なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

北海道ツーリング番外篇 ホテル 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

宿を決めずに旅をする…。

バイク旅はそんなスタイルが一番しっくりきそうだけど、
なにせ時は8月お盆時期。
予約なしではさすがに不安。

おんぶに抱っこを決め込んでいたワタシだったけれど
ぶらっくさんとDocroさんが描いた青図にしたがって
札幌、釧路、網走のホテルを楽天トラベルで物色してみる。

全部ビジホにする?
一泊くらい贅沢してみる?なんてやり取りを重ねて
札幌、釧路はビジホ、網走は網走湖畔の観光ホテルをピックアップ。

一番気になる駐車場に関してぶらっくさんが電話取材してくれて
安心出来そうなところの中から割安な宿を選んでネット予約した。


まずは札幌。
同級生とかなり遅くまで飲むことが予想されたワタシが
昔の記憶を辿りながらすすきのの中心部でわかりやすい場所をと選んだのが
狸の湯ドーミーイン札幌ANNEX
狸と聞いてまさかと思ったけど、驚くなかれ狸小路にある。
昔ながらの商店が並んでいて、決してあか抜けた雰囲気などない
あの商店街にホテルが建つなんてびっくり。

狸小路を挟んだ向かい側にある本館ともども
お湯が売りのようなんだけど、
なにせ部屋に戻ってきたのが23時半を過ぎていたので
部屋のシャワーで済ませてしまって温泉は体験できず。

食事なしの素泊まりで5,300円はすばらしいけれど、
部屋は妙な造りだった。
まず部屋に入ると、ミニ冷蔵庫と一体化した小さな流しがあって、
比較的大きなセミダブルほどのベッドの横にはトイレ、
そのトイレの向かい側にびっくりするほど狭いシャワー室がある。

狭いがゆえにバスタブもなく、
どういう使い方をするのがデフォルトなのか面食らった。

タオル類は豊富にあったし、手洗いした衣類を干しておくバーも
壁に渡してあったのでその点は不自由なく。
枕もフェリーのやたらと大きくってふかふかしすぎのものよりも
うんと寝心地よかった。

肝心の駐車場はというと、
併設されたタワー式パーキングに停められないので、
本館向かいの大石パーキングというところをホテルが予約してくれた。
でもここもタワー。
なので、1階入り口のタワーの乗り降り口の脇があてがわれた。
夜はシャッターを閉めるから大丈夫よという、
気さくな管理人老夫婦の言葉に安心して、
ぶらっくさんが持ってきてくれたチェーンロックはかけなかった。

これで料金1,000円。
朝8時の営業開始まで出せないということだったので、
必然的に出発は8時過ぎになった。

H_sapporo
パーキングから出てきたところ。
顔がニヤついて仕方がない頃。




次は釧路。

駅周辺にはかなりの数のビジホがあって。
その中から朝食付きで5,200円という値段にも惹かれて
釧路ロイヤルインに決めた。
ここは予約直前にワタシも電話してみたけれど
電話応対がすばらしかた。
バイク駐輪場はないけれど、雨に濡れないところに
無料で停められるとのこと。

実際現地入りしてホテル前に乗り付けて、
ぶらっくさんがフロントへ聞きにいってくれたのだけど、
若いフロントレディーがぴょんぴょんと跳ねるようにやってきて
駐車スペースまで小走りに案内してくれた。
裏の駐車場から表に抜けるホテル1階部分の通路だった。

グローブ探しに余念がない翌朝のワタシ。
H_kushiro



4日目はDocro邸に泊めていただいたので、
ホテル泊は網走で最後。

ここも駅周辺を探してみたんだけどピンと来なくて。
一泊くらい贅沢する余裕などないんだけれど、
せめて網走湖のほうへでも?と思って予約したのが
ホテル網走湖荘

ツインルーム7,500円なりの部屋が空いていて、
シングルユースでも割増しなしとのことだった。
湖側の設定がないので電話で確認したらば、
湖側は5名用ファミリールームのみで、
シングルで泊まれるのは通り側のみとのこと。

どうせ寝るだけだからと、その時は気にしなかったけど、
翌朝は雨も上がって薄日が射していて
網走湖畔に泊まっておきながら
まったく湖を観てないってどうなのよと、
出発前にちょろっと湖側へ行ってみたりした。

ここも別段駐車料金を取られたはずでもないんだけど、
予約時の宿泊費は確か7,500円ほどたったはずが
請求額は9,050円。なんで?

