FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ノーベル賞受賞のはなし

今年は立て続けにノーベル賞を日本人が受賞した。受賞内容があまりに高等すぎて、本当のすごさなんてまるでわからないんだけど、でもすごい。
「ニュートリノ」とか「コバルト」とか、普通に生活してたらまず認識するはずのない物質について長く研究を続けたことによる成果。根気と好奇心と自信がなければ成し遂げられないことだ。
一昨日受賞が伝えられた田中さんは、奥さんいわく猪突猛進型。のめり込んだときの集中力はきっと並外れたものなのだろう。いかにも研究者向きだ。43歳で『主任』という肩書きがちょっと気になったけれど、これも研究を続けたいがゆえに再三にわたり昇進試験のオファーを断り続けたからだとか。生後1ヶ月で他界してしまったお母さんのことを思い、自分の研究で人の命を救いたいという一念でここまで来たというエピソードを知ると、どれほどその意志が強かったかがうかがい知れる。はやり世界に認められる人は、研究結果はもちろんのこと、その人となりも非凡なのだ。

それにしても島津製作所にとってもこの田中さんは至宝だ。図らずも薩摩藩の家紋をまんま使ったロゴマークとともに、一躍世界にその名を轟かせるに至ったのだ。びた一文使わない宣伝広告。きっと田中さんの給与はどんとアップするんだろうな。
そんな田中さんと奥さんの出会いはお見合いだったとか。しかもたった7年前だ。奥さんの恐るべし先見の明。もちろんダンナがノーベル賞受賞者になるなんてことは予想だにしなかったとは思うけれど、ナイスチョイスには違いあるまい。プライベートでも実に誠実なひとらしいし。
まぁそんなことはどうでもいいんだけど、ニュースを見ても、新聞を読んでも、暗いネタ一色だっただけに、なんとも嬉しいニュースである。
関連記事

| 未分類 | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/362-7a6971d9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>