なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

寒さは続くよ

桜が散って、4月も半ば。
ツツジやハナミズキがあちこちに。

そろそろスプリングコートもいらなくなるかしらん…。
などと思いきや、来週はまた最低気温が10℃をうんと下回る。

どうしたんだろ?今年の春の潔のワルさは。


毎年GWは、革ジャンからメッシュジャケットに切り替える時期。
標高が上がったときのためにインナーダウンは忍ばせていくけれど、
ウインドストッパーに重ねれば、フルメッシュでも平気な季節。

でも今年はどうもそういうわけにはいかないみたい。
今週金曜から来週まで、船橋の最低気温は5℃やら6℃やら。
例年のようにとんとんと季節は巡らないようだ。


*****



先日の日曜日。
ライコ東雲へ向かう357の気温は昼をまわって19℃の表示だった。
ごく薄い半袖の機能性肌着の上にコットンのロンT、そして革ジャン。
下はカプリ丈のSKINSに厚地のコットンパンツ。
行きはヨイヨイだったのに、日が暮れかけた帰り道は
いつまで経っても収まらない強風が首や手首から入る風で寒い寒い。

足元はセミロングのブーツだったけれど、
インナーがカプリ丈、ソックスがショートだったせいで風がスースー。
新聞を買ってドウコウする距離でもなかったのでガマンして帰宅。
迂闊にもずいぶんと寒い想いをしてしまった。

陽のあるうちに帰ってくるつもりでいたのが大間違い。
ひとたび出掛ければ、どこでなにが起きるかわからないのだから
先の先までイメージしていつなんどきも用意周到でいなくては。
無駄にでっかいサイドケースもあるではないかっ。

などと、この期に及んでバイク乗りの心得など再認識。



初めてライコ東雲に行ったのはいつだったのかとブログを遡ったら
2006年の2月だった。
電熱もインナーダウンも持っていない頃に、キック一発SRででかけてる。
しかも店員さんにグローブの相談したり、緩んだミラー直してもらったり、
満喫してるわねぇ、7年前のワタシったら。
きっと歯の根が合わない想いをしたのもこの日だったんじゃなかろうか。

30代半ばから40代と、プライベートはさして目立ったトピックスもなく来たけれど、
バイク歴を振り返ると、時間の経過がありありと。
平々凡々な人生に、しっかりと華を添えてくれている気がする。











関連記事

| バイク | 16:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ふとおもったのですが

バイク=革ジャン 的なところってかなり周知されちゃっていますが
革ジャンが快適な季節っていつなんだろう?
革ジャンの性格上あまり重ね着するものではないし、真夏では暑すぎる
革は保温性が落ちるので冬はもちろん向かない。
Tシャツに革ジャンで快適なのはひょっとしたらほんのわずかな期間だけなのかな

| ぶ | 2013/04/16 21:22 | URL |

Re: ふとおもったのですが

ぶさん

> Tシャツに革ジャンで快適なのはひょっとしたらほんのわずかな期間だけなのかな
確かに。
晩夏と春先だけですよねぇ。
初秋や春先はまだ着込まないと寒いことが多いし、
革ジャンのファスナーを少しあけて気持ちいい時期って
正味2ヵ月あるかないか?
しかも週末となればもっと限られちゃいますね。

快適性に富んだウエアがどんどん開発されてるから
ちゃんと走ろうと思ったらむしろ革ジャンは向かないかも。
…なんて気もしてます。^^;

| なおネィ | 2013/04/17 11:13 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3911-279417ce

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>