し早いお昼は富良野の花七曜
14092108.jpg
こんなにステキなカフェ情報をいったいどうやって仕入れるのか。
3年前にも書いたけれど、Docroさんのアテンドは
素人にしておくにはもったいない。

14092107.jpg
チョイスしたのは花ランチ。
その名の通り、丸くレイアウトされた器にはおいしいものがたっぷり。
焼き鯖の柴漬け乗っけ
ピーマンの生姜焼き
ジャガイモのキノコソース乗せ
かぼちゃの胡麻ボール
コーンスープ
トゥルっとしたやわらかなプリン

ところでこの日の出で立ちはというと、
吸湿速乾長袖ジップアップシャツ
ハイネックフリース
ゴアウインドストッパー
インナーダウン
普段着の薄手のチュニックコート

お店の中はポカポカだったので
コートとダウンとウインドストッパーを立て続けに脱いだ。
すっかり気温は上がった感じ。

いやはやお腹一杯になりましたーと
ダートに止めたトリッカーに跨がって出発しかけたら、
ニュートラルからローギアに勢いよく入れ過ぎて
クラッチペダルが6時の方向にまで回ってしまい、
…つまり壊してしまったのだ。

固いKのペダルに慣れちゃったせいとはいえ、
突然足の下から無くなったペダルにびっくり。
すかさず直してくれたDocroさんが神に見えた。

だけどジェットコースターの道を走行中、
ワタシの左足の力加減がまだトリッカーには強過ぎたようで
再びペダルが6時方向へ。
暢気にDocroさんの愛機を撮影なんざしている陰で…
14092116.jpg

どんだけ怪力なんだよぉったく…といいながら
修理に没頭するDocroさんがいた。
14092115.jpg



食後のデザートは、富良野にできたカンパーナ六花亭のコレ。
目の前にぶどう畑が広がるカンパーナ限定のふどうソフト260円なり。
クラッカーはDocroさんが店員さんに内緒話をしてゲットした雪やこんこ。
普通にオーダーしても乗せてくれない。
14092109.jpg

どこまでも大きな空の下、空気はうまいしお腹一杯。
紅葉が始まった十勝岳に登りますかー?と
インカムから聞こえたDocroさんの声に、行きましょー!と応えて
前回はこんなクネクネ走らなかったよねーと
そこそこ回り込んだコーナーやっつけながら登った先には
こんな光景が広がっていた。
14092110.jpg
朝の冷え込みといい、秋を先取りだ。

十勝岳を下って立ち寄ったのはブルーリバー橋。
高いところが好きなワタシでも、ちょっぴりザワっとした高さの
橋の上から見下ろす川はその名の通り青い。
14092111.jpg

Appleのサイトに採用されたことでここ1、2年異様に人気が出た
青い池の上流にあたるここは、なぜか観光客は多くない。
池を観るなら上流も押さえとかなきゃダメなんじゃないのかい。
それくらいリサーチして来て欲しい。
ちなみにこの後青い池へと繋がる道を通ったら、
青い池の駐車場待ちの車が美瑛方面から1キロほど繋がってた。
お盆時期はいったいどうなってたんだろ。
去年の10月は駐車場も空いてたっていうのにな。

そこからは一路Docro邸へ。
たった一日だったのになんという充実感。
野を駆け、山を登り、花を愛で、大地の贈り物を食し、
こんなに心地のよいツーリングが日常的にできるDocroさんが
うらやましさを通り越して憎くなった。

心地よい疲れは、ひとっぷろ浴びた後の晩餐で弛めて。
14092112.jpg

三年ぶりにお会いしたDocroさんの奥様がオーダーする
ツボを抑えたメニューをガンガンいただく。
ジンギスカンの唐揚げも、ラーメンサラダもならではだ。


シアワセな旭川Two Daysはまたたくまに過ぎて
翌朝は曇り空からのザザ降りだった。

札幌Two Daysに続く。



関連記事

| ツーリング | 19:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぬおー

ぬおーっっっ

読んでるだけで全てを捨てて北海道へ行きたくなりましたρ(・・、)

九月は最高と聞きます!

いいなあ。

九州、四国、行きたい所は沢山あるけど、夏休みになると知らぬ間に北海道行きのフェリーのチケットをぽちっとしてまう。

来年も行けるかなあ、行きたいなあ、行くために頑張る!
続編、指を加えて待ってます!

| かお | 2014/09/29 21:50 | URL | >> EDIT

Re: ぬおー

かおちゃん

> 読んでるだけで全てを捨てて北海道へ行きたくなりましたρ(・・、)
なのよねぇ。
年に一回じゃ足りんとですよ。

> 九月は最高と聞きます!
道も空いてるしやっぱり9月だよ。
中旬くらいまでなら寒さも知れてる。

> 続編、指を加えて待ってます!
ありがとー。
がんばる!

| なおネィ | 2014/09/29 22:11 | URL |

まったくドクロさんのアテンドは有料でも是非お願いしたいくらいですね
しかし
チェンジペダルを踏み抜いた!?
そういうトラブル初めて聞きましたよ 
あれはちょっとやそっとじゃ壊れないと思うんだけどな
ねじ緩んでいたのかね

| BLACK | 2014/09/29 22:13 | URL |

Re:

BLACKさん、とほほー。
前にセルフ修理したとは言ってましたが、
迷惑かけちゃいました~_~;

そもそもが怪力だと勘違いしてますからね。
これでまたヘンな烙印押されたんだろなー。
(。-_-。)

| なおネィ | 2014/09/29 22:26 | URL |

怪力の

なおネィさん,こんばんは。

その節はご一緒頂きありがとうございました!
ブログにお邪魔する機会が減ったので更新しているとは気付きませんでした。

チェンジペダルの件ですが,立ち乗りすることが多いので,通常よりペダルの位置を下げているんですけど,そのせいでストンと落ちやすくなっているのかもしれません。

が,そこそこ悪路も走っているので,壊れ気味なのはあるかもです。

ただ,「なるほどね,かかと落とし…。」とか,
心の中で思っていたのは内緒です。

しかし,同じ日のブログを書いた自分とはいえ,さすがの表現力ですなー。
一気に読み終えちゃうのが不思議です。

| Docro | 2014/10/01 20:48 | URL |

Re: 怪力の

Docroさん おばんです。


> その節はご一緒頂きありがとうございました!
> ブログにお邪魔する機会が減ったので更新しているとは気付きませんでした。
めっきりおさぼり気味でしたが、
さすがにネタ満載の旅だったので忘れないうちに書いちゃいました。^^;

> ただ,「なるほどね,かかと落とし…。」とか,
> 心の中で思っていたのは内緒です。
こらこら、ただ…じゃないでしょ、そうじゃーないし。
タイトルの“怪力”もなんか違うし。
今回はそもそもが尋常じゃなかった訳だしね(謎)
まぁそれも動揺のひとつってことで、ね。

> しかし,同じ日のブログを書いた自分とはいえ,さすがの表現力ですなー。
> 一気に読み終えちゃうのが不思議です。
正直、ワタシはDocroさんの笑いのセンスがうらやましいです。
ひろこもかなり笑ったようですよ。

次回はそこんところも盗んで帰ろっと。

| なおネィ | 2014/10/01 21:10 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4208-e4c22683

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>