FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

食事をするときの癖の話し

食事の仕方を見て、相手の「素」を見ちゃったような気がしたことってないだろうか。
一昔前は下品の代名詞の代表選手だったピチャピチャと音を立てて食べる人は、なぜだかとんと見かけなくなったけれど、それでも「どして?」と思うほど音をたててラーメンや蕎麦をすする人や、爪楊枝をチッチっといつまでも使う人、お吸い物や味噌汁をすすった後に、チャッチャと箸でおわんのふちを叩く人とは、食事を共にしたくない。
でも、出会ったのが食事シーンだなんてことはあまりないわけで、仲良くなってから初めて食事をしたときに、気に障る食べ方をされて、自分でもびっくりするくらいに「…あかんな…」って気がしたことが、かつて何度かあった。
いっしょに食べてる相手に気を遣うって感性がないのか?
親に食べ方の指導を受けなかったのか?
そういう視点で相手について考察するから、会話なんて上の空ってなわけだ。

子供のころ親の小言で何がうるさいって、食べている時に、やれちゃんと茶碗を手で持てとか、やれ肘を付くなとか、食べながらしゃべるなとか、そういうことを言われるのが一番うざったかった。でも食べ方がおぞましい人に出会うたびに、親に躾けてもらってよかったとつくづく思う。

ところで、チャッチャと箸でおわんのふちを叩く人だけ、妙に表現が具体的だと思ったあなたは今日はとても冴えている。
何を隠そう、これは一時はとっても愛した人だったけど、もう顔も見たくないほどに嫌いになった人の、中でも一番カンに障る癖だったのだ。つまり数少ない、ワタクシ的坊主にくけりゃ袈裟まで憎い体験ってやつ。癖なんだから出会ったときから同じようにやっていたんだろうに、愛が冷めると同時に妙にハナに付くようになった。
愛しているときは魅力となり、愛が冷めれば憎悪の増幅ポイントとなる。癖とは厄介なものよのぉ。
食事の仕方なんてものは、それこそ癖の見本市みたいなもんだ。
箸の上げ下ろし、咀嚼の仕方、食べる順番、スピード、平らげ方、残し方…。いたるところに癖が出る。
ちなみに相方の場合は、コーヒーやジュースやビールなどの飲み物を、いつも1cm程度残す。まだ飲むのかと思って置いていても、結局冷めたりぬるくなったりする。残ってるよと指摘するたび「おばあちゃんの癖がうつったの」と説明してくれるから、今度からは「おばあちゃん!残してるよ!」といってあげようと思っている。
私はといえば、なんつたって早食いなことだろう。
そこいらへんの男連中に勝けない速さだ。別に勝とうと思っているわけじゃないからあしからず。
女だてらの早食いは、色気や素っ気がないだけでなく肥満の原因にもなるが、教科書どおりに一口を30回噛んでいたらあごが筋肉痛になったので、極力飲み込みを遅くするように心がけようとは思っている…思っているだけじゃ意味がないから、気が付いたら遅くしている。
早いのは食べることだけじゃない。飲むのも早い。一杯目のビールは、中ジョッキ1/3から1/2は一気が基本だ。気にはしているが、ついつい「プハ~」が出ちゃうこともある。「うまいっ!」とか控えめに叫ぶことも。
まぁいいか。いいさね。うまいものはうまいんだもん…。
今日はそういうまとめ方をするつもりじゃなかったけれど…。
関連記事

| 未分類 | 12:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/403-79396af1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>