なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ザルご一行様

実家へ帰ってきて早3日目。

昨日が半月前に戻ったような肌寒さなら、
今日はひと月前か。

週末にかけて気温が下がることはわかっていて、
長袖のインナーも持ってきてはいるんだけれど、
冷え込みは予想をあっさり越えて、
148センチしかない母の冬物衣料を借りる羽目に。

ツンツルテンだけどないよりはマシ。


毎回帰省のたびに母と連れ立って遊びにいく従兄弟夫婦の店

叔父叔母も都度駆けつけてくれて楽しいひと時を過ごすのだけれど、
たまには従兄弟夫婦が落ち着いて飲める日に!と、
彼らが休みの一昨日木曜日にセッティング。
残念ながら所用で不参加の叔父を除く面々が博多駅筑紫口の居酒屋に集まった。

そもそも我が母はザル家系。
かつてほどではないにしろ、叔父ももちろん酒豪なわけで、
息子である従兄弟は当然底なし、そしてその娘である21歳の姪っ子は
すでに芋のうまさがわかってらっしゃる。

血のつながりがない叔母と従兄弟の嫁までもがこれまたイケる口で
つまり一昨日の6名はとんでもないのん兵衛集団だったわけ。

一軒目は最初の一時間が生ビール呑み放題。
ジョッキ6杯がドーンと運ばれバーンと従兄弟がお代わり。

そげんビールばっかり呑めんばい。
なんてわけで3杯目あたりからはさっそく徳利が並び始め、
姪っ子は芋ロック。
母と叔母はハイボール、ワタシは赤霧ロックな展開。

お代わりを持って来て下がると、他の誰かのオーダーでまた呼ばれ…、
我がテーブル担当のホールさんは相当な運動量だったろう、と。

3時間ほどで移動したのはすぐそばの北海道料理の店
一軒目はイカの姿造りはじめ刺身が抜群だったけれど、
ここのハタハタやら氷下魚やらインカのめざめやらがまた美味で。
なかなかレベルが高いぞ、博多駅あたり。



そうしてそれぞれにそこそこいい気持ちになったころ、
姪っ子が中免を取りたいのだという。
すでにクルマには乗っているらしく、しかし運転は荒いと両親。

ワタシも20代のころは彼氏のオンボロ車を廃車にするほど荒かった。
あの頃オートバイデビューしていたら、きっと命はなかったろうと
今になって思う。
姪っ子にも、クルマってもの、運転ってものをもう少しわかってから
二輪デビューして欲しくて、見知ってきた事故やらケガの話をしつつ
アドバイスしておいた。



-そもそもなんでなおちゃんはオートバイに乗る気になったと?
その答えを熱く語り終わったところで従兄弟が宣言。

-決めた!オレも取る!オレも乗る!

同い年の従兄弟ゆえ、取るなら今でしょ、今しかないでしょ。
一緒に走れるのはいつの日か。
そしてやがては姪っ子も交えて九州ツーリングを実現したいわん。


夢がひとつ増えたわよ。




ちなみに、ちっとも話題に上がらない父はというと、
ヒヤっとすることが増えたからと免許返上したものの、
カラダはいたって元気。
お酒がもともと強くなく寡黙な彼は、
ザルご一行にはとてもじゃないけど付き合いきれないのでしょう、
いつもお留守番。

一昨日当日は、そんな父のお夕飯に、博多駅で駅弁買って帰った。
気が効く娘でしょ?
関連記事

| | 17:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うむ

お父さんと仲良しに慣れそうな予感

| ぶ | 2013/04/22 11:26 | URL |

Re: うむ

ぶさん

あ。
マジでなれそうかも(笑)
筆は饒舌なんだけど。

| なおネィ | 2013/04/22 22:32 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3913-8bbae103

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>