なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

オイル交換としろぎす祭り

梅雨入りした途端に晴れ間が続く。
ラッキー!っとばかりに走りにいこうかとも思ったんだけど、
秋冬とちっとも走らなかったことをいいことにサボってた
Kさんのメンテがずっと気になっていて。

雨やら猛暑やら来る前にやっておこうと
整備士なおさんのところへ行ってきた。


ー8時くらいだと助かるんだけどさぁ。
昨夜予約の電話でそうなおさんに言われたので7時45分にお店着。
8時チョイス過ぎになおさんが来るまでのあいだ、
コロ助CM出演中の米茶で時間つぶし。
13060107.jpg
なんで米茶にコロ助なの?
そもそもコロ助なんて知らなかったけど(アニメオンチ)

予定通りエンジンオイルの交換開始。
ダブロクはそのすべてをなおさんにゆだねて、
常に盤石の走りができていたけれど、
中古買いのKさんの場合はそうもいかず。
だってなおさん、輸入車ぎらいなんだもの。

ので、マニュアル首っ引きでワタシが指示。
とりあえずオイルを吐き出させてやれやれ…なんてところまで
行き着いた。

で、予約時には伝えてなかった追加作業をそれとなく打診。
ギアオイルも換えた方がいいかしらん?

なんてわけで、トランスミッションとファイナルドライブの
オイルも交換してもうことに。

ガラス製のシリンダーできっちりと計量。
13060102.jpg
今みると、泡の消えたドイツビールにみえなくもないな。


でも同い年のなおさんもぼちぼちとボケに蝕まれつつあって、
同じことを5、6回聞き返してくる。

ー何リットル?
ートルクいくつ?
ーえーっと、何リットルって言ったっけ?
ーごめん、トルク20だっけ?25だったっけ?

そうしてワタシも例によってやらかす。
ーあら?ワッシャーどこやっちゃったっけ。
ーえ?ボルト渡したよ。あれ?ここにあった。

ヒトが聞いたら漫才やってると思われそうな整備士と客の図。
気心知れててラクではあるんだけど。

でも、熟達の職人ならではの仕事っぷりは見ていて楽しい。
こういうヒトとだったらバイクやさんやってもいいなと思う。

3箇所のオイル交換作業のすべてが終わって
Kさんのほとんどのボルトを増し締めして、
さーておしまいとなおさん。

ジャケット来て、メット被って、パックパック背負ったワタシが
バイクに跨がってから
あ、ライトのチェックしてないっ、と。

ウインカーOK、ブレーキランプOK…とやってたら、
テールランプがつかないことが発覚。
いったいいつからだったんだー?

メット抜いで、バックパック下ろして、ジャケット脱いで、
あーあ、まだ帰れない。
もうじき12時だよ、なおさん。

でも単なる接触不良であっとうまにリカバリー。
再びジャケット来て、メット被って、バックパック背負って
帰ってきたのだった。
ひーっ。

首っ引きだったマニュアルは綴じが外れてバランバランに。
これだとページが抜けたりなくなったりするのよねん。
やれやれ。
13060104.jpg


やっと焼きそばランチにありつけたのは13時半ごろ。
13060106.jpg
もうKさん磨くだけだからビール飲んじゃうもん。

心地よい疲れとランチビールの酔いで
ソファーでうとうとしていた午後4時ごろ、
海ほたるあたりまで船釣りに出かけてたバイク仲間満さんから着電。
シロギスもらってー、もうそばまで来てるからーと。

だるくてお買い物もパスの方向で…と決め込んでいたので、
バケツ片手にビーサンつかっけてツッタカターと表通りまで。

かわいらしいシロギスくんたち、ようこそ我が家へ。
13060105.jpg

南蛮漬けとか。
塩焼きもいいねぇ。
刺身もいいか…。

と、迷ってしまったので全部作って、シロギス祭り開催。
13060101.jpg
ゴリゴリな刺身や身がふわっとやわらかな塩焼きはもちろん、
片栗粉をまぶして揚げたはなからマリネ液につけるエスカベッシュは
飯泥棒ならぬワイン泥棒。
13060103.jpg


Kさんもワタシも、心地の良い一日だった。

関連記事

| バイク | 21:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3939-d438ee4f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>