なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

秋の帰省はAir Asia便

このところメディアで取り上げられることの多い格安航空会社。
ローコストキャリア、略してLCCと総称される会社の中でも、
特に外資系航空会社の値引き合戦のお陰で仰天価格が続々と。

外資系のサービスの大雑把さは過去に何度も味わっているけれど、
恐いもの見たさの虫が騒いでしまって、
今度の帰省のチケットを予約してみた。

安さがすなわち安全性に跳ね返る感覚はもちろんあるし、
使用機の快適性やらサービスやらといった
慣れ親しんだ心地よさとの落差はいかに…。



親不孝なバイク帰省は今年も見送り…。


すでに就航したJetstarは、就航記念セール中。

福岡まで2000円台という情報にさっそくチェックしたけれど、
6時10分発限定。
船橋からとはいえ、そのタイミングに成田に行くには
前泊必至、諦めた。

評判をググってみると、国内エアーのもてなしに慣れた人たちの
ブーイングの嵐。
特にコールセンターに対するクレームはヒドい。
国内の電話代行サービス会社を使っているらしいから、
Jetstar的にはちょっと気の毒。


そんなこんなで、結局選んだのはAirAsia
就航前なのにチャレンジャーだね、アタシも。
DSC_1000.jpg



それにしてもLCC。
途中まででやめたJetstarも、予約したAirAsiaも、
ネット予約がやたらとめんどくさく、かつわかりにくい。

しかも、残席数によって価格を調整しているので、
空席が少なくなってくると値段が上がる。
逆に、空席が多い便は出発日が近づくにつれ
どんどん価格が下がるというしくみ。
朝イチでチェックした価格で午後予約しようと思ったら
値段が変わっていたなんてことは当たり前。
にわか投資家の気分が味わえる…かもしれない。

で、問題のネット予約。
日にちと便を選ぶところまでは国内エアーと同じなんだけれど、
ここで表示されている代金の他に、
重量によって選ぶ受託手荷物料金やら事前座席指定料、
するっとチェックインできるらしいチェックイン手数料など、
段階を追って次々とオプションを追加していく必要がある。

宣伝でうたわれている運賃はあくまで“基本代金”なのだ。

枕やブランケット、アイマスクのセットや
食事などのチョイスもできるけど、国内便では不要と判断。



ちなみにAriAsiaのコールセンターは、
就航前にしては繋がりにくすぎの感は否めないけれど、
応対は至ってスマート。
むしろ気が利いてさえいて、
生まれは日本だけどずっとアチラ暮らし的な人独特の気さくさアリ。

ただ、Jetstarと違ってこちらはセンターが海外なのか、
あるいは一般とは違う回線を使っているのか、
会話にディレイが生じてちょっと気持ち悪い。



初のLCCトライのインプレは9月半ばごろアップ。
今回の帰省は、ご無沙汰の阿蘇行きも軽く予定。
台風、来ませんよーに。







関連記事

| つぶやき | 14:32 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3704-8211958d

TRACKBACK

まとめtyaiました【秋の帰省はAir Asia便】

このところメディアで取り上げられることの多い格安航空会社。ローコストキャリア、略してLCCと総称される会社の中でも、特に外資系航空会社の値引き合戦のお陰で仰天価格が続々と。...

| まとめwoネタ速neo | 2012/07/06 17:16 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>