なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

事故

お大事にとポツリ書かれるのがなにより嫌いなので、
気持ちの整理がついてからと思ったけれど、
2週間近く空けるのも本望じゃなくて投稿。

いつやってもおかしくないと思っていたことが
案の定起きた。


ちょうど一週間前の日曜日。

房総を走った帰りの京葉道、貝塚付近。
ゆるゆると進む渋滞の中、すり抜けていたら
突然右前のベンツがウインカーも出さずふらっと寄って来た。

パニックブレーキ後、右へ転倒。
後ろから轢かれる恐怖ですぐに上体を起こしたけれど、
ワタシよりも後ろの車は三車線すべてが停まってた。

走り去るベンツを停めてと
前を行く仲間にインターフォン越しに絶叫。

Kを左路肩に停めて、なおさんと保険屋さんに電話。
やがてベンツを猛追して停めてくれた仲間から
警察に電話を入れたので待機するよう電話が入り、
そこから検証が終わるまでを路肩で過ごした。
レッカーにKを積みその場を出発したのは
事故から2時間ほど後だった。

Kはカウルやステップ、ライトなど右側をほぼ全損。
スイッチボックスがずれているので断線しているのか
イグニッションランプやポジションランプはつくものの
セルが回らない。

ケガは打撲と擦過傷。
毎日の通院で回復に向かっている。


もう想像がついていると思うけれど、
こちらの過失100%で追突になる可能性が高い。

すり抜けはそれくらい分が悪い。
そんなことはわかっていたし、
神経がすり切れてぐったりするほどいつも気をつけていたけれど、
起きるときは起きる。
ワタシだけが何かに守られているはずなどない。
気をつけていたと言っても、今までの無事に甘え、
慢心がひとつもなかったかと問われれば、胸を張ってYesとはいえない。
そのことを思い知らされた。

それでもなお、気がつきもせず(と言っている)入り去ったベンツの
かすかについたバンパーの、100万ほどになるともいわれている修理まで
こちらで持たされるのはなんとも納得がいかず、
未だ自分の気持ちをどう収めればいいのか、
どうすれば次に向かえるのか悶々としている。

そして悶々としつつも、明るい目標を一生懸命作って
気持ちを引っ張り上げようとは思ってる。


すっかり緩んだ涙腺はなとか締まりが戻り、
擦過傷に貼った傷パワーパッドが取れるのももうひと息。


現場で仲間に頼んで撮ってもらった画像はたくさんあるんだけれど、
まだまじまじと眺めていられるほどは心が癒えていない。


大好きだったコロンビアシルバーのKは
カウルが手に入る可能性が限りなく低いので復活はしない。
自分の膝に傷が残るかもなんてことよりも、
あの美しいブルーに輝くKに乗れないことがなにより悲しい。

直せるのか、違う見目にして乗るのか、新たな相棒を探すのか、
それもまだ未定。


取り急ぎというには遅過ぎだけれど、
とりあえずご報告。

関連記事

| 未分類 | 11:24 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

何も・・・

慰めの言葉も、励ましの言葉も何もありません。

自分でチャンと分っているようなので。
すり抜けはそういう物です。
自分も昔はバイク便をやっていたので、すり抜けの危険は分りながらも当然やります。

ただし、バイク便時代の半分程度の速度で、つまり安全マージンは2倍取っています。

こんな言い方は気分を害するかもしれませんが・・・
バイクは所詮機械です。
いつかは壊れたり、いつかは別れの時が来る。
だから、自分はマシンに執着しないようにしています。

昔は自分もマシンにかなり執着心がありました。
当時の彼女以上に(笑)

それが、周りに大切な人が沢山出来て行くのとシンクロするようにマシンへの執着心は薄れていきました。
大切なのは人であり、機械ではないと気が付いたからでしょう。

人もマシンも出会いはご縁です。
執着を手放せれば、また次のご縁も巡り会えるのかもしれません。

塞翁が馬 という事もあります。
心情的にはイロイロと揺れると思いますが・・・
とにかく体が無事で何よりです。

ただ、何も感じないで流されて生きているよりは・・・
何かを感じて、喜怒哀楽があってこそ本当の人生なのだと思います。
何も感じないような人生ならば、早くジジババになってしまいますからね!

