なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

復興の薪 「★つ・ぶ・や・き★(1280096)」

大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町吉里吉里地区。

ここで津波流失家屋の廃材を集めて、
燃料用の薪づくりをしていたボランティアの方が
積み上がっていく薪をみて、ふとこう言ったらしい。

「これ売れるんとちゃうかな」


ボランティアの方は大阪のNPOの方。
ひょっとしたら阪神淡路大震災を経験した方だったのかもしれない。


このひとことが現実となって、絶望の象徴だったガレキが
あたたかな火を灯す復興の薪となって販売されている。

そんなニュースを、今朝テレビで観た。


不自由な暮らしの中にあって、
ヒラメキをカタチにしてしまうパワーに心打たれた。


薪といえばキャンプ!
全国のキャンプ場から引き合いがあれば
それだけでも結構な売り上げになるはず。

ピザ用の竃があるイタリアンなどでも需要はあるはず。


今年の焚き火を、“復興の薪”で楽しめる巡り合わせに
期待したいな。


元気な吉里吉里国の復興にエールを。

関連記事

| オススメ | 14:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いっそのこと。

薪で火力発電はできんのかと素人は思ってしまいますが。
燃焼効率とか排出される煙の問題もあるんでしょうけど、
うまくいかなかったとしても、熱さえ冷ますことのできない原発よりは
はるかにマシな気がします。

| YASH | 2011/06/07 22:20 | URL | >> EDIT

焚き火

流石
大阪商人?
視点が違いますね

国益を損ねるような事ばかりしてる
政治屋ばかりの国を見限って
プリンセス・トヨトミよろしく
大阪国独立しちゃえばいいのにね

復興の薪で熾した焚き火は
いつもの焚き火より暖かそうだね

| み~しゃ | 2011/06/07 22:24 | URL | >> EDIT

Re:復興の薪(06/07)

震災当事者ない人が
これを言い出して
利益目的のためにやり始めたのであれば
非難轟々なんでしょうけど
地元の人が喜んでいただくのであれば
これはある意味復興のお手伝いの一環となるのでしょう。
瓦礫は悲しみがたくさん詰まっているもの。
それを有効に使うことは亡くなった方への
供養でもありまた荼毘への旅立ちとなるのかも。

| ryouma4940 | 2011/06/07 23:01 | URL | >> EDIT

Re:いっそのこと。(06/07)

YASHさん
>薪で火力発電はできんのかと素人は思ってしまいますが。
うふっ、ホントにね。
ワタシはがれきは埋め立てに使っちゃえばいいのになんて、
これも素人の浅知恵で思ってましたが(笑)

>熱さえ冷ますことのできない原発よりは
>はるかにマシな気がします。
効率を考えたら原子力だったんでしょうか。
原爆被害国なのに、原発を作ったことが
そもそも間違ってたような気もしますねぇ。。。

| なおネィ | 2011/06/08 17:08 | URL | >> EDIT

Re:焚き火(06/07)

み~しゃさん
>流石
>大阪商人?
>視点が違いますね
そうなんですよねぇ。
ふとした発想が事業になるんだから、
こういうときだけにすばらしいと思います。

>復興の薪で熾した焚き火は
>いつもの焚き火より暖かそうだね
知らないうちに使っちゃうのかもしれないけど、
今年のキャンプは大事に薪使おうって気になってます。^^v

| なおネィ | 2011/06/08 17:11 | URL | >> EDIT

Re[1]:復興の薪(06/07)

ryouma4940さん

>瓦礫は悲しみがたくさん詰まっているもの。
>それを有効に使うことは亡くなった方への
>供養でもありまた荼毘への旅立ちとなるのかも。
想いがたくさん詰まった家々のがれきですからね。
こんなふうに形を変えて役割を終えることができれば、
被災者の方々の気持ちも少し救われる気がしますね。

| なおネィ | 2011/06/08 17:13 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3385-73e4a7cc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>