なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

春分の日のららぽ

週中の休みは無性にうれしい。
それがカラダ的にではなく、精神的にってところが
ストレスの程を物語ってる。

食べてくための仕事のせいでストレスまみれになるなんて
よくよく考えると本末転倒な気がするんだけど
今となってはもう当たり前だね。

昨日はただでさえうれしいオフにパンチの効いたランチしてきた。



ー明日なんしとーと?
ウインドショッピング願望で爆発寸前の雑魚お女将から
Lineが届いたのは祝日前の火曜日。

船橋までやってくるというのでイオンに行こうということで
詳細を打ち合わせるべく当夜ワタシは立ち飲み雑魚さんへ。


20歳近く若い女性とデキ再婚するという、
間違いなく周りの男性から反感買いまくってる友人A氏に
心ばかりの祝いの品を渡したり、
イオンショッピングごときでわざわざ打ち合わせるのかと
失笑する常連さんにメンチ切ったりしながら、
7センチヒールを履いたまま5時間滞在。

結果、昨日の朝は
足裏がマメ未満の水膨れに見舞われていて
朝からヘコヘコ歩きしかできない有様。
ソックスを重ね履きしてフラットなブーツ履いてでかけた。


バッグが買いたいという女将のリクエストがあったので
急遽ららぽへ行き先変更。
店舗数が圧倒的に違うもの。

そんなこんなで10時20分、船橋駅で無事女将と落ち合う。

ららぽ船橋はうちから歩いても30分未満。
がしかし、あまり歩きたくない足裏事情ゆえバス行きをチョイス。
バスが来るまで小一時間あったので、
船橋東武で開催中の北海道物産展を覗いてみることに。

ー開店間もないからまだそんなに混でないよね。
会場へ向かうエスカレーターでのんびりを決め込んでいたふたりは
6階の催事場へつくなり、その思い込みの甘さを思い知らされ目が点に。

ウニやらイカやらイクラてんこ盛りの海鮮弁当や牛ステーキ弁当は
すでに長蛇の列。
どこもかしこも人人人で思うように前に進めない。

ーオナカが好き過ぎて逆にランチが食べられないかもぉ。
五感を強烈に刺激する北のグルメ攻撃に早くもグロッキーな女将。
んじゃ人が並んでないコロッケ買おうか…。

そういいながらバッグをまさぐるが財布がない。
スマホとかハンカチタオルとか化粧ポーチとかサングラスケースとか
いろんなものが入ってたってすぐにわかるくらい大きい財布が
さっぱり手に触れない。
まさか!?と顔を突っ込んで探すも見当たらず。
久しぶりかつ何度目かのサザエさん劇場を演じてしまった。

とりあえず女将に建て替えてもらって
会場の一角でハフハフと立ち食い。
すんごい美味。

いや、美味なんだけど財布はどうする。
貸すから大丈夫だよと1万円を握らせてくれる女将の男前っぷりに
うっとり甘えそうになったんだけど、
バス発車までまだ家に取りに戻る時間があったので
混みすぎてて買う気が失せるしなどと自分に言い訳しながら
ワラワラとエスカレーターを下って帰宅。

ひとりで待ってるのは淋しいと女将も同行。
意外とオトメなのだ、このヒト。



そんなこんなでトンボ返りで船橋駅バス停へ。
京成線船橋駅が高架になっても、
なぜだかちっとも解消しない駅前通りの渋滞にハマって、
徒歩アクセスとほとんど変わらない時間をかけて到着。
元気だったら絶対歩くべきと、改めて思う。


あまりに長くなった前置きだけでもうオシマイにしたいくらいなんだけど、
がんばって続けるか…。


で。
久々のららぽ着。
ずいぶん来ていなかったので、目の前に建ってたホテルやら、
スーパー銭湯が跡形もなくなくなっていることにまずびっくり。
ららぽ自体も改装されてたり改装中だったりで浦島クン状態。

腹ぺこなふたりは
当然のごとくレストランゾーンのインフォメーションをながめて
軽く候補に挙げてた紅虎餃子房へ。

ここの運営会社による店舗に勤めていたことがあるので、
なにを選べばよいかはだいたいアタリがついている。
肉味噌豆腐やらニラ饅頭をつまみに紹興酒をヤる。
13032101.jpg
急に血糖値が上がったせいかブレてる。

13032102.jpg
プリプリのエビとニラがたっぷり。

とても女子二人のランチの図とほど遠い原因は
ビール飲んだらきっと完食は無理ってほどにオーダーしちゃったから。

このあと、黒ごま担々麺と、チンゲンサイとレンコンの土鍋鶏そばでトドメ。
13032103.jpg
んー、食べた食べた。


ウインドショッピングに飢えてるって割に
観るだけに留まらずどんどんお買い上げ品が増えてった女将と
行き程混まずにあっさり船橋駅まで戻って
結構疲れたぁー…とかいいつつオチャしてバイバイ。


帰宅後は、急遽今週末開催となった花見用のツマミを仕込んで…、
あっちゅう間に終わったオフだった。


桜サン…、早くもっと開いて。
関連記事

| 未分類 | 18:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

拍手、拍手

何故だかわからないが、 素敵な、楽しい、いい文。
拍手のクリックだけでは申し訳ないので、コメントをば。

| sirouto | 2013/03/21 23:32 | URL |

Re: 拍手、拍手

siroutoさん

> 何故だかわからないが、 素敵な、楽しい、いい文。
> 拍手のクリックだけでは申し訳ないので、コメントをば。
きゃーん、最高のお褒めの言葉、恐悦至極にございます♡
仕事サボりつつ書いた甲斐がありました。^^/

| なおネィ | 2013/03/21 23:42 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3890-fde524b2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>