ここでも温泉には入らずバスタブでのんびり。

バイクは建物の一角にあるシャッター付きのガレージスペースへ。
周囲の棚には工具やらガラクタにしか見えない雑多なものが置かれていて
私たちの他にもバイクが2台停まっていた。

合羽は軽く畳んでネットの下にいれておくのが正解ですかね。
なんていいながら、Docroさんをまたまたお待たせしての出発準備。
H_abashiri


宿泊費と、「打ち合わせ」に便利な立地と、そしてなにより駐車場と。
そんなことを念頭においての宿選びだった。




関連記事

| 2011北海道ツーリング | 19:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:北海道ツーリング番外篇 ホテル(08/23)

 あー、キャンツーやるまでの2年間は、安宿に泊まって遠征ツーしてたのですが、ソロじゃない、ましてや女子だと結構気を遣うモンなんですねぇ。

 素泊まり3000円以下、雨が当たらない場所が貰えれば良し♪カブだとそれで良いんですがねぇ (^^;

| かぶじろう | 2011/08/23 20:45 | URL | >> EDIT

Re[1]:北海道ツーリング番外篇 ホテル(08/23)

かぶじろうさん

> 素泊まり3000円以下、雨が当たらない場所が貰えれば良し♪カブだとそれで良いんですがねぇ (^^;
-----
んー。
ワタシは眠りに関してだけは神経質なのか
旅先ではなかなか熟睡できないんですよねぇ。
だから相部屋とか雑魚寝ってどうも苦手で。
ソロテントのほうがまだましです。

洗濯もしたかったしまぁいろいろあってのチョイスでしたぁ。

| なおネィ | 2011/08/23 23:22 | URL | >> EDIT

感謝

北海道レポ 感謝。 幸せな楽しそうな人を見るとこちらも
楽しくなります。ありがとう。

東北海道は何十年前の新婚旅行(釧路ー網走ー旭川ー札幌)で行った処です。昔の思い出を思い返していました。
西北海道は仕事で十数回、仕事では意外と東には行かない
のですね。 

| sirouto | 2011/08/24 14:47 | URL | >> EDIT

Re:感謝(08/23)

siroutoさん
>北海道レポ 感謝。 幸せな楽しそうな人を見るとこちらも
>楽しくなります。ありがとう。
とんでもありません。
こちらこそ、そんなふうに読んでいただいてうれしくなります。

>東北海道は何十年前の新婚旅行(釧路ー網走ー旭川ー札幌)で行った処です。昔の思い出を思い返していました。
そうでしたかぁ。
一生に一度しか行けないところへ行くのもいいけど、
昔訪れたときのことを思い出す旅もいいものですよね。

>西北海道は仕事で十数回、仕事では意外と東には行かない
>のですねね。
東側は大自然の宝庫ですからね。
ビジネスがらみでいく機会は少ないのでしょうねぇ。
また奥様と行かれることがあったらステキですね。


| なおネィ | 2011/08/24 14:53 | URL | >> EDIT

厩も大事。

旅のスタイルや考え方が表れるのが宿選びですけど、
バイクだと停め場所の対応が本当に様々ですね。
屋根付き戸締り付きばかりで理想的だなぁ。

そこまではなくても、ロビーの中にベニヤ板を敷いて、
ここへどうぞってところがあったり、雨の日に民宿の軒先に停めたら
宿のお父さんがいつのまにか上にシートを張ってくれたりとかね。
部屋や料金より、そういうことが印象に残るのもバイク旅ならではです。

| YASH | 2011/08/25 22:16 | URL | >> EDIT

Re:厩も大事。(08/23)

YASHさん

>屋根付き戸締り付きばかりで理想的だなぁ。
ぶらっくさんもワタシもそこがポイントで。
ぶらっくさんが事前に電話で確認してくれたんですよ。
釧路は戸締まりなかったんだけど、
持ってきてくれた2本のチェーンロックを使いました。

>そこまではなくても、ロビーの中にベニヤ板を敷いて、
>ここへどうぞってところがあったり、雨の日に民宿の軒先に停めたら
>宿のお父さんがいつのまにか上にシートを張ってくれたりとかね。
それはグっときちゃうなぁ。
お土産おいていきたくなっちゃう。

>部屋や料金より、そういうことが印象に残るのもバイク旅ならではです。
想いを汲んでもらえるとと嬉しくなりますよねぇ。
でも、なんにしても北海道の方々はやさしいです。^^b

| なおネィ | 2011/08/28 05:26 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3432-b3054d77

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>