なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

突進オトコにどつかれて

昨日の帰り道。

ニュー新橋ビルの横を歩いていたら
すぐ前を歩く人がふっと左に逸れた瞬間、
前から突進してきた黒いコートの男が
思いっきり右の半身を肩でどついてすれ違ってった。


あまりの衝撃に歩を止めるしかなかった。


電車の中で、岩のように動かない人にはよく遭遇する。

どんなに混んでこようと、乗り降りする人の邪魔になっていようと
頑としてその場を譲らない異常者。
電車の揺れで体が触れただけで、必要以上に押し返してくる人も。


ただでさえ、人の動きが早い街中だけど、
自分の歩く先にいる人をことごとく蹴散らすように
体当たりをかましながら歩く人が都会にはいる。
きっと電車でみかけるような強烈な自己中心性を持った人間と
同類に違いない。



昨日は、前を歩く人の死角に入っていたせいでその男を交わす間もなく、
ドスンと当たられた瞬間肩から右腕に激痛が走ると同時に一瞬息が止まって
振り返るどころか体をかがめて立ち止まるしかなかった。

周囲は新橋駅へ向かう人と駅から街へ繰り出す人とでかなりの人通りがあったけれど、
それが都会のお約束であるように、声を掛けてくれる人はいない。

女性としては、そこそこにしっかりとした体躯のワタシだったから
なんとか転けずに受け止めた衝撃。
華奢な人やお年寄りなら転倒していたはず。

ただでさえ人の多い街中で、自分の意のままにすべてを貫くことは不可能。
除けたり避けたり止ったりしながらでないと前に進めないことは、
都会暮らしの常識である前に、人として順応できて当たり前のことかと。

傷害事件に発展してもおかしくない自分の愚行を、この手の人は認識するべき。
イヤなら人っこひとりいないところへ行ってしまえ。


*****


ぶつかられた痛みは家に着くころには消えたけれど、
憤懣はいつまでもくすぶってて泣きたくさえなってたところへ
ピンポ〜ンとチャイムが鳴る。

そうなのだ。
宅配の再配達で荷物を受け取るためにワタシは早々帰宅したのだ。
止まり木に寄っていれば、突進オトコに遭遇することもなく、
スナップエンドウ茹でながら涙をにじませることもなかったけど、
それでもポチったものが翌日届く快感も捨て難かった。

人差し指一本でも持っていられそうに軽い箱に入ってたのは
一昨日JavariでポチっとしたCAMPERのナイロンバッグ。

来月の帰省にも持っていける軽くて明るい色のバッグを探してて、
3週間ほど悩んだ末のポチ。

ワタシの決して小さくないオシリが、
全部とはいわないまでも概ね隠れるサイズ。
13032801.jpg
ショルダーストラップが牛革なので、肩が擦れる感じがなくよろしい。

色目の名称は“ミントグレー”。
例えば、これって“オレンジ”ってよりもサーモンピンクじゃん?とか
“ブラック”っていっても墨80でしょこれってとか
過去のネット買いでは色目でがっかりさせられたことがあったけど、
今回は想像通り。

メインスペースはファスナー閉じ。
13032802.jpg

メインスペースの両サイドは
表地との間がマグネット留めつきの大きなポケットになっていて、
さらにファンスナー付きのポケットがそれぞれついている。
13032803.jpg

数年前…、あれはSRに乗ってたころね。
レザースニーカーを履き潰してしまって、
それはそれは履き心地がよかったので買い替えようと思ったら
廃盤になっていたという残念なお付き合い以来のCAMPER。
側面にロゴタイプがステッチされてる。
13032804.jpg

思った通りの軽さでちょっとウッキー。
今朝は早速斜め掛けしてツッタカターと東京駅から歩いた。
日比谷公園では、無邪気に微笑むようなポピー満開。
はぁ…、房総にお花摘み行きたい。
13032805.jpg



ところで。
まるでこのバッグを販売せんとしているかのような
過剰な商品情報提供はどうなの?とお思いでしょうが、
実はこれはワタシのプリプリたる不満の現れ。

何に不満かというと、オンラインショップの商品説明のお粗末さだ。

素人のワタシでさえここまでできるんだから、
プロならできるでしょ、これくらいといわんばかりにしてみたのだ。

今回も、こんなにポッケットがあることはうたわれておらず、
色落ち、色移りの可能性があることも、届いた商品のタグで知った次第。
片手落ちどころか、両手落ちってくらい言葉足らずだ。

商品画像もしかり。
ブツ撮りだけでは持ったときのバランスがわからないので
衣類はもちろんのこと、靴やバッグも着用画像は必須と思う。
食器も箸やスプーンを添えたり手に持ったりした画像がないと
届いてから、こんなに大きいお皿だったのー?なんてことにもなる。

雨後のタケノコのようにネットショップは増えているけれど、
ことほどさように満足のいく商品情報が記載されている店が
僅かしかないことがとっても残念。



悲喜こもごもっていうには“喜”的要素がいくらか少なすぎるけど、
今日もなんとか生きてる。


関連記事

| どうなの? | 13:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

春先はなにかと

危ない人は、世の中に結構沢山生息しておりまして、無理が通って道理は引っ込みっぱなしが最近の流行ですね。
君子危に近寄りたくないけど、向こうから寄ってくるから困り者

| ぶ | 2013/03/28 19:46 | URL |

Re: 春先はなにかと

ぶさーん

> 無理が通って道理は引っ込みっぱなしが最近の流行ですね。
御意!
わけわかんないと思わずつぶやいてしまうことの多いこと…。><;

> 君子危に近寄りたくないけど、向こうから寄ってくるから困り者
これもある種の通り魔ですから。
凶器持ってなかっただけ幸いです。
もう人ごみ歩くの怖いです。--;

| なおネィ | 2013/03/29 18:23 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3896-efd82732

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>