なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

災難は続く

ブログを書くヒマも気持ちの余裕もなく、
あっという間に毎日が過ぎてったのは、
迫り来る誕生日を嫌ってのことだったのでしょか。

ますます微妙な年齢になってしまったけれど、
まぁそれでも“まだまだ”と感じていられるのは救い。

いや、ただ能天気なだけだったりして…。





バリバリに削れてしまったKのアッパーカウルを
やっとこさ塗装に出しに行ったのは今月最初の土曜日だった。

新旧2枚のカウルをしょって、
アチャさんの刀を駆るBoxerさんにタンデムして向かったのは
2年前、山中湖へ向かう途中にぶつけられて削れたカウルを
塗装
していただいた、八王子のグランツさん。

お久しぶりですーと2階に上げていただいて、
二枚のカウルを前に修理の方法を検討。
14091508.jpg

その場でお見積もりをいただいて、
後日飛んでいく諭吉の数に密かに失神しそうだったけど、
高取社長の気さくなキャラに引き込まれて
楽しいオハナシにすっかり長居をしてしまった。

この日は暑いわ、刀のシートはオシリが痛いわ、
背負っているカウルは重たくて背中も肩も痛いわ、
タンデムゆえ環状線を迂回すべく遠回りを強いられるわで、
まるで修行のような道中だった。



先週は自然界でもいろいろあって。
中秋の名月は晴れずに縁がなかったけれど、
翌日は帰り道を煌煌と照らすスーパームーンがビューリフォー。
14091509.jpg

その翌日の夜は絵に描いたような土砂降りになり、
翌朝も叩き付けるような雨でジーンズがすっかり濡れた。
14091510.jpg

濡れて冷えたことが影響したはずなどないんだけれど、
この日の帰りがけに妙なことが起きた。
これがまさに災難の始まりだったのだが。

Macの電源を落として帰ろうと立ち上がったときに、
ニブい痛みを右腰に感じていて、
それでも気にするほどではなかったので帰宅して
夕食を作って食べて、さて片付けるかと立ち上がったら、
四、五年来、久しく味わっていなかったギシギシとした傷みに
中腰のまま固まってしまった。

やっとこさシャワーに入るもパジャマの下は激痛ではけず、
翌、金曜の朝は顔が洗えない事態に。

翌日からはバースデー三連休。
イベントやらTO DOが待ってるし、来週は待望の夏休みだ。
くすぶっている場合じゃないし、会社に行っている場合でもない。

うーとかひーとか呻きながらやっとのことで起床。
キッチンの床に落ちているエコキャップやら
シリアルのカケラは見なかったことにして、
手が伸ばせる範囲で家事を済ませてから
誕生日が同じ友人、漢ちゃんの整骨院でマッサージや電気治療を
施してもらった

船橋からは2時間かかるけれど、
症状を診ながら熱心に手を尽くしてくれる上に、
自宅でもできるリハビリや体操を教えてくれる。
しかも健康保険が適用されるんだから有り難い。
スポーツによるケガにも強いので、お困りの方にはオススメ。
“漢ちゃんの整骨院”は俗称というか、ワタシが呼んでいるだけで、
“湘南アスリートファクトリー”が正式名称なので悪しからず。
(最近目の前のビルにオープンしたふくろうカフェも気になる)


いくらか軽くなったとはいえ、まだ立ち座りに支障があるカラダで、
貪欲に向かったのは地元でのプレ誕呑み。
14091511.jpg
こことか、こことか。

最近、自分の正確な年齢が咄嗟にわからなくなってきていて、
55とか60とか、切りのいい年齢になるまで、このファジーな感覚は
続いていきそうな気がする。

…いや、50を過ぎてから若返っていってるつもりなので、
次の切りのいい年齢は45だった、失敬!




そんなことは置いておいて、
誕生日当日は銀座へ。

9本の指を凍傷で失ってもなお、山へのチャレンジを続ける
栗城史多クンの講演を聞きに行ってきた。
14091505.jpg

ここで書くと長くなるので、これはまた後日。
ちなみに、とても楽しかった。


そしてついに三連休最終日。

寝返りにも激痛が走った金、土に比べて明らかに腰痛は回復。
が、朝はまだまだツラい。
布団の上で、漢ちゃんに教えてもらったストレッチをして
ゆっくり起床。

腰痛のせいで土曜の予定を延期していた美容院へ行って
やっと髪を少し切って、
午後からはBoxerさんの復活したRで高滝湖へ。

BoxerさんのRのミッションが異常を来して、
二速から上へも下へも動かなくなったのは、
7月のワタシの事故のとき。

ワタシの転倒に気付いていながら現場から走り去った相手を
次のインターまで猛追したのをきっかけに動かなくなってしまったので、
どこか責任を感じていたのだけれど、2ヵ月振りに完治。
様子見方々、久しぶりに千葉の里山の風に吹かれてきた。

昼も過ぎるとすっかりガラガラの館山道からのんびりと下みちを流して、
着いた高滝湖はもう秋だった。
14091506.jpg

SRの時代から何度か足を運ぶ一久美で遅いランチ。
14091503.jpg

コクたっぷりでほわほわの湯葉豆腐は、思わずKIRINのFREEを
オーダーしてしまうほどのおいしさ。
14091501.jpg

北海道のそば粉を挽いて手打ちした蕎麦は細打ち。
ほんのり甘味を感じるつゆがやたらとうまい。
分けてくれるなら持って返りたいくらいだ。

ざるの“おろし”を頼んだら、大根おろしを入れたつゆじょこに
かまぼこやいんげん、天かすが入ってきた。
これで900円はリーズナブル。
14091504.jpg


帰り道、一久美から高滝湖にかかる橋を渡ったら、
5分も走らないうちにところに圏央道のインターが出来ていた。
14091502.jpg

一久美弾丸ツーが出来そうね。
もったいなくて、そんなことしないけど。

帰りの京葉道はあの日と同じように渋滞していて、
Rの後ろに乗っていても、すり抜けが恐ろしくてたまらなかった。
どのクルマもふいに幅寄せしてきそうな気がして、
コワい!飛ばさないで!もう列に戻って!と、
インターフォン越しに叫びながら帰ってきた。

当分すり抜けできそうな気がしない。
やれやれ。

関連記事

| 未分類 | 16:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

傷心いえやらぬ

うむむ…
こりゃ,ぶらっくさんと同じく神社でも参って徳を高めないといけないですかな?

今が辛抱の時なんでしょうか。
まずは腰が心配ですが,無理なさらずに,気楽に考えて来道して下さいね~♪状況に応じて乗り物も行き先も考えましょう!

| Docro | 2014/09/16 21:58 | URL |

Re: 傷心いえやらぬ

そちらに厄は置いて行きますので後はよろしくです(≧∇≦)

今のところ、冬用ジャケットを荷物に入れてます( ´ ▽ ` )ノ
昼間走るのに暑すぎる気も…。

まぁそんなこんなで気持ちだけはアゲアゲで参りますー。

| なおネィ | 2014/09/16 22:16 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4204-c8eed80e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>