時間は掛かるのかもしれませんが、心の傷が癒えるのを願っています。

| ラスカル | 2014/07/20 13:35 | URL | >> EDIT

Re: 何も・・・

ラスカルさん

コメント、ありがとうございました。

こういう時って、どんな言葉が当事者の気持ちをえぐるかその時々によって違うから、コメントいれるの、難しいと思います。

でも、ウンウンと頷きながら拝読しました。

いつどこでなにが、今の妙な意地とかこだわりとかを吹っ切らせてくれるかわからないけど、このまま下りるのもあんまりだし、前向かなきゃなと思ってます。

沁みました。
ありがとです。

| なおネィ | 2014/07/20 14:27 | URL |

相手に・・・

初めまして。
通りすがりの者ですが、気になったのでコメント残させて頂きます。

相手に突っ込めるポイントとしては
道交法で、すり抜けは違法行為ではない。
と言う事と
第二十六条の二 車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
と言う条文があるのですが
それを盾に出来るかもしれません。
特に、相手が指示器を点灯していなかった場合や
急の付く動作をしていた場合に於いて有効になる可能性が高いです。
しかも、衝突後、スグに停止していない場合などでは
過失割合が大きくなりやすいので、逃走の可能性という点でも突っ込めるかもしれません。

自分が大切にしているモノに、どんな事情があれ傷が付くのは悲しいものですよね。
私なんか、駐輪中に広告の着いた輪ゴムが引っかけられているだけで腹が立ちますもの。

より良い結論になる事を願っております。

| ゆせみん | 2014/07/21 02:30 | URL | >> EDIT

Re: 相手に・・・

ゆせみんさん

ご親切にコメントいただきましてありがとうございます。

すり抜けが違反ではない件もかなり調べましたが、
いろんな意見、ケースがあってよくわかりません。
警察の方に、すり抜けはダメだからと現場で言われたので
普通にいけば「ダメ」なのでしょうねぇ…。
この件では仲間と言い合いになったりで凹みに追い打ちも…(苦笑)

こちらの言い分、心情はすべて保険屋さんに託したので、
後は保険屋さん同士でどう収めていただくかです。

> 自分が大切にしているモノに、どんな事情があれ傷が付くのは悲しいものですよね。
> 私なんか、駐輪中に広告の着いた輪ゴムが引っかけられているだけで腹が立ちますもの。
ワタシも2ヶ月ほど前にやられました。
盗難予告だという情報もあって友人宅に預けたり…。

> より良い結論になる事を願っております。
ホントにありがとうございます。
励みになります。

| なおネィ | 2014/07/21 11:22 | URL |

びっくりしました・・・

大変でしたね
でも大怪我じゃなくて少し安心しましたが・・

それにしても大切にされていたKさんは
復活は無理なんですかね?

でも今はお怪我と心の癒してください。
無理をされないでお大事にしてください。

| sarasara | 2014/07/21 11:57 | URL | >> EDIT

身体あっての・・・だと思います

 今日北海道の千歳市で26歳の大型バイクのライダーさんがなくなりました。
 千歳市内の方だったようですが、追い抜きをして中央分離帯に接触転倒して打撲で亡くなったようです。
 たまたまニュースで見たのですが、相手が動くものならなおさら危険ですよね。

 自分は小型バイクですが、内地(本州)ではすり抜けはよくやります。でも、快く思わない4輪さんに故意に幅寄せされたり、怖い思いは何度かしました。
 この辺はケースバイケースで対応するべきなんでしょうね。たぶん。

 擦過傷といえど、しばらくは痛みは残るでしょうが、でも、人生楽しめる時間を確保できたと考えて、ポジティブシンキングでいきましょうよ!
 少しでも早く完治しますように!

| かぶじろう | 2014/07/21 20:59 | URL | >> EDIT

とにかく、治るケガですんで良かった。
はやく落ち着いた日常に戻れるといぃですね。

| さっちゃん | 2014/07/22 00:05 | URL |

忘れていたけど

事故で初代を廃車にしたときは、例え安く買ったボロボロのバイクでも泣けてきました。

一番楽しい時を過ごしたバイクだったから。
心中お察しします。

今思えば、ライダーデビューして1年の頃、無事故無違反、タチゴケすらしなくて慢心だった私に
あのバイクが事故の怖さを教えてくれたのだと思っています。

小さな怪我で大きな勉強をしました。

でも。

すり抜けはしちゃいますよね。
しますよ。
私の回りでも、すり抜けに関する議論は日々絶えず。

私はウィンカー以外にも後輪の動きに気をつけてます。また、ソロの時は他ライダーの後に着いて行ったり‥!
でも、いつ事故があってもおかしくない。

ライダーである以上、乗らない人より死ぬ確率は30倍あると言われていますから。

路上では、すべての2輪、4輪、自転車、歩行者、カラスを敵だと思っています。

それでも、どんなに気をつけても敵はやって来ます(T-T)

だから、ネィさまが今回軽傷で済んだことが何よりも良かったです。

きっと、Kさんは終の相棒と言う勢いで手に入れられたバイクだから、ショックもひとしおかと思います。

でも、
Kさんがどんな結果になろうとも、
ネィさまが
次へ踏み出せるよう、心より祈っております。





| かお | 2014/07/22 01:15 | URL |

Re: タイトルなし

sarasaraさん

馴染みのバイク乗りさんが事故ると、
ショックを受けますよね。

まさかこんな報告をすることになろうとは…。
でもそれがまさに「慢心」そのものなんですよねぇ。

> それにしても大切にされていたKさんは
> 復活は無理なんですかね?
パーツはヤフオクでも手に入るし、
ダメなら100のものを代用することもできます。
ただ、なにせ28年前のバイクなので
ただでさえ少ないコロンビアシルバーのカウルが
出てくるとは思えませんね(泣)
これも旧車のリスクです。

