FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

松原湖高原キャンプ本編Part1 「☆バイクでキャンプツーリング☆(25)」

08年の帰省ツー企画の段階で、
関西エリアの高速分岐に不安をつぶやいたワタシの記事をみて
わざわざ車でルートを走って撮った分岐標識画像をアップしていただいて以来、
いつかはお会いしたいと思っていたチョイ不良Zさん。

キャンプ行きませんかーとのお誘いをいただいて
K100乗りのうっちーさんを誘って
月またぎの先週末、松原湖高原キャンプ場まで行って来た。



周囲に声をかけたら、最近刀を買って走りたくて走りたくてたまらないのに
仕事が忙しくて走れないガンマ乗りで船にも乗る(ややこい)
あちゃさんがお見送り参戦。
katana


東名の渋滞を避けて早出したので、
チョイさんとの待ち合わせは9~10時にはまだまだ間がある
8時過ぎに富士川SAの富士川楽座着。
富士川SA

2回やり直した荷積みは一旦落ち着いていたのに
走り始めると前へとずれてくる。
まだまだ改善の余地たっぷり。気に入らない。

さて、富士川楽座の売店で売られているお寿司は
どこぞの大会でグランプリを取ったという逸品。
マグロ漬け、生しらす軍艦巻き、わさび稲荷などを
あちゃさんにゴチになってゴキゲンな朝ご飯。

うたた寝などしながら迎えた10時半過ぎ、チョイさんと風さん
そしてこちらもお見送りに3名のライダーさんがご到着。
みなさんロングツアラーの香りぷんぷん。
さっそく愛車拝見などして記念撮影。
富士川all

途中の分岐で更なる旅を続けられるというおふたりとお別れして
身延道を走って向かったのは富士川ふるさと工芸館
去年トミンでお会いし以来の懐かしいてつさんと、
C-Hさんdaisukeさん、ななこ♪さんが日帰り参加で合流。
てつさんと合流

しかしこのあたりは暑かった。
正午近くの猛烈な日差し。
しかし山々はどんよりと霞んでいて
朝から富士山はまったく見えず。
富士川工芸館

ここでチョイさんご推薦のランチスポット案をメンバーで検討。
なにしろ強烈な日差しが容赦なく照りつける炎天下。
早くテント張ってビールがええんちゃうのん!と、
そんな一致をみたので、土鍋グツグツの石焼き燻タンラーメンは却下。
午後からお仕事があるという横浜のKizさんとお別れして
清里までひた走り第二候補のブルーパブレストランロックへなだれ込んだ。

豊かな緑に囲まれたいかにも清里な雰囲気に
うっちーもテンションがあがる。
ロックのうっちー

しかしパブレストランと銘打つだけあって入るといきなり
入り口の陳列ケースには垂涎のオリジナル瓶ビール、
そしてこともあろうに腸詰家のハムやウインナーがズラリ…。

なんという罪作り。
猛暑にもかかわらずあのビールが飲めないのはきつかった。

後ろ髪を引かれながらオーダーしたのはROCKカレー。
チョイさん、風さんの大盛りとワタシの普通盛りの比較の図。
ロックのカレー比較

パキパキいうほど新鮮なキュウリやトマトと
コクのあるヨーロッパ風カレーはボリューム満点。

お腹がいっぱいになった8名。
すでに時刻は3時過ぎ。
巻きでいかねばと中央縦貫経由で中央道に乗り、
長坂ICのETCゲートをくぐってWOOにハプニング。
ETCトラブル

白根ICの入り口でバーが上がらなかったような気がしたので
注意していたら案の定長坂出口でもバーが上がらない。

出て来た係員の方の指示に従って
あんなに苦労して積んだ荷物をおろして
シート下からカードを取り出す。

間隔をあけて入っていただけば大丈夫なんですけどねと係の方。
見てもいないのに憶測だけでいわれて軽くカチン。
十分にあけていたからこそ上がらないことに気付いたわけで、
過去数回上がらなかったときも含めいつも車間は十分あけている。
アンテナをヘッドライト下に移植したことが原因であることは
察しがついているのだけれど…。
今回だけは7名もの方々にご迷惑をおかけして恐縮。

ぺこりとみなさんにアタマを下げて向かったのは
日本一標高が高い駅、小海線野辺山駅。
野辺山駅

たまたまやって来たローカルな風情たっぷりな小海線。
小海線

ここでお約束の「幸せの鐘」を、ななこ♪さんを習って高らかに鳴らし、
幸せの鐘
daisukeさんとお別れ後、買い出しを終えて7名でキャンプ場へ。
設営完了

キャンプ場で受付の間にわか雨。
この程度で済むとはあっぱれ。


ほんの少しだけ低い気温の中、
お楽しみキャンプの始まり始まり。

Part2へ続く。
関連記事

| 未分類 | 14:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大勢でしたね~

楽しそうでいいです!
自分はソロで,熊が来ないかドキドキでした。大雨でしたし…。キャンプは複数が楽しさ倍増ですね♪

ところで,ETCは感知されないことが余程あるのでしょうか。ライト下と言ったって,電波なんだからちょっとよけて感知してよってな気がしますが…。これは災難でしたが,転倒などなくて何よりです!

