なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

命日に映画を観に

先月に引き続き、今月も武蔵野館で映画を観るべく新宿へ。

整理券をもらった後、腹ごしらえに久方ぶりのてんぷらつな八本店へ
行こうと思ったんだけど、13時過ぎにまともに入店できるはずもなく、
相変わらずの行列をみて瞬時に踵を返した。

んー…。
天かすまでおいしいあの天ぷらに再び相見えるのはいつの日か…。


あっさり諦めたのには訳があって。
たまたまつな八へ向かう途中の路地をちら見したときに、
「牛タン」の看板を見つけたからだ。
13072101.jpg

天ぷらになりかけていた口も、香ばしい牛タン焼きの味わいなら
あっさり凌駕されてしまうこと判明。
幸いさっくりと地下の席へ案内されてメニューを眺めると、
高くても1500円ちょいとリーズナブル。

でもここで、「牛タン」の看板に吸い寄せられるように入ったくせに、
こともあろうに牛ハラミ焼きポン酢ダレ定食にシフトするという
非常識な行動に出たワタシ。

まぁ人生いろいろだ…と、おちびサイズのプレモルをグビリ&プハー。
13072104.jpg

ちなみに、牛タン焼きとタンシチューのセット1500円なにがしはこちら。
13072102.jpg
スキをみて盗み食べた(うそ)感じからしてかなりイケてる。
シチューはさすがに銀之塔あたりと比べてしまうと、
至って平凡ではあるけれど、焼きタンの歯ごたえと旨味は上々。

北海道ツーでフェリーに乗り込む前に仙台駅そばで食べた牛タン
それはそれは肉厚でびっくりしたけれど、
今日出会ったそれも仙台牛タンを名乗るだけあってボリュームがあった。

さてワタシの牛ハラミ定食はというと、
まっこと柔らかいハラミは火が通り切る直前の寸留めの焼き加減。
これを添えのオニスラと共にポン酢に浸していだけば、
ジューシーなお肉で麦飯がいくらでもいけてしまうキケンなおいしさ。
とろろとやさしいお味のテールスープもついて1,050円はナイスだ。
牛タン定食に遅れをとって供されたこともあって、写真を撮る間もなく完食。

映画の上映まで時間があったので、
確かお腹いっぱーいと言ったはずだけど、懐かしい追分だんご
お団子買って、劇場でペロッとデザート完食。



と、食べネタで終わってしまいそうなので、このあたりで映画の話も。
今日観たのは、李小龍 マイブラザー
2010年にブルース生誕70周年を記念して、
実弟のロバート・リーが製作総指揮と監修を務め制作された作品。
京劇俳優の父と女優の母の間に生まれたブルースが
家族や仲間たちと実に健やかに、そして正義感たっぷりの青年へと成長し、
訳あってアメリカへ単身移り住むまでが描かれている。

イップ・マンに弟子入りして詠春拳を学んだり、
友人を助けるためにアヘンの巣窟へ侵入して大逃亡劇を演じたり、
その青春時代からも、若かりし頃のブルースの破天荒振りがうかがえるけれど、
アメリカへ行ってもなかなか芽が出ずに苦悶の日々を送り、
挙げ句短命に終わったことを思うと、
香港で家族と暮らしていたころが、実は一番幸せだったのかもしれない。

ネタバレになるので映画の話はこの程度でおしまい。
ちなみに、没後40周年を迎えたまさに今日この日に、
ブルースの映画を観に行く予定を入れたのはまったくの偶然で、
我ながらちょっとゾゾっとしたのだった。
生きていたら72歳。
どんなおじいちゃんだったことだろ。



さて映画終了後、うっかり溢れた涙を吹き拭き、
ヒトが多くてイラっとする東口界隈から新宿三丁目方面へ移動。
20年程前足しげく通った店がまだあるかも…と思い立って行ってみたら、
ファサードの感じも以前と変わらず夢のように佇んでいるではないの、
なつかしの池林房

ここは椎名誠の確か「新宿遊牧民」にも出てくるお店で、
今年になってたまたま読んだのも、今日に繋がる何かしらの
暗示だったんじゃないかなんてことすら思ってしまう。
事実、20年前には絶対ニアミスしてたはずだもの、シーナさん。

もちろんツマミやら店のヒトの顔やらは忘却の彼方で、
鯵のなめろうやら、ツナのせバゲットやら、イカ肝ルイベやら
メニューのオススメに準じて和洋折衷にオーダーしたけど、
砂肝銀皮の唐揚げとやらはなんだか美味だった。
13072103.jpg

銀皮の意味がわからずGoogleセンセーにたずねたらば、
砂肝の下ごしらえでほぼ削り取ってしまう白く幅広の筋のような部分、
あれを銀皮と呼ぶらしい。
あの部分を取り省くのがめんどくさくて砂肝料理はなかなか頻繁には
やる気が起きないんだけど、捨てずに使い回すレシピがあるとは驚き。


映画を観に行ったのか、食べに行ったのか…、
いや、両方楽しんできたわけだね、今日は。

もちろん東口でも、伊勢丹前の交差点でも
“最後のお願い”合戦が繰り広げられてた。

明日はぜひとも選挙へいこうね。

関連記事

| 未分類 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3981-f5bf4128

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>