なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

防災訓練

幸いなことに、この歳になるまで
消火器ひとつ使ったことがなかったけれど、
もはやそんなことは自慢にもならない。

とばかりに、
昨日はオフィスがある地域の自由参加の災害訓練に
参加してきた。


30人いるスタッフのうち、手を挙げたのは
総務2名を除くとワタシを含め2名のみ。
このご時勢になんたる無関心。
自分の身は自分で守らなくちゃならないという危機感、
未だに感じていないんだろか。


なんてグチはおいておいて、
さっそく向かったのは煙体験。
13090905.jpg

煙が充満した迷路のようなテントの中を通り抜けるんだけど、
カラダに害がない煙とはいえ煙たいのなんのって。
しかもこれだけ明るいのに前がよく見えない。
煙の恐ろしさ、実感。

そして初体験の消火器。
13090902.jpg
手元のピンを引いてホースを的に向けて
握り手をぎゅっと握り込むだけの簡単操作。
噴射直前までピンは抜かないようにと説明を受けたのに、
はい!次のかたーと言われた瞬間に抜いてしまって…、
なんなの?この頭の悪さ。

恥ずかしかったのでさっさと退散。
この日一番説明を聞きたかったAEDコーナーへ。
13090901.jpg

救護訓練すら受けたのは学生のころゆえ、
意識確認から教えてもらう。

緊急の救護方法は昔とはかなり変わっているらしい。
メモ代わりに書いておこう。

まず倒れている救護人の耳元で声をかけながら肩を弱く、
そして徐々に強く叩く。
反応がなければ鼻に耳を寄せて、
かつ腹部の上下動と合せて呼吸確認。

意識がないと判断したら周囲の人を指差して
119番への電話とAEDの用意を依頼。
「誰かお願いします」では誰も動かない場合が多いらしい。
自分は心臓マッサージを開始し、AEDを稼働させるとき以外は
消防が到着するまでマッサージを続ける。

AEDのスタンバイできたら、
操作方法に沿ってパッドを救護人に貼る。
AEDが作動して、電気ショックが必要かどうかの
チェックを行う。

チェック後はAEDの音声に従う。
チェック時とショックを与える時は
全員が一旦救護人から離れる。

一連の流れの詳細はこちらに。

AEDはメーカーによって、扱い方が若干違っているので、
面食らう場合が多いし、なにより扱ったことがないと
緊急時には及び腰になることも。

冷静に眺めているととてもわかりやすく簡単に扱えるので、
いざというときには、なにしろ落ち着くことが大事。
消火器でさえ手順を間違えたワタシは肝に命じなければ。


最後は東京消防庁による梯子車救護。
13090903.jpg

梯子は目的に向かって微調整を行いながら思いのほか早く伸びていく。
でも一番華麗だったのは、細いロープひとつでビルの6階から
スルスルとすごい早さで下りてくる消防隊員の妙技。
なんとも頼もしい。


実際に必要になる日が来ないことを願うばかり。
関連記事

| 未分類 | 12:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

訓練もAEDも大事!

なおネィさん、えらい!
日頃の心構えと知識は大切です。
本番には、普段通りの能力はなかなかできないものですから。
3年ほどまえ、職責で消防訓練に参加しました。
また、そのときの30歳の部下の女性が勤務中に窮に倒れて、心配停止!たまたま駆けつけてくれた警備員さんが元自衛官でAEDを使って救急車がくるまでに応急措置。
あとで病院の先生に救急車がくるまでの対応がよかったと。応急措置が1分遅れれば生存の確率が10%減少するとあとで勉強しました。部下の女性は、病院の先生も今までにないというくらい回復して、3週間で退院して元の体調に。
その後、自分の権限で職場と各管内の出先にAEDを購入し設置しました(ちょっと自慢(^-^;)
AEDがあれば助かるのに、無いために助からないなんて、そんなことは避けたいからね!

| ひとしRR | 2013/09/10 12:51 | URL | >> EDIT

Re: 訓練もAEDも大事!

ひとしRRさん、すばらしい!
権限とはそんなふうに行使すべきものですね!

でもその女性、生きる運命だったんですねぇ。
たまたまいた警備員が元自衛官だなんて!
失礼ながら、なにもできない警備員もいますから。
うちの代表はやっとこれからヘルメット買おうかなんて言ってます。
こんな会社に命預けておけないな…と。^^;

| なおネィ | 2013/09/10 13:09 | URL |

僕も

僕も、2010年に防災訓練に参加しました。
当日は、午前10時には35度になるという猛暑で、
参加者の平均年齢が70才くらいだったこともあり、
消防の人たちも、みなが熱中症にならないか心配してました。
彼らより若い僕でも、テントの外に出るのはきつかったです。
ところで、
消化器ではなく、
消火器ではないでしょうか?
消化器って、
胃や腸のことではないかと・・・

| 町内会役員 | 2013/09/10 23:33 | URL | >> EDIT

Re: すんません

ボヤッキーさん

さすがにスルーできませんよね。
いらん勇気を使わせてごめんなさい。

| なおネィ | 2013/09/11 10:12 | URL |

Re: 僕も

町内会役員さん

> 消化器って、
> 胃や腸のことではないかと・・・
はい、今日のコメントはそのご指摘ばかり。
説明入りの丁寧なご指摘、痛み入ります。
初めてコメいただいたのにすみませんでした。

| なおネィ | 2013/09/11 10:20 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/4012-d5eb4c91

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>