FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

500円牛しゃぶランチ検証【救出エントリ】

会社で運営していたブログを整理するにあたり
消えてしまう運命にあるエントリを執筆者特権で横取り。

新橋ランチどころコンテンツとして
激安しゃぶしゃぶってやつをいただいてきました。


普段でもたったの1,000円でいただけてしまう
しゃぶ楽亭の牛しゃぶランチが、今週一杯半額に!
しかもディナータイムに至っては、飲み食べ放題が2,100円で楽しめちゃう。
なんだったらカラオケまでつけて120分4,200円!
持ってけドロボー状態の10周年記念。

行かない手はありません。

13022804.jpg

お肉はもちろん冷凍もの。
やたらと出る灰汁が気にならないわけではありませんが、
なにせ500円ですから。

根元部分が圧倒的に多い白菜、お豆腐2切れ、申し訳程度のエノキとシメジ。
でも500円ですから。

ご飯だけはやたらに大盛り。
取り放題の高菜漬けと昆布と小梅でモリモリいただけます。

わかめとお麩が浮いたみそ汁は冷めているというよりも冷たい…。
これだけは、500円でも許せません。
クレームしたいところをぐっと我慢して、
ほとんど手を付けないことで暗に主張しときました。



リピーターなら、半額によってお肉の質がどうかわったかが
わかったのかもしれませんが、幸か不幸かワタシは初見参。
まぁそれなりに量もあって満足…。
なんて安上がりなオンナなんでしょ、とほ…。

回転をよくするためでしょう。
通常やってるセットドリンクも割愛し、全席禁煙の徹底ぶり。
ここまで潔いと文句も出ないってヤツです。
すべては、500円ですから…で許せてしまいます。


安かろう悪かろうなニュアンスであっても、
どこかに適度なサティスファクションを与えることも、
ある意味、セールスプロモーションの立派なギミックのひとつ。
「悪かろう」直前の寸止めがポイントです。

オンザエッジを突くシャラポワのレシーブのごとく、
消費者の持つ価値観の限界ギリギリを突いて、
刹那的な満足感を与える…。

そんな戦略に嬉々としてハマったランチタイムだったのでした。
関連記事

| そとめし | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3874-23b86aed

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>