FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ニューヨークに浸透した日本語

今朝、J-WAVEを聞いていたら、NYの最新情報をフィーチャーしているプログラムが流れてきた。
その中で、ニューヨーカーの間で定着している日本語…和製英語の逆ってことは洋風日本語とでもいえばわかりやすいのかな。そのベスト10を発表していたんだけど、これが結構面白かった。
和製英語をそのまま英語圏で発音しても、相手に理解してもらえないのと同じように、この洋風日本語もあっちの発音で一度聞いただけでは、何をいっているのかまったくわからないものが多い。
日本人が英語を発音するために必要な顔の筋肉が発達していないように、彼らもまた、日本語を発音するのが苦手なのがよくわかる。
「イーチロー」が定着しているのはもう周知のことなので、これは日本人にもおなじみ。「スーシィー」もわかる。作り方を教えてくれとよくいわれて困ると、ナビゲーターがいっていたけれど、ニューヨーにしてみれば、寿司が職人によるある意味芸術品で、そんじょそこらの凡人には握れないことなんかわかるはずもない。そのあたりの寿司の伝統と文化まできちんと説明してほしいもんだよね、ニューヨークの日本人には。
寿司のほか、食べ物の名称としては「ティーリヤキィー」も浸透しているらしい。照り焼きだね。
でも「イーダマミィー」と「ミーセスープ」は一瞬聞き取れなかった。枝豆と味噌スープ、そう味噌汁のこと。「サキィー」もあっちではオシャレなデートスポットには欠かせないらしい。日本酒のことだ。これらをネイティブに発音されたらちょっと困るね。日本人の好物なのに、君は知らないの?くらいの騒ぎになりそうだ。
さらにわからなかったのが「リーヨカン」。いよかんじゃない。旅館のことらしい。長野五輪で日本の宿泊施設が紹介されて以来、定着したらしい。
「イーチローの国にいってリーヨカンに泊まって、イーダマミィーとサキィーを楽しむ」のが彼らにとってはCOOLだったりするのかなぁ。
一番参ったのは「プーキモーン」。日本とアメリカでこんなに発音が違っちゃうとお手上げだ。
しかもTVで一度もみたことがないから、万が一ニューヨーカーに話題を持ち出されても、まったくトンチンカンなんだけど、あっちでそんなに知られてるとはね…。まいったよポケモン。
関連記事

| 未分類 | 22:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:ニューヨークに浸透した日本語(8/18)

J-WABE(わべ?)ぷっ!
それはさておき、その昔中央線で『ドコベンジョ?』ときいてる外人がいたが、国分寺に着くなり『オー!ドコベンジョ!』と言って降りていったと。

| **\(◎o◎)/!び | 2002/08/18 20:23 | URL | >> EDIT

Re:ニューヨークに浸透した日本語(8/18)

つまり…
つまみ枝豆も「つまみ飯田真美」になるつーことなんだね。

| aki | 2002/08/19 10:52 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/309-1047f662

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>