では,この先の宴に期待して。

| Docro | 2010/08/03 16:04 | URL | >> EDIT

Re:大勢でしたね~(08/03)

Docroさん
>楽しそうでいいです!
>自分はソロで,熊が来ないかドキドキでした。大雨でしたし…。キャンプは複数が楽しさ倍増ですね♪
うちは鹿がいたようですよ。
ワタシはワインディングで置いて行かれてみられなかったけど(泣)

>ところで,ETCは感知されないことが余程あるのでしょうか。ライト下と言ったって,電波なんだからちょっとよけて感知してよってな気がしますが…。
あれはヘッドライトのガラスが実は電波を邪魔するとかしないとか(笑)
諸説あるのですよ。
実際ワタシと同じところに移設したダブロクが
ぜんぜんダメだったという話も聞いてます。
ワタシはエラーになる確率がかなり低いのでそのままに
してるんですけどねぇ。
大人数のときにエラーになるとさすがに挫けますね。

これは災難でしたが,転倒などなくて何よりです!
転倒しそうなところは今回はパスしたので平気でしたよ(爆!)
取り回しが危ういところは同行者に甘えてますし。
頑張りすぎないのがよいと思います…、若くないしね。
…って自分で言っちゃった。

>では,この先の宴に期待して。
きっと関西方面の方々が新橋においでになるだろうと
思ってますー。
楽しみです。

| なおネィ | 2010/08/03 17:01 | URL | >> EDIT

なるほど~

ガラスがね~。透明なだけに意外です。
バーが開かなかったら自分だったら焦って転んじゃいそうですが,真ん中を通ればいいのですものね。現に,転倒した方の記事を読んだことがあったので…。
「この先の宴」とは,キャンプの夜のことでございました。先じゃなくて後ですね。Part2を楽しみにしております♪
色々と,言葉足らずで申し訳ありませ~ん。

| Docro | 2010/08/03 18:30 | URL | >> EDIT

Re:なるほど~(08/03)

Docroさん

>「この先の宴」とは,キャンプの夜のことでございました。先じゃなくて後ですね。Part2を楽しみにしております♪
>色々と,言葉足らずで申し訳ありませ~ん。
そうでしたかーっ。
こちらこそ早とちりでごめんなさい(笑)

ETCはバイクがすり抜けるには十分な幅が開いてるので、
万が一開かなくてもだいじょぶです(熟練?)。^^b

| なおネィ | 2010/08/03 18:56 | URL | >> EDIT

Re[1]:大勢でしたね~(08/03)

>あれはヘッドライトのガラスが実は電波を邪魔するとかしないとか(笑)
>諸説あるのですよ。

ねーさん、ガラスは大丈夫。(熱線反射ガラスとかは別ですが)
私が前言ったのは、リフレクター。
ヘッドライトの中の銀の反射板です。
リフレクターそのものは樹脂ですが、表面にクロムやアルミのメッキがしてあるので、電波に対する反応は金属板と代わりません。
金属板はETCの5.8GHz程度の電波は全反射してしまうので、リフレクターの影になってると、その方向から来た電波は全く受信できません。
今の位置でそれでもある程度作動してるのは、フェンダーに反射したり、後ろのエンジンに反射したりして、回り込んできた電波によって反応してるだけだと思った方が良いです。
日本のETCの感度は、適切な場所にETC端末を設置してあれば、あのゲートを高速道路の上限速度で通過しても大丈夫なように作られてるそうなので、リフレクタの影にあっても、わずかな周り込みの電波でも受信できているんだと思います。
ということで、ちょっと場所考えた方でええでぇ。

| うっちー@RFIDエンジニア | 2010/08/03 23:49 | URL | >> EDIT

Re[2]:大勢でしたね~(08/03)

うっちー@RFIDエンジニアさん

>金属板はETCの5.8GHz程度の電波は全反射してしまうので、リフレクターの影になってると、その方向から来た電波は全く受信できません。

ほななんでっか?
受信できているほうがまぐれくらいの状況やということなん?
まぁマスターがそこまでわかってたとは思えへんけども。

近々ベスポジをアドバイスしてほしー。
インジケーターが絶妙な位置に収まってるので、
アンテナはある意味ハンドル周りじゃなきゃどこでもいーの。

| なおネィ | 2010/08/04 11:24 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/3175-2a43899c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>