なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

北海道食レポ

札幌よりも寒くさえ感じる雨の朝、
ニセコで買って送った野菜が朝届いた。
1210081.jpg

ニセコではなんとか抱えた20キロのジャガイモの袋を、
今朝は部屋へあげるのに四苦八苦。

北海道では力がみなぎってたのかなぁ…。


そんなわけで、今日は今回の北海道の旅で訪れた
おいしいお店のレポ。




まず、新千歳空港に着いた足で向かった小樽で
ステキなイタリアンランチをいただいたこちら。
1210082.jpg

観光客で賑わうエリアから、長い坂道を上った途中に
ひっそりと佇むお店。

ほの甘くてやさしい味わいのとうきびのスープ。
1210083.jpg

3色のビーツやタコのマリネなど、ちょっと感動的なアンティパスト。
1210085.jpg

結構なボリュームで供されたキノコのペンネ。
1210086.jpg

そして初日のエントリにアップしたドルチェまで、
おいしくてついつい完食してしまった。
小樽がお寿司だけじゃないことを教えてくれたステキなお店だった。



この日の夜の同級生との飲み会は、創海亭にて。
北海の幸がなにしろお安くてびっくり。
ほとんど写真が残っていないのがおいしさの証。

二次会は狸小路のBar。
狸小路にバー…?
かつての地味な商店街のイメージしかないワタシは
店に着いて驚いた。

コジャレているのだ。

Bar Saporitoというこのお店含む数店が
奥へと続く不思議な空間。

聞けば近年、狸小路8丁目あたりはレトロモダン風な店が並び
今ふうな雰囲気を醸しているらしい。

狸小路でこんな雰囲気を楽しめるなんて。
1210084.jpg
時代は確実に変わってる。


翌日はニセコへ。
行き当たりばったりで出発後、GoogleMapを眺めながら決めた行き先は
高橋牧場
Goobleには、ニセコヌプリホルスタインミルク工房とある。

広大な牧草地に、ミルクを使ったソフトクリームや
バームクーヘンの工房、アウトドアショップ、雑貨店、
農産品売店、レストランを内包している。

たまたまお昼過ぎだったこともあって、
ここのPRATIVOというレストランを覗いてみたら
契約農家さんの野菜を使ったバイキングがいただけるようで、
取り憑かれたように入店。
1210087.jpg

色とりどりのお料理は一回では取りきれないラインアップ。
この旅の期間中もっともテンションが上がった瞬間かもしれない。
右側はメインに選んだチキンのトマト煮込み。
1210088.jpg

全面ガラスの窓の先にある羊蹄山がどの席からも眺望できるよう、
客席はまるで劇場のように雛壇式になっている。
1210089a.jpg
この席に1時間以上は近くいたんじゃないか。
離れ難い居心地、そして景観。

バイキングでプリンやミルクケーキはいただいたけど、
どんなにお腹がはち切れそうでもアイスクリームは外せない。
1210089.jpg

この日の夕食はZIMAとサンドイッチだけ。
つまり夜になってもお腹が減らないくらいここで食べたってこと。


旅の3日目は夕張へ。
去年同様、一歩北海道へ足を踏み入れたら
すべての行程をゆだねてしまっているDocroさん
今回もお任せ。ごめんなさい。

ー夕張でカレーそばたべますか。
実はそれ、以前Facebookでワタシがシェアした珠玉のカレーそばだった。
さすがDocroさん。
もしもプロのガイドに職替えするのなら、
なんの箔も付かないけれどワタシが太鼓判を押してあげたい。


カレーそばがいただけるのは、夕張駅のすぐ脇にあるバリー屋台
12100811.jpg
昔、家族でスキーをしに行って、
弟がコケて板を折ったマウントレイスイリゾートのまさに入り口にある。


なんで、バリー屋台なんだろ?
ー「ゆうばり」だからじゃないですか?

あーそーゆーことか。
やはり流石だ、Docroさん。

店舗情報には5時からと書いてあったアルコールが
早々飲めることがわかったので、ワタシはサッポロクラシック生。
運転があるDocroさんがノンアルコールビールだったのがとても残念かつ
恐縮だったんだけれど。もうしわけない。

で、カレーそば。
12100812.jpg

表面張力でギリギリ踏ん張っているカレーをこぼさないよう
店員さんがテーブルにおいてくれる。

手打ちふうなお蕎麦は、濃度のあるカレーをまとっても
途中で切れることがない。
箸でグッと引き上げてふうふうと息をつきかけながら
カレーを飛ばさないように慎重にすする。

具はタマネギと豚肉のみ
徐々にカレーの辛さが口中に余韻を残し始めて
食べ終わるころにはじんわりと汗をかく。
やめられないとまらない味、うまし。

カレーそばを紹介している記事には、
汁を残してご飯を入れるのが流儀だと書いてあったけれど、
相当な空腹時でもない限り難しいかも。

食べ終えて懸念したカレーの飛散なし。
かつての炭坑マンは、カレーを飛ばさずに食せたんだろか…。
石炭で汚れた作業服ならカレーのシミなどわかりゃしないだろうけど。


札幌に戻って、今一番ホットなデパ地下、札幌駅の大丸で
いくらとカニとウニとイカが乗った海鮮丼を購入。

おみやげなどを探し求めて歩き回ったので、
ホテルに帰り着いて食べ始めたのは9時過ぎだった。
4時にいただいたカレーそばの余韻もあり、
ワインを軽く飲んでおしまいに。



そして最終日。
ホテルの最上階のレストランでバイキングの朝食。
12100813.jpg

お昼を我慢して新千歳空港へ早めに行って、
空港内のラーメン道場雪あかりで今回初の札幌ラーメン。
12100814.jpg

ここで最後のサッポロクラシックを煽る。

お土産やさんが立ち並ぶエリアを歩きながら
再びはち切れそうな満腹状態にあるにもかかわらず、
ソフトクリームに手が伸びる。
12100815.jpg
きのとやのソフトクリーム。
カップで320円だけど、この巻きはすごい。

そんなわけで、
やさしいコーンスープで始まって
豪勢な巻きのソフトクリームで締めくくった
ゲリラ北海道の旅。

ひとりでいると、実はあまり飲まないことが
同時によくお分かりいただけたかしらん。

もう一泊あれば、ぶらりと行ってみたいBarもあったけれど、
また次回にとっておこ。



ごちそうさま、北海道。









関連記事

| | 23:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヤバいな~、オシリがムズムズしてきました。行きたい!北海道(/´△`\)
最近、東京はどこもかしこも北海道物産展続きですよね。でも、その土地で食べた方が美味しさ数倍なんですよね!空気かなあ


| かお | 2012/10/08 20:59 | URL |

Re: タイトルなし

かおちゃん

> ヤバいな~、オシリがムズムズしてきました。行きたい!北海道(/´△`\)
> 最近、東京はどこもかしこも北海道物産展続きですよね。でも、その土地で食べた方が美味しさ数倍なんですよね!空気かなあ
> 。
空気だねぇ。
なんかこー、空気感が違うんだよね。
ヒトの気配も違う(笑)
バイクを見かけると、ワタシもムズムズだった。
道南も悪くないよ

| なおネィ | 2012/10/08 22:37 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3764-1474062b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。