> でも今はお怪我と心の癒してください。
> 無理をされないでお大事にしてください。
ムリしそうな気配が読まれていたりして…(苦笑)
しばらくは大人しくするつもりです。^^;

| なおネィ | 2014/07/22 14:46 | URL |

Re: 身体あっての・・・だと思います

かぶじろうさん

ずいぶんとご無沙汰しています。

そんな事故があったんですねぇ。
まだまだバイクの楽しさを味わえる年齢なのに気の毒です。

お久しぶりのやりとりがこんなことで恐縮ですが
お気遣い、ありがとうございます。

そこそこの擦り剥けだったのですが、
今はいいものがありますねー。
キズパワーパッドという自然治癒力だけで直す市販の絆創膏のお陰で、
一週間で皮が張り治りました。

筋肉の痛みが取れるころには
周囲のクルマなど気にしなくてよいところで
リハビリツーしたいと思ってます♪


| なおネィ | 2014/07/22 14:59 | URL |

Re: タイトルなし

さっちゃん

私が心配かけることなどあまりないけど(オイ!)
今回はすまぬ。

そっちの連中にはナイショやけん。
よろしくね ^o^/

| なおネィ | 2014/07/22 15:01 | URL |

Re: 忘れていたけど

かおちゃん

人間は忘れる生き物だからね。
ショッキングなことは本能的に忘れていく。
そうでなければ、もう二度と乗れないんじゃないかな。

タオルは預かったのでいずれまた。

ロングツーリング、どうか気を付けて。

| なおネィ | 2014/07/22 15:04 | URL |

復活

ねーさんが知ってるあの事故以前に私のバイクは左側カウルがバキバキに割れて、カムカバーに穴があいて、転倒後にエンジンかけたら左側からオイルがピューピュー吹くような状態になったことかあったんですが、全部治した。
ねーさんのカウルみたいに大きな割れ方ならグラスファイバーで裏打ちして再生するのはそんなに難しくない。それよりは色違いで傷だらけでも良いから、中古のカウル買って塗りなおす方が楽やと思うけど。
どっちにしてもコロンビアシルバーのK75はそれほど難しくなく復活できる。

| うっちー | 2014/07/23 01:14 | URL |

Re: 復活

うっちーはん

> ねーさんが知ってるあの事故以前に私のバイクは左側カウルがバキバキに割れて、カムカバーに穴があいて、転倒後にエンジンかけたら左側からオイルがピューピュー吹くような状態になったことかあったんですが、全部治した。
あらら、そうだったの?
ひとり相撲?
覚えてない。

> ねーさんのカウルみたいに大きな割れ方ならグラスファイバーで裏打ちして再生するのはそんなに難しくない。それよりは色違いで傷だらけでも良いから、中古のカウル買って塗りなおす方が楽やと思うけど。
> どっちにしてもコロンビアシルバーのK75はそれほど難しくなく復活できる。
とりあえず全体をみてくださいまし。
日曜にお待ちしてます。

今のKにドンピシャ合う塗料は少し持ってるから、
それをまた八王子のGlanzさんに送ればたっぷりと作ってくれると思う。

問題はそこまで直すのか、
直して乗るのか、売るのかだね。
直すかどうかは費用次第。
乗るかどうかは気持ち次第(笑)
あんなに気持ちのいいエンジンだもの、
生かしてやらねばもったいない。

| なおネィ | 2014/07/23 12:01 | URL |

ドンマイドンマイ

命あっての物種といいますから、生きていれば楽しいこともまた訪れます。この人だと思っていてもそうでなかったことだって、たまにはあるしね。やってしまったことはしかたないんです。ある程度流れに任せるしかないんです。問題は、その後をどう生きていくかですよね。怪我、賠償、人生、etcがきっと気になると思いますが、そこはご家族やご友人、ネットの仲間さん達に今は甘えましょう。大丈夫大丈夫。何が大丈夫なんだって野暮なことは聞かないこと。上手く言えないので、とりあえずこのあたりで。

| ボヤッキー | 2014/07/26 22:09 | URL |

Re: ドンマイドンマイ

ボヤッキーさん

ご心配かけました。
お心遣い、ありがとうございます。
二週間が過ぎて、体のダメージはかなり治まってきました。

お金がありあまっていればすぐにでも新車買うくらいの
気持ちの張りも出ていてます、はい。
次の相棒については…
出会い待ちという感じですねー。
なにも縁がなければこれで終わりかな。

それは避けたいですけどねー。


泣き寝入りにだけはしたくないので、
それなりに戦ってます。
よい結果がでたらまたご報告しますねー。

| なおネィ | 2014/07/26 22:18 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4187-bd76a062

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。